震度とマグニチュードって結局何が違う?

みなさまこんばんは。
今朝の2時頃と7時頃の2回、大きな地震に見舞われました。
震災から数年以内は茨城は、直接的な余震がとても多かったでしたが、最近は割と落ち着いていました。
そこへ今日の2回の地震。
油断は禁物ですね。

今日の要約
・震度とマグニチュードの違いについて再度解説を試みた。
・パソコンのマニュアルのようなわかりにくい説明にならないよう、解説を試みた。
--------------------------------------
昨夜の録音はまあまあな手応えを覚えました。
これに対し、ドラムスとベースを加えることも考えています。

理系と文系の数字観の違いの記事は、少し間をおいてから書いてみます。
身近な話題で外堀を埋めてから書きたいと思っています。

さて今日は地震のことを書いてみます。

以前このブログで、津波と普通の波の違いの解説をしましたら、「すごくわかりやすかった」と好評をいただきました。
震度とマグニチュードの違いの解説も以前に書いたのですが、こちらはなぜかあまり好評ではなく、「結局、震度とマグニチュードって何が違うのかイマイチよくわからない」とおっしゃる方が結構いらっしゃいます。

テレビなどでは、「地震の規模を示すマグニチュードは・・・」というのみで、ほとんど説明はありませんね。

前回と基本は同じ解説方法にはなると思いますが、少しでもわかりやすくするために一所懸命頑張ってみます。

わからないものの代表例はパソコンのマニュアルですよね。
マニュアルを書いた人はパソコンのことをよくわかっているので、わかっている人の目線で書きます。
だからわからないのです。
わからない人の立場になり切る。
これってすごく難しいことですよ。

では始めましょう。
あなたは今、とても大きなプールの中で立っています。
100m四方くらいある大きなプールです。
波も立っておらず穏やかです。

すると突然、ある方向から押されている感じを受けたと同時に、3cmの高さの波が来ました。
この「3cm」が震度1です。
誰かがどこかでプールの水を揺らせているに違いありませんが、それが誰だか、どこなのかわかりません。でも、そんなことはわからなくても、自分のところの水が3cmの波が立ったので震度1です。

もしこの波が10cmの高さなら震度2、30cmなら震度3、1mなら震度4です。
とにかく、誰がどこで水を揺らせたりかきまわせたりしていようと、あなたの所で波が高く立つほど、あなたの危険が大きいですね。

では次に、震度1、すなわち波の高さが3cmあった場合に、誰がどこで水を揺らせていたか考えてみましょう。
今日の震度1の地震においてわかったことは、身長170cmのAさんという人が、あなたのいる所から10m先で水を揺らせていたことがわかりました。

そして、昨日の震度1の地震においてわかったことは、身長9mのBさんという人が、あなたのいる所から100m先で水を揺らせていたことがわかりました。

BさんはAさんの100倍もの体重があり、発するエネルギーも100倍なのですが、Aさんより10倍遠い所にいたので、あなたが感じる波の大きさ(すなわち震度)は一緒でした。
はい、このAさん、Bさんの体の大きさこそが地震のマグニチュードです。
地震のマグニチュードというのは、1上がるごとに32倍のエネルギーです。
ですから、もしAさんのマグニチュードを5とすれば、Bさんのマグニチュードは6.3とかでしょうね。

仮にBさんがあなたから10mの所に来て、同じように水を揺らせたら、あなたの所には震度5とか6の波が襲来するでしょうね。

以上です。
マグニチュードは、震源における地震の大きさを問題にするのに対し、震度というのは、その場所における揺れの程度を示すので、両者の間には因果関係はあるものの、同列なものとしては比較できないことがお解かりになったことでしょう。

さらに付け加えるとすれば、震源が近いか遠いで、同じマグニチュードでも震度が違ってくるのと同様に、震源の深さによっても影響を受けます。
つまり、三角関数を用いて、震源との直線距離を計算することで、より正しい距離の効果がわかります。
一昨年くらいに、小笠原海底で大きな地震が起きた際、震源がすごく深かったため、揺れが伝わった時間が小笠原と都心ではあまり変わらなかったというおもしろい話がありました。

さあ、いかがでしたでしょうか(^^)/?
スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

私、典型的な文系人間です。
「震度」と「マグニチュード」の違いが初めてわかりました。
たとえ話の使い方が絶妙であったと思います。
ありがとうございました。

世の中には、やたら難解な話をしたがる人がいますが、ST Rockerさんのわかりやすいご説明には、いつも目からうろこの思いです。

声なき声さん

おはようございます。
いつもありがとうございます。
わかりやすかったですか。それは光栄です。うれしいです。書いた甲斐がありました。

私が今回この記事を書きました理由は、マスコミその他が説明責任を果たしていないのと、私が訴えたいことである「世の中の中心に立つ人が理系的考えをもっと導入すべきだ」ということに関連して、量的に考えることとか桁で考えることの考察の一例として挙げたかったからです。

まだまだ暑さ厳しきゆえ、ご自愛ください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

こんばんは。
とってもご丁寧なコメントをありがとうございました!
はい、なので、ぜひ自然体で頑張ってくださいね。
記事の件もありがとうございます。
とてもうれしいし励みになります。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード