FC2ブログ

駅伝の魅力(その2)

みなさまおはようございます。
お正月いかがお過ごしでしょうか?
喪中ですのでお祝いムードではありませんが、ゆったり過ごしております。

今年も多分、毎週水曜の記事更新のペースになると思います。
正月休みだけは例外的に少し頻度多めに書いてみます。
前回は気合の記事でしたので、今日はゆったりめで書きます。

今年もニューイヤー駅伝、箱根駅伝。華やかですね。
今年の箱根駅伝は、青学の4連覇、中央の復活など見どころが多いですし、母校も去年同様、よい位置につけているので、応援にも力が入ります。
駅伝というのは日本国民に愛されているスポーツですね。

最近は空前のランニングブームです。
ところが、駅伝をやったことがある人はかなり少ないのではないでしょうか?
普通の長距離走と駅伝は、全く違うと言ってもよいスポーツです。

このブログでは、駅伝プレイヤーとしての実体験に基づいて、一般の方にはあまり知られていない、駅伝の魅力とかレア情報なんかを何度か記事で書いてきました。例えば下記です。

2015年1月2日「嗚呼、駅伝」

2014年1月3日「駅伝の魅力」

ぜひご覧になってください。過去記事の引用という安易な手法でスミマセン(笑)

駅伝が普通の長距離走と違うことを一言で言うなら、まるで”無酸素運動”とも思えることです。
箱根はそれを20kmやるのですからね。倒れ込むのもわかります。
そして、だからこそのチームの達成感です。

写真は、90年代前半の皇居周回駅伝の時のものです。

2002-7-16(3)_-_繧ウ繝斐・_convert_20140318200851

皇居2週を6人。ですから、一人約1.6kmです。
1.6kmを全速力。死ぬかと思いました。
スポンサーサイト



テーマ : 箱根駅伝
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。箱根駅伝、過去記事も読ませて頂きました。
箱根駅伝、私も好きで、毎年見ています。マラソンよりもいいですね!!ドラマがあります。前の人にタスキを渡すために、自身の力以上の力を出して、走りますね。仲間のために・・・。
駅伝は、日本発症と聞きますが、いかにも日本的だと思います。
ラストで、タスキを繋げないときの選手の涙を見て、もらい泣きしてしまいます。そうですね、母校も良い位置につけていましたね。後少し・・・ですね。
以前、稲門会の総会で、渡辺監督をお招きして、お話をお聞きしたことがあります。
その時の写真を貼りたいのですが・・・。

梅サクラさん

おはようございます。
昨年はありがとうございました。今年もよろしくお願いいたします。
(喪中のため、申し訳ありませんが、新年の慶びのご挨拶は省略させていただきます。)
今回の記事と過去記事を読んでいただき、ありがとうございました。
駅伝の魅力を少しでもプラスアルファで伝わりましたら幸いです、
早稲田に関しては、渡辺監督の現役時代のマヤカ選手との対決などが名シーンの一つとして思い出されます。
駅伝はこれからもますます楽しみですね。

No title

ST Rockerさん、昨年はお世話になりました。
今年もよろしくお願いします(^^)

以前駅伝をなさっておられたのですね。
元旦にニューイヤー駅伝を子供と見ていたのですが、
素人ながらにすごいスピードだなと思いました。
先頭のランナーは1㎞3分くらいで走っておられたような。
しかも区間の最後の方でも同じくらいのスピードで走っていたのでびっくりしました。
こちらの記事で全速力、無酸素運動、とあってなるほど~と納得です。

それでは、今年も記事の更新楽しみにしております(^^)/

ね~み♪さん

こんばんは。
こちらこそ昨年もお世話になりました。
あいさつ遅れすみません。
今年もよろしくお願いします。

コメントありがとうございます!
はい、若い頃はマラソンが中心でして、駅伝「も」やっていたという感じです。
一流の駅伝の大会ですと、1kmは3分を割る速さですので、100mあたり18秒を割る速さですので、普通の人だったら100mくらいしかもたないと思います。
でも、駅伝は参加すると独特の喜びがありますよ。

ね~み♪さんの今年の記事も楽しみにしています(^^)/
ピアノも頑張ってください。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード