FC2ブログ

何十年もかけて成就することと比較的短期でできること

みなさまおはようございます。
3日(土)から4日(日)に変わる頃に、累積ご来訪者数が30万人に達しました。
これもみなさまのご愛顧のおかげです。感謝申し上げます。
記事の最後に追記しました。


みなさまこんばんは。
もう2月も終わりです。そして、春の嵐の予想ですね。
お元気でしょうか?

今日はあくまで私観と自らの体験に基づくものです。
そして、やや冷たく申し上げる部分もありますので、先にお断りしておきます。

今日の要約
・何十年もかけて成就することと比較的短期でできることの対比を、具体例を挙げて述べます。
------------------------------------
ピョンチャンオリンピックが終わりましたね。
日本はこれまで最高のメダル数で立派です。
でも、今回に限らずですが、オリンピックにおいては韓国の方が必ず成績がいいです。人口が日本の半分以下にもかかわらずです。
ここは日本も見習うべきとことがあるように思います。

ただ、韓国人の体の特徴を観察しますと、ほとんどの人が、男性であれば175~180cmくらい、女性であれば160~165cmくらいであり、脚が長くて強そうな人がほとんどです。
日本人のように小柄とか筋肉の少ない人の割合がかなり少ないです。要するに、韓国人は日本人に比べ、平均的に体格に恵まれた人が多いです。
だからこそ、高木奈那さんのような小柄な選手が勝つことは日本ならではの力としたいですね。

さて、本題に入ってまいります。

先日、英語に関する記事で、「うらやましい」とおっしゃった方がいらっしゃいました。
僕は英語がすごくできるなんてことは全くないですが、多少なりともできることに対し、「うらやましい」と言われるのは、正直、「違うな」と思いました。
なぜなら、僕の英語の力のうち、天賦の才能によるものなんて全然ないからです。

小学生の頃から英語に興味を持ち、中学からは洋楽を楽しみながら、いかにネイティブの英語の発音をすることができるかに日々精進しました。
また、大学では敢えて英米人の先生の英語のクラスに入ったり、就職も外資系に入り、敢えて英語の世界へ突進しました。
海外出張に行けば、英語で100人の敵と対峙しないといけません。
「うらやましい」などという状況は皆無なのです。人から与えられたものなんてないのですから。

僕の意見では、英語の文化的なものとかネイティブの発音をすること、あるいは論述をしっかりすることは、短期の勉強では無理です。やはり小さい時から英語に関心を持たないと難しいと思います。
しかし幸いなことに、実用的英会話は大人になってから、短期間でも十分に上達することができると思います。
各種英会話学校や英字新聞、英語のインターネット放送など勉強すれば、十分な実用英会話は可能だと思います。

次は音楽です。
音楽は全く一言では語れないほど奥の深いものです。
今日ここで、敢えて音楽の楽しみ方を二分するとすれば、与えらえたものを忠実に演奏(または歌う)ことと、自分で考えながら演奏(または歌う)ことです。
(本当は、作曲とか自作自演も挙げるのがよいですが、話が複雑になるので、ここでは省きます。)

どちらも立派な音楽ですが、僕は徹底して後者を追求してきました。
子供の頃に母親から強制された前者の音楽は苦痛そのものでした。「もう、音楽は嫌なもの」という感じですね。

そこで僕の場合は、ロックに開眼し、コードや耳コピを核とする音楽を楽しみ追求してきました。
実はこれは時間がかかります。数十年はかかります。短期ではできませんね。
ローマは1日にして成らず(Rome is not built in a day)です。

しかし前者は短期でできるのです。
例えば、50過ぎで初めてピアノを始め、すごいレベルまで行った人を僕は何人も知っています。こういう場合、主にクラシックピアノですけどね。
僕に言わせれば、先生に付いて楽譜に書いてあることだけを演奏するなんて面白みゼロのように感じてしまうのですが、これはこれで奥が深く、立派な音楽の追求の仕方です。
ただし、こういう方々は耳コピとか、相対コード感覚がない方がほとんどです。

やや話が脱線しました。失礼。
このように、何十年もかけて成就することと比較的短期でできることは、それぞれ確実に存在します。
ならば、できれば、両方を獲得したほうがいいように思います。

ということは、若い時に始めなければならないことは確実にあると思います。
そうした教育は残念ながらあまりありませんね。
学校でも、家庭でも、社会でも、一度そんなことを論じてみればよいと思います。

では、明日から3月。
節目の月ですので、みなさまのご健康とご多幸をお祈りします。

2018-3-4(日)AM8:00追記
昨日23時頃にはカウンターは299987人でした。
寝てしまいましたので、どなたが30万人目ちょうどに訪問いただいたのか特定できません。
訪問履歴を見れば大体は数名の方に絞れるので、その方には記念の念波を送らせていただきました。

実を言いますと、FC2のカウンターは正しくないのです。
僕のブログのカウンター表示のところにカーソルを持っていきますと、毎日の訪問者数の推移の棒グラフが見られます。
棒グラフは毎日300人弱くらいの訪問者数を示しています。
しかし訪問履歴には毎日400名くらいのFC2会員さんの足跡がついています。
一般の方や足跡を付けないFC2会員さんを含めるとさらに多いと思います。
ですから、30万人という数そのものにはそれほどの意味はありません。
また、僕の場合の設定は、同じ人が訪問する場合、日が変われば新たなカウントになりますが、同じ日に2回以上訪問してもカウントは1回のみです。
このような設定が果たして本来の累積訪問者数の正しい姿を反映しているのかどうかもわかりません。

要は、とても多くの方に支えられていることの感謝を忘れてはならないと思います。
これからもどうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト



テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは。
30万人突破おめでとうございます。
残念ながら30万人目は私ではなかったようです(^-^;

今日のタイトルとはちょっと話がそれてしまうかも
しれませんが、最近自分の年齢的なものがそうさせるのか
老後のことをよく考えます。
(ST Rockerさんにはまだ先の話ですね)

いわゆる健康寿命を考えると私の場合あと約15年。
老後を毎日テレビを見て過ごすのはあまりにもったいない。
でも、短い期間でできるものも本題のお話のように
あるかもしれないけど限られる。

結局未だにやっているのは子どもの頃から好きだったことや
若い頃からやっていることだったりします。
人によって、語学だったり、音楽だったり、スポーツだったり
色々だと思いますが、長い間かけて培ってきたものが
あるかどうかが、老後を楽しく暮らせるコツなのかなと
考えたりする今日この頃です。

No title

凄いですね!

月並みかもしれませんが、
「おめでとうございます」

がじゅまるさん

おはようございます。いつもありがとうございます。
30万人目ががじゅまるさんではなかたっとしても、僕はがじゅまるさんにはとても感謝しています。

僕も老後のことを最近よく考えますよ。
まだ先どころか、既におじいさんの領域に入ってきました。
健康寿命、ほんとにそうですね。
今回の記事では、長い時間をかけないとできないことと、短い時間でもできることは分けて考えなくてはいけないことを書きました。
おっしゃるように、若い時から培ってきたことを生かすのことがまずありますけど、これからできることは短い時間でもできることはいっぱいあると思います。

要は、そのへんをよく使い分けてやっていけばいいのではないかと思います。
いろいろありますけど、なんとかうまくやっていきたいです。
ぜひお互いに頑張りましょう。

アキローさん

おはようございます。
お祝いのお言葉をいただきとてもうれしいです。
これからもよろしくお願いします。
今日もよい日でありますように。

No title

30万人!すごい数字です!実際にはカウンターの数字以上の訪問者があるということでますます凄いです!
心から祝福申し上げます💓

> 寝てしまいましたので、どなたが30万人目ちょうどに訪問いただいたのか特定できません。
⇨もし起きていればかなり確実に絞れたということでしょうか?
そういえば以前、ミクシィの「足跡キリ番レース」で盛り上がったことがあったのを懐かしく思い出しました。
本気でやろうとすると、足跡をつけるほうも確認するほうも、PCの方にへばりっつきになっちゃいます(笑)

>要は、とても多くの方に支えられていることの感謝を忘れてはならないと思います。
⇨文字通り STさんとは桁違いのレベルですが、私も全く同感です。

ではでは。これからもお互い健康に留意して、人生をますますエンジョイしていきましょう!

私はタワシさん

こんばんは。
とてもご丁寧なお祝いの言葉をいただき、ありがとうございます。
そうですね、起きていれば多分その方を正確に特定できたと思います。
mixiでの足跡キリ番レースですね。
mixiはタワシさんは随分ご活躍で、すごいですね。
mixiはブログとはまた違う活動の場が開けますね。
はい、みなさまに感謝し、まさに成人式のつもりで頑張りましょう。
春はまだまだ先のようです。
ご自愛のほどお願いします。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード