男女差が多い欧米と少ない日本

みなさまこんばんは。
梅雨に入りましたね。
今年はどんな梅雨になるんでしょうか。
心はカラっと行きたいですね。

今日の内容はタイトルの通りですので、要約は省略させていただきます。

今日のおまけは、前回のHey Judeの弾き語りに、ギターとサブボーカル2パターンをかぶせました。
---------------------------------
僕のこのブログのテーマの一つとして、男と女の違いについて結構書いてきました。
男と女が違うのだという論点がある一方、あまり違わないのだという見方もできるのではないかと思います。
最近特に思うのは、日本人は欧米人に比べて男女差が少ないということです。

体格とか性格とかやっていることが、日本人は欧米人ほど男女差がないことを、みなさまもある程度感じておられるでしょう。
僕が思うに、日本人は、山登り、料理、家庭菜園などの楽しみ方は男女ほとんど一緒です。

みなさまの興味深いブログを拝見していて、女性の方のブログで書かれている考え方は、男性と変わらないと思うことがしばしばです。
(ただ、敢えて言えば、女性の方は引用が多いのに比べ、男性は自分の考えをより重視したいという傾向が多少あるようには感じます。)

一方、欧米では男女差がとっても多いです。
まず体格差が大きいです。
男はとにかく筋力をつけ、女を守り、支配し、リーダーシップを取ることに執心します。

やはり、欧米は狩猟民族から来ており、日本は農耕民族から来ているのでしょうね。
欧米も日本も両方によさがあると思います。

ただ、日本の場合、男女平等が行き過ぎて、悪平等のような感じも出ていることが問題でしょう。
お互いに尊敬することを忘れない前提で、ある程度の役割分担を維持することも大事ではないでしょうか。

今日のおまけは、前回のHey Judeの弾き語りに音をかぶせました。

Hey Judeと言えばポールの名曲という印象がありますが、ジョンの存在を忘れてはいけないのです。
ポールが主体に作った曲においても、ジョンのサジェスチョンがあって初めて完成した曲がほとんどなのです。
そして、ジョンは、ポールのメロディラインの美しさをさらに幾段も発展させるために、編曲やハーモニーやバックコーラスの貢献をしました。

そこで今日は、前回の弾き語りに対して、ジョンの貢献の部分であるギターのパートとバックコーラスとハーモニーの部分をかぶせました。
実はHey Judeのバックコーラスの音の解明はまだ成し遂げていませんでしたので、今日ちょっとだけ頑張って解明しました。
でも時間がないので、まだ完璧には解明できていません。

そんな中、即席ではありますが録音しました。お楽しみください。

スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

こんばんは。
コメントをいただき、どうもありがとうございました。

拝読しまして、基本的には今回の記事にご同調いただいたという理解でよろしかったでしょうか?

貴重なご体験も含めてのご見識を是非参考にさせていただきます。

No title

はじめまして

男女平等の思想が欧米から来ているかのように印象付けられていますが、古来から日本のほうが男女平等であった気がします。

最近、すっかりマスコミ嫌いになり、テレビや新聞を見なくなったのですが、ネットだけでも偏るのだろうかとそんなことを思っています。

すてらさん

こちらこそ、はじめまして。
コメントをいただきどうもありがとうございます。

すてらさんのおっしゃることは僕も同感です。
今回の記事はどちらかと言うと、生物学的、行動学的な男女の差を欧米対日本で書いたのですが、
男女平等に関しては、僕も、昔の日本は役割分担はあってもそれは不平等ではなかったと思います。
最近のマスコミが扇動するような悪平等は僕も好きではありません。

今後ともよろしくお願いします。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード