FC2ブログ

男は体制(考え)をぶっ壊すことが生き甲斐

2018-5-5(土)19:45記事の最後に青字で追記しました。

みなさまこんばんは。
GW、早くも前半を過ぎてしまいました。早いですね。
いかがお過ごしでしょうか?

過激だけど、学ぶべきことが多い、と僕が考える3人の方を今日は紹介させていただきます。
--------------------------------------
多くのブログを拝見していると、ある傾向があることに気付く。
女性の方の多くは、何かの記事とか本で誰かが語っていることを紹介する。「こういうことを書いた人がいた」という感動の気持ちを伝えた上で、それが正しい前提で、その枠の中で話が進んでいく。
これに対し、男性が記事や本を紹介する時はニュアンスが違う。「私の考えることに合致する本が現れた」とか「この本はこういう点でよい」など、あくまで自分の考えに対してどうか、という話の進め方が多い。
僕はこれに関しては、圧倒的に男性派だ。

なぜなら、男は現有の体制や考えを壊すことに生き甲斐を持っているからだ。
僕の場合は、何を壊したいかと言うと、当ブログで何回も書いているように、主に次の2点だ。

1.正直者やまじめに努力する人がバカを見る社会
2.理系人間に対する偏見(田舎に追いやれ、薄給で、芸術や交流に疎く、社会の中枢に加担できず、専門のことだけやっていればよい、という見方)

従って僕は、現有の体制や考えを壊し新しい体制や考えへと改革したい人には、それがどんな分野であり、興味がある。
その意味で僕が平素注目する人で、一般にも比較的知られた人を、今日は3人の方を紹介させていただく。

ご3名とも過激な発言でも知られる。でも僕は、学ぶべきことが多いと考えている。

<武田邦彦氏>
http://takedanet.com/
かつて企業の研究所長、大学教授を勤めた後、現在は私立大学の教授である傍らにyoutube等で広く発言している。
あらゆる分野に精通し造詣が深く勉強熱心である。
特に、世の中の誤った考え方を科学の力で正しい方向に導くことに情熱を燃やしている。
例えば、政治的に利用されがちな地球温暖化や環境の問題を正しく理解することを広める活動など。
歴史にも詳しく、日本人自らが歪曲している歴史問題への偏見の是正なども。
ただし、いろんなことを勉強した人でないと武田先生の言っていることを理解しにくいかもしれない。(荒唐無稽なことを言う人だと捉えている人も多い)

<立花孝志氏>
https://www.youtube.com/channel/UCiZmE_sFczjxVGlksb0AIcQ
「NHKから国民を守る党」の党首であり、葛飾区議会議員。「立花孝志ひとり放送局」の社長でもある。
「NHKをぶっ壊す!」のキャッチフレーズのもと、連日熱い発言を展開。
元NHK職員であり、いろんな不正経理に自ら携わった。要職のカバン持ち的な存在であった。
NHKの数々の不正を内部告発し、退局した。
受信料の問題をはじめ、NHKの存在自体が諸悪の根源と考え、NHKをぶっ壊すことを目標としている。
youtubeによる発信をベースとした政治活動により裾野から社会を改革していこうという人間。
常に裁判をいくつも抱えており、また、訴えることや訴えられることを苦にしていないので、推定程度のことはどんどん発言している。
法律にかなり詳しく、法律は世の中でどう使われるべきか、法律はどう改正すべきかについての発言が多いので、勉強になる。
評論家の立花隆氏と全く同じ読みである。今や、孝志氏のほうが有名になってしまった。
なお、隆氏は正統派で著名な評論家である。田中角栄の犯罪を最初に暴くきっかけを与えた人である。あらゆる分野に関する著書が多い。隆氏の著書もぜひ読んでいただきたい。

<さゆふらっとまうんど氏>
http://sayuflatmound.com/
元はミュージシャン志望だったが、現在は社会活動家。
youtubeでの発信が主。社会問題やテレビの報道などにより大衆が洗脳されることへの問題解析が主なテーマ。
職業には就いておらず、寄付金が資金源。
現在の世の中の問題の根源は、いわゆる”支配者層”が大衆を誘導することにある、という。
つまり、国を支配する人たち(=勝ち組)が、テレビ等を通じて大衆に考える力をなくさせ誘導することにある、と。
事件の多くも”特務機関”により仕組まれたものだと説く。
国家間の戦争も実は国のトップらが組んで、国民を支配する構図だと説く。
陰謀論とは違う。勝手に妄想するのではなく、事実から導かれる結論だと説く。ただし、実証は必ずしも容易ではない。


これら3名の方が言っていることをいきなり鵜呑みにしてはいけない。あくまで自分の考えるスタンスの中で参考にする、というスタンスに徹するべきだ。
そうでないと、盲信していまい、いわゆる”信者”になってしまうだろう。
正直、これら3名の方には問題点も少なくない。そこはしっかり見ておくべきた。話の中には間違いと感ずることもある。
しかし、そうしたマイナス点があってもなお、とびきりのプラスを持っている。
3名に共通しているのは、頭がよく、勉強もしていて、改革のための考え方を開発している点だ。そのことだけでも価値は大きい。

僕に対し、「こんな人たちのことを聞いているのか」という人もいる。そう言う人は、これら3名の過激な部分とかしか見えていないのだろう。
もちろん、3名にはそれぞれ個人的な思惑がないわけではないだろう。でも、それが見え隠れするから彼らを否定してしまうのは、あまりにも近視眼的だ。

2018-5-5(土)19:45追記

みなさまこんばんは。
ついにGWもあと1日強となりました。
いかがお過ごしでしょうか?
僕は基本はやることをやっているのですが、少しは息抜きしています。

長年の課題曲の弾き方がついに最終決着しましたので、2番目に記事に載せました(トップに載せるほどでもないので)。よろしければご覧ください。

今日の夕方、気分転換に筑波山の麓まで行きました。
りんりんロードから、夕日をいっぱいに浴びた筑波山を撮ります。

20180505_174907 - コピー

逆さ富士ならぬ逆さ筑波がきれいです。

こちらは、田植えの終わった田んぼ。水面(みずも)を流れるそよ風が気持ちいいです。

20180505_174855 - コピー

向こうの頂上に電波塔の見える山は宝筐山です。
最近人気の出てきた山です。

ではみなさま、最後のGWをゆっくりお過ごしください。
スポンサーサイト



テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは。
GWもいよいよ終わりですね。
充実した日々を過ごされたのではないでしょうか?

今回紹介された3人の中で武田邦彦さんは知っていますが
あとの2人の方については殆ど知りませんでした。
機会があったら調べてみたいと思います。

ところで、いつも思っているんですがST Rockerさんは
普段かなりお忙しいとは思うんですが息抜きの仕方が
素晴らしいと私も見習いたい思いです。

息抜きに運動されたり、ドライブに出かけたり、楽器を演奏されたりすることはとっても気分転換に良いことだと思います。
2番目の記事のCoffee Break Beatles No.192 「ついにBlackbird弾き方最終決着!」でのBack Birdの弾き語りとてもよかったです。
過去記事でも何度か演奏されていますが、今回のギター演奏が一番好きですね。

がじゅまるさん

こんばんは。
いつもありがとうございます!
本当にいよいよ終わってしまいます。
いろんな事情で完璧にはオフにできないのが、毎度悲しいGWではありますけどね。
けど、充実した1週間でしたよ。がじゅまるさんもきっとそうでしょう。
今回紹介しました3名の方はぜひ機会ありましたら、youtube等聞いてみてください。
それぞれにすごく個性があり過激なので、そっちばかりが一般には目立ってしまってますけど、勉強になることが多いです。
気分転換の件、ありがとうございます。
実は、つい先ほども計5kgのおもりをまとって2時間歩行しました。すごく気持ちいいです。
そして今、一杯やっちゃってます(^^)
Blackbirdのこともとてもうれしいです。
物事いつかは成就するものですね。なんて、大げさですが。
ほんとはもっとスムーズなんですよ。こうやって録音すると緊張しちゃって(笑)
あとは練習あるのみです。
がじゅまるさんも素晴らしい気分転換をおやりでしょう。
GWあと何時間かですけど、ぜひゆったりお過ごしください。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード