FC2ブログ

水曜日は何が何でも定時で帰ると決めている

みなさまこんばんは。
いつもご愛顧ありがとうございます。
GW前の週、いかがお過ごしですか?

今日の要約
・僕は水曜は、定時で仕事を終え、アルコールをいただきながら記事を書き、時々音楽、という無常の喜びを得る日である。
・毎週1回、なぜ定時で何が何でも仕事を終えることが必要なのだろう?
-----------------------------------
前回記事の"human being"(英語で「人間」のこと)については、手前勝手な感想ですみませんが、手応えがあったと感じています。
いいですね、この考え方。
でも、他の動物を支配したい気持ちでこのように呼ぶムキもあるかもしれません。

それから、人間の処理能力を超える文明の利器(メールやネットやスマホ等)は人間らしさ(つまりhuman being)を失う、と書きましたが、もちろんよい面もあります。そでなければ、こうしてブログを書いているわけもないでしょう。
ならば、よい部分だけをやればいいじゃないか、となりますが、そうはいかないところが問題ですね。

さて、今日水曜日は、僕は、何が何でも仕事を定時に切り上げ、お酒をいただきながら記事を書くと決めています。
よほどのことがない限り例外はありません。

お酒は人生最大の友達です。これまでの人生を形作ってきた相棒であります。
でも、毎日飲んでは体に悪いと思い、水曜と日曜だけに決めています。

書くことも好きで好きでたまりません。
理系ではありますが、現代国語も好きでした。
世の中でブログが流行る前に個人のブログ的なホームページが流行っている時期がありました(1995~2005年頃)。
僕はその頃、ホームページで自分の考えていることを書きたくて仕方なかったのですが、やり方がわからなかったために、メールでいろんな人に発信するのがやっとでした。
そしてようやく2009年にブログを始めることができたのでした。
しかしそのブログもやり方がよくわからなく、本格的に記事をアップし始めたのは2010年でした。

すると、怒涛のように記事を書き始めました。
車で通勤する時に頭に記事が2つも3つも湧き、常に記事の候補が大幅に溢れている状態が何年か続きました。
そして、2年くらいまえには、ようやく新しく考えることが尽きてきた感が芽生え始めました。
だから、これから先は新規なことを発信するよりも、これまで発したことを取りまとめてプレゼンし、多くの方々の役に立っていただくことに注力したいと考えています。

ともあれ、こうして毎週水曜に定時で仕事を終え、お酒をいただきながら記事を書き、時々は音を奏でたりするのは、無常の喜びであります。

僕の会社では、結構前から毎週水曜をノー残業デーとして全社的に働きかけています。
これが始まってから半年くらいは定時に帰る人が結構いたのですが、今ではほとんどいません。
僕は今、定年後の再雇用ですので、部下もいないし、皆に「水曜はすぐに帰れ」と指示もできません。

上司でであるグループリーダーたちが、ノー残業デーにもかかわらず全く帰ろうとしないので、若い人たちは帰れないのです。
僕が事務所を出る時、若い人たちは僕のことをうらめしそうに見ています。

水曜に限らず、毎日定時で帰る僕より2つ上の先輩がいます。
でも、その人はただ仕事をやりたくない理由のようですので、あまり仲間には入れたくありません。
ちなみに、その人は自分のロッカーに背を向けて着替えるので、具合がよろしくありません。
皆、自分のロッカーに向いて着替えればお互いの恥ずかしい姿を見なくて済むのですが。(当たり前の話なんだけどなあ)

ノー残業デーを頑なに守ることにどんな意味があるのだろう? と思う人もいるでしょう。

では僕の考えです。
毎週水曜完璧に定時で帰ることにより、必然的に仕事の優先順位と効率を死ぬほど考えるようになります。
労働時間が他者よりも下回るわけですから、他者に迷惑を与えないよう、そして自己の責務を上げ成果を上げるよう、死ぬほど考えるようになるのです。
逆に、水曜も残業するなら、時間をこなしたことに満足することになるでしょう。

おい、そこのグループリーダー、聞いてるか!?
スポンサーサイト



テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード