FC2ブログ

「この人と話すと必ずおもしろい話を聞ける」という人

(予約投稿です。)

みんさまこんばんは。
ほんとに寒いですね。
今年はさわやかな秋の記憶があまりなく、夏から急に冬になり、既に長いという感覚です。
以前よく行っていたアメリカのミシガン州は大陸性気候なので、こんな感じでした。

今日は要約を省略させていただきます。

2017-12-9(土) 22:00 末尾に青字で近況を追記しました。
-----------------------------------
前回の記事、そして青字での補足は、どうもわかりにくかったもしれませんね。失礼しました。
ここで最後に少しだけ、補足させていただきますね。
要は、正々堂々と戦え、ということなんです。
根底に流れるのはお人好しでも優しい性格でもなく、熱く戦う気持ちです。
相手には絶対に負けまい、という挑戦的な気持ちがまずスタートです。(そこが記事では書き方が不足していました。)
そして戦う時に大事なこと。それは、姑息なことや計算や画策はしない、ということです。
相手のことは素直に高らかに褒める。そして、ならば自分はもっと成長する。そして相手にも影響を与える。そういうことです。
世の中の計算や画策に無頓着でもいけません。
そういうものに駆逐されているようでもいけません。
そういうことには敏感になり、時に毅然として対峙しないといけません。
ただし、相手に同様なやり口で切り返すような「マイナスの応酬」はやめ、正々堂々と攻めるべきです。
あるいは、外交や企業戦略の場面では、こちらも画策を演じざるを得なくなることもあり得るでしょう。しかし、それが人間関係の基本になってはならないと考えます。

さて、今日のお話しはまさにタイトルの通り。
みなさまにもいろんなお友達やお知り合いがいらっしゃることでしょう。
その中には「この人と話すといつもおもしろい話を聞かせてくれる」という人がいませんか。

おもしろい話とは何か。
それは一言では言い尽くせません。
でも、僕の考えでは、「考える体系が自分の中にある人」だと考えています。

例えば、A君とB君が次のような会話をしているとします。
A「オレは酒は好きなんだけど、どうも焼酎がだめだな。あれは必ず悪酔いするから、オレの体に合わないな。」
B「そうか。オレの場合は日本酒だな。次の日まで必ず残るからだめだ。焼酎は残らないからいいはずなんだけどな。」
A「そうかなあ?」
B「人それぞれだな。」

まあ、世の中にありがちな、悪くはない会話だとは思いますが、言いたいことをスポット的に言い合っただけで、何も発展しませんし、知的興奮も得られません。

ところがもし、次のようなことを言うCさんがいたらどうでしょうか?
C「世の中の酒というのはな、どんな酒でもそれが文化として確立しているものは体に悪いというのは考えにくいと思う。苦手の酒があるというのは、それを受け入れる脳の体制がまだ未発達なのではないかな?」

そうなのです。
Cさんは考える体系を持っています。
スポットな物事を鳥瞰し体系づける「考える枠組み」を持っています。
話がおもしろいというのはこれではないでしょうか。

世の中で人々が頑張っていること、例えば、市場開拓とか博士号取得とか。そういうものは皆、新しい体系を世に示すことです。
あるいは、日常の些細なことだって、単発に考えるより、少しでも体系付けた方がおもしろい考えになるでしょう。

いくら博識であっても、人の受け売りではおもしろくないでしょう。
自分自身の中に考える枠組みがあってこそおもしろいでしょう。
自分の枠組みと人の枠組みが刺激し合って、互いに枠組みが成長する。そんなことこそが世の中の最大の愉しみです。

2017-12-9(土) 22:00追記

みなさまこんばんは。
寒いですね。

昨日はジョン・レノンの命日でした。
1980年12月8日夜、ニューヨークのダコタハウスの入り口でジョンは凶弾に倒れたのです。40歳でした。
毎年この日は特別の思いで迎えます。
飲み会でしたので、ほとんど何もできませんでしたが、しっかりお祈りはしました。

ダイエットはすごく順調です。
12/7にかかりつけの医者で体重の計測がありました。
1月前に比べて、なんと5kgも減りました。
やはり、食べ物を少量ずつ口に運び、30回噛むのは効果大ですね。
僕は、ダイエットをやろうと思った場合は必ず成功するんです。
今回のダイエットはかなり久しぶりなんです。

30代はギンギンのランナーでした。
毎日10kmを走り、フルマラソンを4時間ちょうどで走っていました。
ランニングを一番熱心にやっていた頃は体重は、61~2kgでした。
40を過ぎるとランニングもゆるやかになり、体重もだんだん増えていき、最近は78kgまで上がっていました。
血液の値がよろしくないので、今回、一念発起しました。
今回の5kg減で検査結果がどうなるかですね。
そして、20年ぶりの60kg台が射程範囲に入ってきました。
ちなみに、身長は176cmです。

昨日は、定年退職のお疲れ様会というのをやってもらいました。
すごく、意外かつありがたかったのは、普段あまり僕に声をほとんどかけてくれないような人たちが、すごく感謝の気持ちを言ってくれたりとか、宴席ですごく気を遣ってくれたりとか、僕のことにとても関心を示してくれました。
若い人で、僕のプライベートの活動に興味を示してくれた人もいました。
そして、思いがけずに花束をもらいました。

僕の場合は、自分が60であるという自覚は全くありませんし、普通の人が定年を迎える感覚とは全然違っていて、これからビジネスも遊びも、新しい考えでフル回転で行きます。
だから、「ご苦労様」という過去形なのではなく、これからが人生本番なんだという成人式のような気分だというのが正直なところです。
とはいえ、定年の会はとってもありがたく、そしてうれしかったです。
引き続き、会社には契約社員の形で、今の仕事内容で、もうしばらくいますけど、それは僕の中ではほんの一部分に過ぎません。一部分ではあるけど、今後もしっかりとやっていきたいと思います。

スポンサーサイト



テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは。
私もジョン・レノンが好きなので、毎年12月8日は特別な思いで迎えます。時が経つのは早いですが、世界中に衝撃を与えたあの日のことは忘れられません。
ところで、退職のお疲れ様会があったとのこと。
ST Rockerさんの記事を拝見していると、ご自身も仰っているとおり、まだまだこれからという感じが伝わってきて、お疲れ様というより、これからも頑張ってください!!と言った方がお似合いなのではという気がします。
ときに後ろ向きになる私ですが、ST Rockerさんにはいつも勇気をいただいています。
さて、本題が最後になってしまいましたが、私の友人の中にも面白い話を聞ける、あるいは大した話でもないのに話が繰り広げられるという人がいます。
私も含め、大半はA君、B君のような会話に終始してしまいがちですが、C君のような知的好奇心が旺盛な友人がいると急に議論(話題)が盛り上がりますね。
もちろん、ある程度博識な人じゃないとダメだとは思いますが(^-^;
きっと、お互いが刺激しあえるんでしょうね。

がじゅまるさん

こんばんは。
いつもありがとうございます。

ジョン・レノンの命日を同じような気持ちで迎えられ、うれしいです。
あの時、僕は23歳だったのですが、これから先、何を拠り所に生きていったらよいのか途方に暮れた、というのも大袈裟ではありませんでした。
もし生きていれば世界はどのように進展していったでしょうか。

定年の会の件、ありがとうございます。
正直、未熟者ゆえ、年齢相応の自覚がないのかもしれません。
がじゅまるさんもぜひ多いにこだわり、自分らしく邁進していってください。

考える軸をもつということはこれからも研究対象としたいと思います。
これからも、軸対軸の絡み合い、知的好奇心をいただきたく、よろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

おはようございます。
とてもご丁寧なコメントをありがとうございます。
謹んでお言葉をいただきます。
鍵コメさんはとてもよい感性を持っていらっしゃると思いますので、これからも応援しています。
後ほど伺います。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード