FC2ブログ

またまた、ご当地ナンバー再燃

みなさまこんばんは。
台風に翻弄された3連休でしたね。
みなさまの所は被害はありませんでしたでしょうか?

今日の要約
・ご当地ナンバーの募集がまた始まり、図柄プレートも認可されることから、ブーム再燃である。
・結局、ナンバーの新設は際限がない。
・各県1ナンバーに戻るべきだ。
------------------------------
実は僕の特技は風邪に罹らないということ。
そのことは既に結構書いてきたし、また書いてみたい。
重要なのは、当たり前だが、ウイルスを体内に入れないということ。

どうも風邪というのは同じ人ばかりが引いている印象がある。
僕の職場でも、年間の1/5くらいを風邪の症状でいるような人が何人かいる。

僕の意見では、風邪ウイルスの侵入経路は、主に2つ。
一つは自分の指経由。指を口や鼻に入れること。
指先は最もウイルスが付きやすい部分。だから、基本は、鼻をほじったりする時は十分手を洗わないといけない。
ある風邪常習の人をよく観察したら、やはり・・・。爪を頻繁に噛む癖があった。

もう一つは、風邪を引いている人の咳やくしゃみのミストを吸い込むこと。
これについては、既に書いたし、また書いてみたい。

さて、以前の記事「ご当地ナンバーを考える」で、ご当地ナンバーの抱える問題点をかなり掘り下げて考えてみた。
ここへ来て、また国はご当地ナンバーの募集を間もなく開始する。
また、それに伴い、ご当地ナンバーに図柄プレートを認めるということで、またまたご当地ナンバー再燃、といったところである。

前回の記事で、僕の大きな意見の一つとして、どこかの地域にご当地ナンバーを与えれば、必ず何らかの不公平感が生まれ、新たなご当地ナンバーの誕生が要望される。やがて、各市のナンバーができるのではないか、と。それが究極の公平であるからだ。
そして、既にこの流れは始まっていると考えてよい。

その最も極端な例が愛知県だ。
既に、豊田、一宮、岡崎、春日井ができた。
かつて広域と大量台数を誇った三河ナンバーはもはや隅に追いやられてしまっている。
尾張小牧ナンバーも分断されて気の毒である。

茨城県ではつくばナンバーが人気が高い。土浦ナンバーから分かれてできたご当地ナンバーだ。
分家なのに本家(=土浦)よりも大きい勢力になってしまった。
茨城県の西部の大きな地域が充てられていて、なんと古河までつくばナンバーだ。

千葉も動きが多い。
野田の方には申し訳ないが、松戸、柏、我孫子、流山、野田の地域が野田ナンバーだったのには納得が行かなかった人が多かったであろう。
当然ながら、柏ナンバー(柏、我孫子)ができ、今度、松戸ナンバーが立候補するという。

また、千葉県の市原・茂原以南の房総半島の大部分が袖ヶ浦ナンバーである。
袖ヶ浦というのは有力企業のコンビナートがあることもあり、リッチな市だし、その名前が何ともおごそかだ。
でも、一般には知名度は低く、おそらく日本一理解度の低いナンバーであろう。
袖ヶ浦ナンバーの車のオーナーの大多数が不本意に思っているはずだ。詳しくは、「嗚呼、袖ヶ浦ナンバー」を参照されたい。
そんな中、今度、市原ナンバーが立候補する。
ご当地ナンバーの資格(登録台数10万台以上)を満たすとは言え、市原も知名度は低いだろう。いや、ジェフ市原・千葉ユナイテッドがあるから、高いかな? 余談だが、こちらはすっかりJ2に定着している。

埼玉の越谷ナンバーも同様の理由でできたのだろう。
埼玉の東部地域をカバーする春日部ナンバーの海の中に孤島のように誕生した。
そういう意味では、世田谷ナンバーや杉並ナンバーも同様。

ご当地ナンバーではないが、神奈川の湘南ナンバーが誕生する時も大揉めに揉めた。
どうみても湘南地域と言えないような市や町が強引に手を挙げ、収拾がつかなくなり、当初の構想よりも大幅に広い範囲が湘南ナンバーになった。

もう、挙げればキリがない。
どこかに新たなナンバーを与えれば、必ず不公平感が起こり、また新たなナンバーができる。
結局、今の感じではどこかに落ち着くことなんてなくて、いずれ近い将来、各市毎のナンバーができるだろう。

僕の意見は、前回の記事でも書いたように、各県に1個のナンバーに戻るべき、ということ。
視認性の点でもこれが一番いい。
その車の使用本拠地の県名が付くのだから、合理的だし、誰も嫌に思うはずがない。
公平感もあるだろう。
アメリカだって、ナンバーは州に1つ、州の名がついている。

ここで問題なのは、我が国は同じナンバーを再利用しないこと。だから、ナンバーがすぐに一杯になってしまう。このことが、むやみに桁数を増やしたり、新設ナンバーを乱発することになるのだ。
僕の叔父が以前、名古屋陸運局に勤めていた。叔父曰く、車のナンバーというのは財産の一つだから、決して同じものを発行しないのだそうだ。
でも、ナンバーの再利用はアメリカなどではできている。日本でもやれないことはないはずだ。

また、数字だけでなくアルファベットを入れる(これはすでに検討されているらしい)こと、登録年のシールを貼ること、色を替えることなどをやってみて、ナンバーのバリエーションを増やしたり、財産管理の問題を減らしたりすることもできよう。
各県1ナンバーをぜひ検討すべきだ。

さて、余談だが、先月、ラグビーワールドカップ記念の白いプレートに替えた。
軽なのに白プレートなのでゴキゲンだ!
しかし、後から知らされたのだが、樹脂の白いフィルムが貼ってある上の印字なので、耐久性が弱いとのこと。
ガガーン! 早くそれを言えっての(^^;

では、引き続き、お体にはお気をつけくださいませ。
スポンサーサイト



テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード