複数の課題には最小公倍数で応えよう!

みなさまこんばんは。
いつもありがとうございますm(__)m
いやー、今日はとんでもなく暑かったですね。
お変わりありませんでしょうか?

今日の要約
・指導する側が複数の課題を与えた場合、相手が成し遂げるのはせいぜい最大公約数だ。
・でも本当は、最小公倍数で応えることこそ王道だ。
・実は今の僕には互いに最小公倍数で応える同士のビジネスパートナーがいる。
-----------------------------
セミの季節真っ盛りですね。
僕は子供の頃からセミ大好き少年です。

普通の男の子と同じく昆虫大好き少年でして、中でもセミは昆虫の王様ですね。
飛ぶこと、大きな声で鳴くこと、その生態。
長い年月を地中で過ごし、最後の数週間を子孫繁栄のために過ごし、死ぬ。
素晴らしいではないですか。

ところが、最近知ったことなんですが、多くの女性はセミには興味なく、それどころか、ゴキブリと同類に捉えている方も少なくないですね。
実はセミは、食べるとおいしいそうなんです。
昆虫食は注目されていますけど、セミはその中でも期待の星です。
エビのような甲殻類と似た味と食感だそうです。唐揚げが絶品だとか。

セミの話はまた改めて書きますね。

さて、今日の話題は最小公倍数。しかも人間においての最小公倍数です。

あなたは誰かを指導したことの経験はいくらでもあることでしょう。
その相手は、仕事上の部下かもしれませんし、後輩かもしれませんし、スポーツや芸能の教え子かもしれませんし、お子さんかもしれませんし・・・。
そうした相手に対して、例えばこんなアドバイスをしたとします。

「8をやってごらん、12をやってごらん、16をやってごらん。」
すると相手は、「はい!」と言って頑張り始めます。
多くの場合、少しはアドバイスを採り入れますが、たいていの場合、3つとも採り入れて「はい、全部できました。」という返事が返ってくるのは稀でしょう。

たいていの場合、1つか2つ採り入れればよいほうでしょう。
もっと数学的に言うと、せいぜい最大公約数でしょう。

8を素因数分解すると、2の3乗。12を素因数分解すると、2の2乗掛ける3.16を素因数分解すると、2の4乗。
だから、8と12と16の最大公約数は、素因数のべき乗の一番小さいのを集めればよいので、2の2乗、すなわち4です。

相手は、最大公約数4をやれれば、上出来でしょう。
つまり、4という数字は、8を構成する要素でもあるし、12を構成する要素でもあるし、16を構成する要素でもある。

だから、一応、指導員が課した3つの課題である、8、12、16には一応、最小限応えたことになります。
3つのうちのどれかを無視したわけはないのです。でも最小限です。
現実には、3つの課題の公約数である2を成し遂げれば御の字でしょう。

もし、16を成し遂げればすごいほうです。
16を成し遂げれば、8を成し遂げたことでもあります。
しかし、12を成し遂げたことにはなりません。何故なら、12には3という素因数を含んでいるが、16には含んでいないからです。12という課題は全く手つかずだったということになります。

以上のように、指導する相手が成し遂げたことの解析はすごく重要です。

そして、理想の成し遂げは、3つの数の公倍数です。
なぜなら、公倍数を成し遂げれば、3つのどの数も成し遂げたことになるからです。

前述した素因数分解を用いれば、8と12と16の最小公倍数は、素因数のべき乗の一番大きいのを集めればよいので、2の4乗掛ける3、すなわち192です。
もし指導する相手が192を成し遂げたなら、3つの課題である、8、12、16のいずれも応えたことになり、すごく立派です。
さらに192の2倍である384とかであればもっと立派ですが、まあ、最小公倍数である192を成し遂げたなら、言うことないでしょう。

相手がすごい頑張り屋さんで、もし例えば320とかを成し遂げたとしても、8と16の倍数ではあっても、12の倍数ではないので、2つの課題にしか応えていないことになります。
どちらかと言えば、3つの課題とも応えるほうが指導員冥利に尽きるというものですね。

すなわち、人と人との関係で、どちらかが、複数のアドバイスをした場合、受けた相手が、その最小公倍数を成し遂げたとなると、その間柄は素晴らしくよい関係と言えるでしょう。

はい、そしてです。
僭越ながら申し上げますと、今の僕の仕事のパートナーとの間ではまさに日常、最小公倍数を成し遂げ合っているんです。
会社内のパートナーではないのですが、残念ながら詳しくは申し上げられません。

毎日毎日、互いに相手に対し、次々のアイデアとかアドバイスを出し、それを相手は最小公倍数にするのです。
別の言葉で言えば、体系付けるのです。
元々2人とも、体系付けるという生き様をこれまでの人生において体得してきたので、神様が巡り合わせた間柄かもしれません。

毎日毎日、数えきれないくらいの新し体系が誕生するのです。

しかし、仕事上はそうでない人もいっぱいいるので、足を引っ張られることもそれ以上に多いですね。

まさにこの世は波乱万丈ですね。
スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

おはようございます。
返信遅れ失礼しました。
とてもご丁寧でうれしいコメントをいただき、ありがとうございました。
おっしゃること、ひとつひとつかみしめております。
またお邪魔して書かせていただきます。

No title

セミの唐揚げですか…。「パリパリ系だろう」と思う自分と
「セミを食べるのかぁ…」と思う自分がいます。

セミは漢方薬としても使います。正確には抜け殻ですが。
体を冷やす作用があり、市販されている漢方薬の中にも
入っている物もあります。

薬屋の嫁さん

こんばんは。
いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
今日はコメントをいただきどうもありがとうございました。

セミは興味深い生き物ですし、また食べても美味なのに、一方ではゴキブリの如き毛嫌いをされている方が少なからずいらっしゃるので、今日の主題ではありませんが、書かせていただきました。

漢方としてのセミの抜け殻のことは僕も聞いたことがあります。
重要成分が殻に凝縮されるのでしょうか?

また、いろいろと教えてください。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード