FC2ブログ

日本人は組織になって初めて考え行動することができる

2018-03-31 14:00 記事の最後に録音を載せました。

みなさまこんばんは。
こちらでも今週桜が開花し、今日あたりは満開に近くなっています。
東京ではもう終わりに近づいていますね。

今日の要約
・佐川さんの証人喚問の歯切れの悪さは、日本人特有の「組織の中の個だけでは考えたり行動できない」性向にも起因すると思う。
・しかし、組織となると魚の大群の如く、考えたり行動したりする素晴らしい力を発揮するのだ。それこそが日本の力でもある。
------------------------------------
最近の電車内の困ったちゃんは、キャスター付バッグとリュック(混んだ車内で平気で背負っている)でしょう。
これらは一時期マナーが向上したと思っていましたら、またはびこってきました。世代交代が進んだからでしょうか。
かつて、1つのドア当たり必ず一人はいた”シャカシャカ族”(イヤホンの音漏れ。ディスコ曲のような2、3種類しかないドラムパターンを大音量でずっと聴いている)はほとんどいなくなりました。これは主にイヤホンの性能向上によるものでしょう。
それから、困ったちゃんというほどではなかったですが、かつては若い女性は、電車が駅に到着する時、完全に停車してからでないと立ち上がらなかった人が多かったのですが、今ではあまり見かけなくなりました。
かつては7人掛けの席に6人しか座らないことがよくありましたが、今では、7人掛けを意識している人が多いようです。
マナーの流行りすたれがあるとはおもしろいものですね。

人を丸ごと飲み込む。
人間関係を打破する可能性のある大事な考え方の一つです。
しかし、丸ごと飲みさえすれば全て解決するわけでもないのです。丸飲みしてもなお問題のある場合もあります。
そんな時は、丸飲みしたことにより相手の理解が進んだ先の問題ですから、思い残すことなく踏ん切れるのでしょう。
ああ、しんど(>_<)

佐川さんの証人喚問。
ああやはり、という感じでした。
ただ、ちょっと耳に付いた発言は、「その点に関しましては刑事訴追の可能性がありますので回答を差し控えさせていただきます」というもの。
「え、なんやそれ!?」って感じですよね。

偽証すれば罪に問われる証人喚問ですけど、言えば罪に問われるから言わないなんて、なんか矛盾してません?
共産党の小池さんが「そんなことなら証人喚問の意味ないじゃん!」と檄したのもわかります。

でもこれって、日本の犯罪者の人権を保護するために許されている主張なのだそうです。
身を切って真実を語ることにより、かえって自らが不利益を被るのは酷である、という発想でしょう。

今回の証人喚問を見て改めて感ずることは、日本の組織というのは果たして一人の人間がどの程度の影響力があるのかということ。
日本では通常、ある組織が何かを決めそれを実行するのには、その組織の「総意」によるものでしょう。

僕の長い会社員生活で、部下との面接において、「ところで君はこれからの会社生活をどのように考えていくつもりか?」と問いかけた時、明確に自分の考えなり目標を答えた部下は一人もいませんでした。
皆、なんとなくこんな風に仕事をしていきたい、のようなことを言うだけでした。
だからと言って、彼ら彼女らが頭が悪かったり努力が足りない訳ででは全然ないのです。

こうした人たちが組織としての総意で考え実行することはすごく大したものです。
これこそが未だに日本の競争力です。
公務員でも同じことでしょう。

だから僕はこのこのことを”集団智”(僕の造語です)と呼ぶのです。
組織一人ひとりは独立して考えたり行動したりすることはできないけど、組織全体が一つの脳をもち、一人の人間のように振る舞うのです。
喩えるなら、イワシのような魚が大群で泳いでいる様です。あの塊はまるで一匹の魚ですよね。

この特徴は決して日本以外では見られないのです。
中国人も台湾人もマレーシア人も、どんな会社であり組織の一員でも、一人を捕まえると例外なく、その人なりの明確な考えなり目標を持ち、行動するのです。
もちろん組織の連携はありますけど、あくまで個が主体です。
韓国は少し前までは日本的なところもありましたが、今では違います。

だから、日本人は外国人に比べると一見ひ弱に見えます。
でも、その組織全体が示す力は今なお競争力があるのです。

本当に不思議ですけど、大事な日本人の力ですから、これからも守っていきたいですね。

さて、佐川さんは同い年。
ある意味では頑張ってほしいです。
白髪こそあるものの、あの超ボリュームのある髪と皺のない顔は、とても60には見えず、驚きですね。

2018-03-31 14:00追記
みなまこんにちは。
年度の変わる時期、かなりお忙しい方も多いことと思います。
僕は年度とはあまり関係ない理由でかなり忙しいです。
ほんとは録音なんかしている暇はないんですが、こんな時こそやりたくなります。
何回か前の記事で、インターフェースによりライン入力ができるようになっため、ノイズがなくなったと書きました。
チャンネルを無限に増やしてもノイズはゼロという理屈です。
そこで、今回は、The Long and Winding Roadにドラムを加えてみました。
ドラムの1つのパートごとに録音して1チャンネル占有にするというぜいたくなやり方です。
各パートを左右自由の位置に配するというよだれものが可能になりました。
一応、ノイズなしのピアノ、ボーカル、ベース、ドラムの構成になりました。
しかし、リズムが甘いという課題も浮き彫りになりました。
次回はギターかオケ楽器を加えるかもしれません。

イヤホンで聴いてください。
スポンサーサイト



テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード