FC2ブログ

「やりたくないことはやらなくてはいけない」・・・私の人生

(今日は遅くまで出かけているので予約投稿です。)
みなさまこんばんは。
いよいよ今年もわずかとなりましたね。
毎年年末というのは、掲げていた目標が未達に終わる瞬間でもあり、自己反省しきりの時期であります。
みなさま方におかれましては、どのような年末をお過ごしでしょうか?

今日の要約
・僕がこれまでの人生において基本的なこととしていることは、最初はやりたくないことだった。
・でもやりたくないことこそやるべきだ、という考えがなぜか自然に身に付いていた。
・学生時代からの逸話を交えて、やりたくないことをやったことを気楽に綴ってみた。
---------------------------------
トランプ大統領の「エルサレム首都発言」で再び、揉めている中東です。
この問題は確かに大変です。
しかし、イスラエルというのを勉強するととても得るものが大きいので、お勧めします。
いろんな人が本を書いていますが、糸川英夫さんの本がよいと思います。
ぜひ読んでみてください。
また、過去記事「イスラエルという国」もご参照ください。

さて、自分を支える基本的な事柄というのは誰にでもあるでしょう。
例えば僕の場合は下記のようなことです。

・理系の学問を学び、理系ベースで考え、その考えで仕事をし、世の中に役立てる。
・英語を使い、少しでも国際的な仕事をする。英語の音楽などを楽しむ。
・音楽を楽しむ。(しかもクラシック音楽愛好家には殴り込みをかける。(半分冗談です(^^)/))
・自分の生まれながらの性格(おとなしい、引っ込み思案、運動に消極的)を改革する。

こうした基本的なことを身に付けようと思ったきっかけは、今日のタイトルにもある通り、「やりたくないことはやらなくてはいけない」という漠然とした考えからでした。
今日は、そのあたりのことを気楽に綴っていきます。(無理に結論は出しません。一緒に考えましょう。)

僕は子供の頃は、理系も文系も等しく、いろんなことに関心がありました。
祖母の影響で自然科学に多いに興味を持ちましたし、両親が地図を買ってくれたりしたので、地理も好きでした。

中学、高校と進むにつれ、英語にも大きな関心を持ちましたし、理系も文系も勉強はどれも大体好きでした。
高2で理系か文系か決めなくてはいけない時、すごく悩みました。
文系もすごく捨てがたいものがありました。
でも、決定的な決め手がありました。それは、理系の方が勉強も実習も大変だということ。(大学進学以降も含めての話です。)
大変なことは絶対に回避してはならない、と強く思いました。
なぜこう思ったのかは自分ながら、はっきりはわかりません。
おそらくは、「苦労は買ってでも経験しなければならない」とか「困難は乗り越えなければならない」という両親の教えが大きかったと思います。
この頃には、「やりたくないことはやらなくてはいけない」という考え方がほぼ身に付いていたと思います。

僕は大学は化学でした。
合格が決まり、履修要綱に従い手続きをしていくと、一般教養の英語の授業として英米人の先生が教える「EEクラス」を選べるというので、迷わず選びました。ここでも「苦労は買ってでもすべし」という考えと、今後の国際時代を考えてのことでした。
ところがフタを開けてみると、30人の学科の入学生のうち、EEクラスを選んだのは、僕含めわずか3人でした。

大学では、文系中心のサークルに入り、副幹事長にまでなりました。
「理系然」とした学生から脱却したかったためです。
本当は引っ込み思案であるゆえ、こうしたことはかなり苦手だったのですが、ここでも敢えて苦手なことに挑みました。

修士課程まで進みました。
卒業後、某大手企業のT社に入社し、その後、T社とアメリカのD社の合弁企業に配属となりました。
実は修士時代に、その合弁企業から奨学金をもらっていた関係で、配属を希望しました。
父は純国産企業がよかったので反対されましたが、ここでも、「これからは国際舞台は大事」と考えました。
でも実は僕自身も本当は大変そうだったので、行きたくはなかったのですが、だからこそ入社しました。
2005年には欧系の企業へ転職しました。

24歳以来、今に至るまで、英語というものが自分の人生において、仕事でも趣味でもとても大きな位置付けであり続けています。
ところが、日本人の大多数は英語とは関係ない生活を送っています。(このことはまた改めて書いてみたいと思います。)

ふつう、理系の仕事をしていますと、どうしても世間と隔絶しがちです。
日本の経済発展を支える技術を開発し続けてきたのは、日本の優秀な理系企業人たちです。
本来、こうした彼ら、彼女らも堂々とした遊びや芸術や交流を楽しむべきですし、そして楽しむ力を持っているはずです。
ところが、現実は田舎の社宅に埋もれ、安月給で、少ない小遣いで地味に生きているのが現実です。
また、「同業者」同士では話ができても、世間一般のふつうの人たちとは話ができないのが、こうした技術者の人たちです。

実は僕自身も、30代半ばくらいまでは、同業の人間としか話ができない典型的な理系人間でした。
自分では、大学時代に遊んでいたつもりだったのですが、まだまだ殻に閉じこもっていたのでした。
そこで、一大奮起!
当時ランニングをやっていた僕は、地元のサークルに入り、ランニング、山登り、飲み会、カラオケなどを地元の人たちと楽しんだのです。

これも最初はかなり大変でした。
専門とか業界のことは一切関係ない、ただ人と人とのコミュニケーションです。
全く慣れていませんでした。
でも、これも培いました。大きな財産になりました。
音楽仲間もできました。
この頃ですね、「人を丸ごと飲み込む」という考えを持つに至ったのも。
自己基準で人を評価するのではなくて、人をまず全部飲み込んでから、自分の中の軸を発展させる、です。

また、働きながら博士も取得しました。
これも大きな苦労でした。
こんなもの絶対にやりたくなかったでしたけど、「やらねばならない」とささやく自分がいましたので、どうにかやったのです。

音楽については、小学校低学年までの母親によるピアノ教育に嫌気をさして、しばらく遠ざかっていましたが、高校の時に、ピアノをロックの道具に使うビートルズにノックダウンされたのをきっかけに、これまでロック中心に楽しんできています。
音楽の楽しみ方はこれまでずいぶん書いてきたので、詳しくは過去記事をご覧ください。

そんな僕が、ブログをきっかけに、クラシックピアノを中心とするピアノサークルや、いろんな練習会や催し物を紹介いただきました。
普通ですと、僕のようなロック派の人間はこうした場は苦手なのですが、ここでも「苦手ことはやらなくてはならない」と考え、参加させていただきました。
クラシック派の方々の音楽の取り組みは、ロック派とは違うところがたくさんあります。例えば、コード進行として捉えないとか、先生につくとか、楽譜を見るとか。
でもそうした違いを乗り越えて、同じ音楽である共有、そして人と人との交流、そうしたものを培いました。

そして、僕は自分なりの考えで、イヴェントを構成し、何度か実行しました。

これからは、歳も歳ですし、苦手なことを敢えてやるというのはそろそろ卒業して、自分の持っているものを世の中に役立てるほうを中心に考えていきたいと思っています。
スポンサーサイト



テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

こんにちは。
とてもご丁寧なコメントをありがとうございます。
こちらこそ、本当にお世話になりました。
先ほどお邪魔しました。
来年もよろしくお願いいたします。

No title

ST Rockerさん、こんばんは!
実は今回のタイトル見て一瞬意味がわからず2,3回読み直してしまいました( ;∀;)
世の中にはST Rockerさんのような方もいらっしゃるのかもしれませんが、大抵の人はやりたくないことはやらないようにしようと思うのではないかと思います。ポテ子もそのタイプです。勉強や仕事はもちろんやりたくなくてもやらないといけないのですが、それ以外のことは敢えて自分に課題を与えたり、自分が率先して手を挙げたりはない人生でした。
色々な生き方や考え方がありますが、ST Rockerさんのような生き方を選んだ場合、きっと得たものは大きいでしょうね。
これからは仰るとおり、自分の好きな道を更に突き詰めたり、今まで得たものを発信したり還元したりして、更に充実した人生になるといいですね。
今年も色々楽しくためになる記事をありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

ポテ子さん

こんばんは!
いよいよ今年も残りわずかですね。
今年もどうもありがとうございました。

今回の記事ですが、自分は少し変わっている部類だとは思っていましたが、もしかして、すぐには意味がわからないほど変わっている、ということですか?
自分ほどではないにせよ、たいていの人は基本はやりたくないことをやろうと考えているのかと思ってきましたが、そうでもないということですか?
ポテ子さんはどちらかというと、やりたくないことに挑戦することが主であると思っていました。たぶんにご謙遜のところもあると思います。

僕の場合はとても負けず嫌いの人間でして、特におとなしいことや引っ込み思案であることや、積極的でないという生まれながらの性格を180度変えることばかりを考えてきた人生でした。
でも僕は、これ自体を必ずしもよいことではないかもしれないと思ってまして、本当は自分の持って生まれたものを大事にすることを基本にする人生のほうがよいのかもしれません。
自分としては、自分のやり方しかどうにもこうにもできないのです。
もし来世があるなら、もう少し落ち着いた人生を歩んでもよいのかもしれません。

いずれにしても、これからは無理なくやりたいと思います。
本当にこれからもよろしくお願いいたします。
よいお年をお迎えください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

1/2 19:46の鍵コメさん

こんばんは。
とっても素敵でうれしいコメントありがとうございます!
今年も本当によろしくお願いします。
先ほどお邪魔しました。

No title

ST Rockerさん、こんばんは!
今年もよろしくお願いいたします。

年を越してしまいましたが、先日のコメントの件でポテ子の書き方が
舌足らずで悪く、気分を害されたならごめんなさい。
まずST Rockerさんの生き方ややり方を否定している訳ではないし、
すごく変わってるという意味で書いたわけでもないんです。

学生時代をとっても、理系が苦手だから理系に行こうと思ったことはなく、
文系が好きだということもあり迷うことなく文系を選択しました(^-^;

日常的なことを例に挙げても、例えば学生時代、部活で役員を決めるとき、
あるいはPTAや町会で役員を決めるとき、役員を引き受けると面倒だし忙しいし、まとめる立場は自分には向いてないと思ったり、できればやりたくないと
思っていました。
ただ、まわりを見渡して引き受けてくれそうな人がいなければ、
ポテ子が仕方なく引き受けることは何度もありましたが。。
自分から率先してやるということはない人生でした。

もしかしたらポテ子が例外で、たいていの人はやりたくないことを
やろうと考えているのかもしれませんね。
ST Rockerさんのような生き方は素晴らしいと思うんです。

ポテ子のように自分に向いていないことや苦手なことに挑戦しないで
背を向ける消極的な生き方からは何も生まれてこないし、大事なものに
気づかないでもったいない生き方をしていたのかもしれないと反省しました。

今年もまた色々勉強させてください。
素晴らしい年になりますようお祈りしています。

ポテ子さん(再び)

おはようございます。
こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。

再度とてもご丁寧なコメントをありがとうございます。
こちらこそ、書き方が足りなかったことを気が付きました。
そして、ポテ子さんのコメントにより、考えるべきことがもっとたくさんあると気付きました。

例えば、やりたくないことをやると言っても、それが本当に必要(自分または他人に対し)だと考える場合とそうでない場合(例えば見栄でやるような場合)、あるいは、やりたいことをやると言っても、それが本当に必要なのかそうでないのか、自らの生きざまがそうさせているのか、などです。
こうして考えると、やりたくないことをやる、いやそうでない、と言ってもその意味するところと中味は吟味する必要がありそうです。

僕の場合は、「やりたくないこと」とは言っても、ただやりたくないだけでなく、そのことが自分の向上にとって必要不可欠で大事だと考えたものが優先になります。
そうでない「やりたくないこと」はやらなかったものもたくさんあります。
どちらかと言うと、他人が自分のない素晴らしいものを生まれながらに持っているようなことを目の当たりにする時、猛然と負けず嫌い精神が湧き起こった、というのが核心です。

ポテ子さんにこれまでいただいた言葉の多くを拝見するにつけ、ポテ子さんはおっしゃるようなご謙遜のことはないように感じます。
既に十分の挑戦をされているに違いありません。
そしてさらに挑戦されることを期待しています。

あと、僕の場合、生まれた環境が、あまりのびのびすくすく育つというよりも、「あれはだめだこれはだめだ」と育てられましたので、反発精神、負けず嫌いというのが主体の生き方になってしまいました。
人間は本来、親から十分な愛情を受け、やりたいことを伸び伸びやることも重要です。
その意味では僕はそれが欠点です。
そんな自戒も込めて我が人生を振り返ってみて、去年最後の記事とした部分もあります。

そして、今年は還暦も過ぎたことだし、やっと伸び伸びやる時期に来たのかなと思います。
ポテ子さんも頑張ってください。本当に応援しています。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード