一度も見た(聞いた)ことがない英語の表現

みなさまこんばんは。
なんだかんだでまだ暑いですね。
でも間もなく8月も終わります。
そして明日はサッカー。
いかがお過ごしでしょうか?

僕のほうは、未だに超忙しいんですが、昨日人間ドックも終わり、今日は大手を振って”飲み曜日”を楽しんでます(^^)/

今日の要約
・みなさまの多くが中学、英語で習った英語の表現で、実際は欧米で使われていない例を挙げてみた。
--------------------------------
昨日は、午後はずっと家にいました。
仕事をやる傍ら、ブログもずっとつけていました。
そうしますと、「あっ、この方は昼間いらっしゃる方なんだ」とか、「この方は何度もいらっしゃるんだなあ」などの発見がありました。
昼間にいらっしゃる方は随分多いと感じました。
お仕事をされていないか、お家で仕事をされているかでしょうね。

さて、今日のお題は英語なんですが、よくブロガーさんから「私は英語だけは苦手なのよね~」など、英語に関する記事だとがっかりされてしまうことが多いんです。
でも、英語は僕の大きな関心事の一つですので、たまに書かせてください。

僕は、外資系の企業を2つ渡り歩き、今でも仕事の多くに英語を使います。
実力的にはまだまだであり、道半ばです。
でも、英語は若い時からとても大きな関心があり、日本語と英語の文化の差を勉強したり、英語の歌を歌うことを趣味としています。

今日は、多くの方が一度は習った英語の表現をなるべく取り上げ、中学や高校で一所懸命習ったのに、欧米では全然使われていない表現をいくつかピックアップを試みます。
今の中学、高校の英語の教科書は大分改善されて、実際に欧米で使われている英語に近付いているとは思います。
今日は、昔の英語教育を受けた40代以上の方に向けたメッセージをお届けします。

まずは、超有名なフレーズである、This is a pen. I am a boy.から。
僕が中学に入った1970年の頃には、中学の英語の教科書としては、This is a pen.から始まる教科書の出版社と、 I am a boy.から始まる、大きく分けて2種の出版社に分かれていたと記憶しています。
いずれも、実際の英語では使わない表現であることは言うまでもないでしょう。だって、見ればわかるんですから。
まだ、This is a pen.は使う可能性があります。
その物が一見ペンかどうか分かりにくい場合、相手に説明する場合などです。
I am a boy.はまずないでしょう。スラングではあり得ますけどね。

Who are you?
この表現はよくテストに出ませんでしたか?
でも、こんな表現は欧米の実生活では絶対に言いません。
よく、ネットや本では、こんな表現は警察官が尋問する場合のみに使う、とあります。
でも、交通違反程度でも言わないと思います。
自宅に不審者が侵入した際に浴びせる言葉ではないでしょうか。

What is your name?
What time is it now?
文法的には正しくても、こんな表現が使われることはありません。
May I have your name?
Excuse me, what time?
これらあたりが実際の表現でしょう。

What day of the week is it today?
これって一所懸命覚えましたよね。必ず中学の定期試験に出ました。
でも、こんな英語が使われているのを見たことがありません。
そもそも、主にキリスト教を信仰している欧米人にとって、「曜日」はすごく重要な概念であり、今日が何曜日か忘れることなどほとんどありません。
ましてや、曜日が「day of the week」というのも直訳のなせる業です。
日本で、仕事人間がたまに「今日は何曜だっけ」とつぶやくことは珍しくはありませんが、欧米では曜日をわからないでその日を過ごすなんてあり得ないのです。

How do you do?
これはかつては主にイギリスで初対面のあいさつとして使われていました。
でも僕は、残念ながらこの表現が実際に使われているのを一度も見たことがありません。
これに代り、今では多用されるのは、ご存知のように、Nice to meet you.です。

What a beautiful mountain that is!
How tall you are!
はい、 感嘆文というやつですね。
これもテストでは随分出ました。
でも、欧米人がこれらを使っているのを見た(聞いた)ことがありません。
ただ、What a shame! (何て恥さらしな!)というのは聞いたことが一度ありますが、極めて稀です。
感嘆文という構文があることを学習することは悪くはありませんが、こんな構文よりももっともっと実用的な英文が山ほどあることを理解する方が重要ではないでしょうか。

定冠詞(the)、不定冠詞(a)の使い方の教育も全く実際的ではありません。
これに関しては、これまでブログでも結構書きましたし、また書いてみたいと思います。

また、英語については書いてみますね。
スポンサーサイト

テーマ : ことば
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

私が中学1年生の時の英語の教科書は、
”I have a book”
でした。
見ればわかることですから、これも、実際に英語圏で日常的に使われている言い回しではないと思います(笑)。

声なき声さん

おはようございます。
実は昨日、I have a book.を書こうかどうか迷っていたのですが、This is a pen.の後に出てくるのかと思っていました。
やはり、最初に出てきましたか。そういえば、姉の中1の教科書の最初がI Have a book.だったことがだんだん思い出してきました。
いずれにしましても、日本人に最初に教える英文にa(不定冠詞)を入れておきながら、冠詞に関する教育が全く十分でなかったことを痛感します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

14:31の鍵コメさん

こんばんは。
いつもありがとうございます。
少し涼しくなってきましたね。
今回の英語に関する記事にご関心いただきありがとうございました。
もしよろしければカテゴリ=英語にはかつて一所懸命書いた英語に関する記事がありますので、ぜひご覧ください。
英語を楽しんでいただければ幸いです。
サッカーもすごかったですね。
またお邪魔しますので、よろしくお願いします。

16:48の鍵コメさん

こんばんは。
いつもありがとうございます。
今回の記事に対しそのように言っていただけるのは、うれしいです。
鍵コメさんの英語への取り組みも素晴らしいですね。
これまでの英語教育は楽しむ要素が少なかった気がします。
英語はとっても興味深いというのが僕の持論です。
もしよろしければカテゴリ=英語に以前の渾身の英語に関する記事がありますので、ぜひご覧ください。
またお邪魔させていただきます。

No title

日本で習う英語と実際に使われる英語が違うのは知って
いましたが、本当に色々あるのですね。
一番驚いたのは、曜日の感覚でした。言われてみれば…
なのですけれどね。

薬屋の嫁さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。
今回は英語の教育の最も入口の部分の例題を挙げました。
それでさえこんなに語れてしまうのです。
あといくらでも書くことができますし、これまでも書いてきました。
英語は日本語の変換であると習った我々は、大きな回り道をしています。せっかく習ったのならば、それを無駄にはせず、英語を文化として捉えることをしっかり身につければ、最後に笑うのは日本人かもしれません。

Hi !

ST Rockerさん、今日は。

若い頃、日本企業の米国法人で駐在経験があります。
渡米初出勤時に、各部署へ挨拶回りしましたが・・・・・。


米国人スタッフと親しくなった頃、侮蔑的ではなかったけれど『 着任時お前の英語挨拶は可笑しかったよ 』と、軽く茶化されました。

私の挨拶は、
ハゥジュドゥ、マァ,ネィムィズ~.:How do you do.My name is ~.とやったのです。正に中学で習い覚えた英語。

まさか『 お初に御目にかかる、拙者は~でござる!』と聞こえた訳ではないと思いますが、殆んど使わない時代遅れの言い回しだったのでしょう。

現在ならば、
Hello!Nice to meet you, I'm ~. How are you doing? ですよね。
そして、現地に慣れた頃覚えた便利な英語は、have,get,take,could,を上手く使う事でした。

take10nさん

こんばんは。
いつもありがとうございます。
コメントをどうもありがとうございました。

とても貴重な実体験でのお話しですね。
How do you do? My name is...ですね。
僕もアメリカは、長期はないものの、何度も行っていました。
学校で習った英語とのあまりの格差に驚いたものです。
僕もいろんな体験がいっぱいありますよ。

have、get、take、couldをうまく使うことですね。
僕もまだまだ勉強不足ですので、ぜひじっくり教えていただきたいです。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード