FC2ブログ

結局、「おつかれさまです」に落ち着いた

みなさまこんばんは。
すごく寒いですね。
お元気でしょうか?

今日の要約
・「おつかれさまです」と「おつかれさまでした」の比較を僕なりにずっと考えてきたことと、僕なりの結論を書きます。
-----------------------------
実は今月は、5日に酒を飲み、その次は10日に会社行事のパーティで飲み、なんとそれ以来飲んでいないんです。
こんなに長期間飲まなかったのは、2011年1月に入院して以来です。
ちょっと訳あって、自主的な一時的な禁酒と、長期のダイエットをしています。

若い頃は、日常からトリップするような酒の快感に酔いしれましたが、50以降はそれ自体の快感が大分減りました。
むしろ飲んだことで疲れたり、他のことができなくなるデメリットも感じてきたのです。
プラス健康面の心配もありまして、ちょっと断酒してみています。
経過はすこぶる快調です。
これまで飲み曜日だった水と日も、禁酒により知的活動に充てることができ、その分、興奮します。
今後は、酒は集まりとか付き合いで楽しく飲むことに注力したいと思っています。
次は今週の土曜に飲みますけど、どんな気分になるのか楽しみです。

併せてダイエットもやっています。
僕はもともとダイエットなどのようなことを本気でやるのが得意です。
しかし、前回のダイエットからは大分時間が経ってしまいました。しばらく太り気味の時期が続いたのです。
そこで一大決心。

今回心掛けていることは、全体の食べる量を減らすことはもちろんなんですが、1回に口に運ぶ量をすごく少なくして、30回噛むこと。
それにより、すぐにお腹いっぱいになり、しかもすぐには空腹になりません。
食事に感謝する気持ちが生れますし、食事が楽しくなります。禁酒もやりやすくなるようです。
あと、加工食品はなるべく摂らず、できるだけ基本食材を調理するようにしています。
11月初旬からやってますけど、早くも見た目に効果が現れてきました。

僕は週に1回くらいは本社へ行きますので、TX(つくばエクスプレス)を利用します。
2005年に開通し、完全専用軌道、完全ホーム防護柵、130km走行という安全で速いTXは魅力の路線です。
しかし最近は朝のラッシュ時には遅れが慢性化してきました。また、ドア故障やシステム故障も頻発してきました。
そろそろ大きな事故が起きないか気がかりです。
そして最近、ボックス席のない便が多くなってきたのです。
TXと言えば、6両編成のうち、真ん中の3、4両目がボックス席だったのです。
7人掛けのロングシートよりも幅に余裕があるため、楽ですし、混んだ状態ではボックス席は快適でした。
今日初めて知ったのですが、混雑緩和のため、ボックス席を撤去しロングシートに漸次改造しているとのことです。
なーんだ。
では、これから利用しにくくなっていきますね。
連結数が増やしてボックス席を維持してもらえないでしょうか。

さて、今日は前置きがかなり長くなってしまいました。

以前、最近の若い人は、「おつかれさまでした」と言う場面で「おつかれさまです」というので、違和感がある、と書きました。
若い人というよりも、50歳未満くらいの人は例外なく「おつかれさまです」です。
そして、50歳以上は、ごく一部の例外を除いて「おつかれさまでした」です。

とにかく、「おつかれさまです」がすでに市民権を得ているのです。
いくら声高に「おつかれさまでした」と言ってみても、理屈の上で反駁できない限りは意味がなくなりました。
そして僕なりにずっと考え続けてきたところ、「おつかれさまです」でも問題ない、と結論付けました。

本当は、労う相手の過去または現在完了の行為に対しては「おつかれさまでした」、現在または継続的行為あるいは状態に対しては「おつかれさまです」という使い分けがこれまでありました。
しかしだからと言って、その使い分けの結果現れる効果は大してない、と言わざるを得ません。
だからこそ、合理的に「おつかれさまです」に一本化する流れになったのかもしれません。

若い人はその昔は「おつかれさまでした」と言っていたのを知らないし、50歳以上の人は今は完全に「おつかれさまです」に変わったことを認識していません。耳には聴こえてはいるのでしょうけど。
やはり一番いいのは、言葉の使われ方の変化は認識し、その上でよいかどうか考えることだと思います。

また、最近では、若い人たちは「おつかれさまです」をあいさつ代わりにも使ってもいます。結構いい感じであり、見習いたいです。

しかし、「ありがとうございます」と「ありがとうございました」は使い分けた方がいいような気がしなくもありません。
スポンサーサイト



テーマ : ことば
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

「おつかれさまです」をあいさつ代わりにしているのを
身近で聞いた時にはなんだか違和感を感じていました。
今の若い人はそうなんだ~と目から鱗ですが
融通の利かない私にはなかなか慣れることが出来なかったです
たぶん仕事上の関係だったら違和感も少なかったと思うけど
プライベートだから私は「こんにちわ」からなんだけど…
言葉は変化していくものだと理解しているつもりですが
ついていけない頭の堅い年寄りになってきました(-_-;)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ぷにゅ2さん

こんにちは。
いつもありがとうございます。

僕も「ありがとうございます」は少し前までは否定的でした。
でも、よくよく考えて、合理性を感じるし、若い人の感性も悪くないので、採り入れることにしました。

しかし一方では、若い人に言葉を教えるのも大事かと思います。
そうでないと、言葉は簡略化される一方ですから。

身近な問題としてこれからもじっくり考えていきたいと思います。

10:38の鍵コメさん

こんにちは。
とてもご丁寧なコメントをいただき、ありがとうございました。
過分のお言葉をいただき戸惑っておりますが、素直に喜ばせていただきます。
そうでしたか、それは残念です。
また機会がありましたらよろしくお願いします。

10:59の鍵コメさん

こんにちは。
ご丁寧に返信いただき、ありがとうございます。
承知しました。
よろしくお願いします。

No title

あいさつで「おつかれさまです」を使うことに、65歳の私も抵抗感がありません(笑)。
私も、会社勤めをしていたときは、口にしていました。
思いのほか定着しているのではないでしょうか。

ひと昔前は、あいさつで「ご苦労さま」という言葉が頻繁に使われていたように記憶しています。
ただ、「ご苦労さま」は上から下へのフレーズですので、そんな配慮があって「おつかれさまです」が多用されるようになったのではないかと勝手に憶測しています。

声なき声さん

おはようございます。
今回の記事では、「おつかれさまでした」と「おつかれさまです」の対比において「おつかれさまです」を考察しました。
「ごくろうさま」と「おつかれさま」の対比において最近は「おつかれさま」へのシフトということもありますけれど、最近の若い人を中心とした「おつかれさまです」、特に職場を離れ帰宅する人に向けた「おつかれさまです」は、「ありがとうございます」にも見られる現在形志向が中心になっているだろうと、私は考えます。
話は変わりますが、若い人ほどよく見られる最近の丁寧化志向、例えば「お返事をお送りします」など、は世相を反映はしてはいるとは思います。
でもそれに関しては私はあまり賛成はしていませんで、喪中ハガキのテンプレでは「年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます」であるところ、「年末年始の挨拶を遠慮申し上げます」と書きました。
若い人の感性と合理性は見習うべきところもたくさんある一方、任せきりにせず、時に教え、議論することも必要かと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

11/25 23:40の鍵コメさん

こんばんは。
とてもご丁寧なコメントをありがとうございました。
先ほどお邪魔しました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

11/26 22:29の鍵コメさん

おはようございます。
どういたしまして。そのようにおっしゃっていただけますと、甲斐があります。
そして、鍵コメさん、ご謙遜です。素晴らしいです。
また、お邪魔します。

11/26 23:43の鍵コメさん

おはようございます。
遅い時間にとてもご丁寧にありがとうございました。
おっしゃるようにご活用いただけますとうれしいです。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード