FC2ブログ

気後れすることこそやるべきだ!

2018-6-10(日)20時、末尾に青字で追記しました。

みなさまこんばんは。
ついに梅雨入りしましたね。
でもこれが日本らしいところです。
梅雨も楽しみましょう。

今日の要約
・起業家およびその計画のある人たちの集まりに参加した。
・自分が好きでやっているにもかかわらず、とても新進的な集まりなので、気後れしてしまう。
・しかし杞憂だった。想像よりはるかに有意義だった。
・気後れすることこそやるべきだ。それが僕の人生観だ。
------------------------------------
数日前の池上さんの番組でロシアのプーチン大統領のことをやっていた。
よくも悪くも話題の多いそんなプーチン大統領のおもしろ話を紹介していた。

年に1回、テレビの特番としてプーチン大統領は視聴者のどんな質問にも答えるそうだ。
そのいくつかを紹介していた。
3才の女の子の質問「3つのお願いは何ですか?」に対して彼は「人間、一生懸命働くことこそ生きる道だ」のような答えを言ったそうだ。

これに関しては僕も全く同感だ。
戯れで何か願い事を夢想する喜びとか、願い事は何かを交換し合う喜びなど、努力の先にある喜びに比べれば桁違いに小さい。
ただ、敢えて言えば、「神様は必ず見ていてくださる」ということか。
人がひたむきに努力したり、正直に頑張っている姿を神様は必ず見ていてくださるので、必ず報われるだろうということ。

さて、前回の記事で書いたように、今週の月曜に、起業家およびその計画のある人たちの集まりに行ってきた。
つくば市の起業を支援する組織の主催だ。僕は3年前からその組織から支援を受けている。
ここつくばは、”日本のシリコンバレー”と言ってもいいほど、頭脳と活気に溢れている。
僕はこの約束の地で何らかのビジネスを起こすつもりでいる。
試行は既に開始している。

この組織の主催する集まりには何度も参加してきた。
素晴らしい人々の集まりである。

でも、毎回毎回すごく気後れしてしまう。
なぜなら、皆偉大な人たちであり、僕のような力不足の人間が参加したらバカにされてしまうかもしれないと、思ってしまう。
自分が好きでやっているにもかかわらず、だ。
今回もすごく憂鬱だった。

でも、実際出てみると、全く杞憂だった。
何よりも、夢を追い求める人たちの会合。人をけなすことなどはない。
僕のビジネスアイデアに目を輝かせて聞き入ってくれた人がいっぱいいた。
一人は僕の事業計画書も受け取ってくれた。
また、一部の人には確実なニーズもありそうだった。
また、ある方は、僕の経歴を見て、現実的なアドバイスをくださった。

こんなことは、今の会社にいるだけでは全く得られないことである。
今の会社の中での切磋琢磨も決して無駄ではない一方、「それが全てだ」なんてことは全然ないことに気付かせてくれる。
出てよかった。
いや、絶対に出るべきであった。

したがって...気後れすることこそやるべきた!
僕の絶対的な人生観である。

年取れば気後れが楽になるわけではない。
いくつになっても、気後れは気後れだ。
考えてみれば、若い時から気後れすることを無理にやってきた。
その度ごとに「やってよかった!」と思うことばかりだった。

ややしんどい人生ではあり、苦労は絶えないが、満足している。
もし、あと10回人生を繰り返すことができるのなら、一度くらいは楽ばかりやっている人生か、一度くらいは女性の人生もやってみてもいいと思っている。

ちなみに僕は、女性のことは尊敬しているが、(今のところは)自分は女性にはなりたくない。
その最大の理由は、女性という美しい存在にアプローチする喜びができないなんて全く虚しいから。
そして女性は、感覚で物事を良しとしたり悪しとしたりすることや、スイーツで和を作るので、正直、そんなことは全然したくないのである。(スミマセンm(__)m)
しかしアンケートによれば、「次の世も男性に生まれたい」という」回答よりも「次の世も女性に生まれたい」という回答の方がずっと多いそうなので、僕が見えていない醍醐味溢れる「女性道」というものがあるのだろう。

以下、2018-6-10(日)20時、追記。

多くの方はスーパーのレジで待つのは嫌だと思いますけど、僕はとりわけ嫌である。
でも、スーパーのレジは、いくら籠いっぱいのお客さんが前にいようとも、店員さんから金額を告げられてから財布の中の小銭をのんびり探す人がいようとも、やがてほどなく自分の番になるのである。

ところがクリーニングとなるとちょっと様相が異なってくる。果てしなく待つことがあり得るのだ。
半年分くらいため込んで持ってくる客、初めての客、クレームがある客、特殊な洗濯を頼む客....。
そして、さんざん待たせた客に限ってあいさつの一言もない。
っていうか、クリーニング屋ではあいさつを聞いたことがほとんどないし、こちらが次の人にあいさつをしても返事さえないことが多い。

久しぶりの愚痴で失礼しましたm(__)m

さて、そういえば書くのを忘れていたこととして、このブログで書いていることは僕の100%ではないということ。
つまり、僕の一部でしかないということである。
僕にはすごく悩んでいることや、癒しを求めたいことや、生い立ちに関するハンディとか、いろいろあるのである。

そうした僕の部分は、友人とか会社の人とかブログでかかわりのある方などからとてもお世話になっている。
僕が毎朝訪問させていただいている毎朝のブログにおいても素晴らしいブログがたくさんある。

そんな中、僕がみなさまへぜひ紹介したいのは、何かの障壁を乗り越えてを達成した喜びは、最大の癒しであるというとである。
しかも、一見ただの苦労に見えることでさえ、それを主体的に捉え、むしろこちらの課題として置き換え達成することこそ最大の癒しなのである。

デフレで意気消沈の経済を立て直すのに、「高圧経済」という言葉があるように、人間の気持ちを高揚させるのに、癒しだけではなく、「攻め」の考えも時に必要だと思う。

スポンサーサイト



テーマ : お知らせ
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ご訪問ありがとうございます。(^^)

ご無理せずに健康に気を付けて、人生を大いに謳歌してください。(^^)

ゆるゆるさん

こんばんは。
こちらこそご訪問ありがとうございます。
コメントをありがとうございました。
気後れすることをやること自体は、自分にとってあまり無理なことではないと思っていますので、今のところ大丈夫かと思いますが、お言葉をありがたくいただきます。

No title

ST Rockerさん、こんにちは!
前記事(例の計画)に続いての今回の記事ですね。
気持ちのうえで参加することへの気後れはあったにしても、
夢をもって前に向かって歩んでいる方たちの集まりなので、
刺激や活気のある有益な集まりだったのではと思います。
仕事仲間との飲み会も楽しくストレス発散にはなりますが
建設的なものではないですものね( ;∀;)
興味はあっても見ず知らずの人たちのいる集会やサークルに
飛び込んでいくのは、20代と違って段々億劫になっていき
ますが、色んなことに挑戦されるのは素晴らしいと思います。

さて、「生まれ変わったら」ですが、
ポテ子はまた女性がいいです(^-^;
ST Rockerさんのような素晴らしい男性もいる一方で、
職場では尊敬できる上司に当たらなかったこと。
政治の社会を見ても権力を笠に着て失礼な発言を繰り返す大臣や
忖度を繰り返す官僚ばかり。
会社においても保身の上司と上司の顔色伺いの部下の構図を
見ていると、嫌気がさしてきます(._.)
社会全体を見ても女性の方が許容範囲が広く、ものごとに
柔軟に対応できる能力があるように思います。
ま、でも一度くらい男性に生まれてもいいかな(笑)

ポテ子さん

こんばんは。
いつもありがとうございます。
はい、前回からの記事です。
確かに起業を志す人たちの集まりは刺激的でしたよ。
刺激的な集まりはいろいろありますけど、その中でも際立ってましたよ。
ポテ子さんもきっとそうした集まりはあると思います。
さて、「生まれ変わったら」のお話。
なるほどですね、そうした男性たちの数々。
それは無理もありません。
同じ男性として同意いたします。
もう少し前の時代ですと、もっと違った男性もいたのではないかと思いますけどね。
それにしても、本来の男としての本能は本当は違うように思います。
女性が許容範囲広く、バランス感覚に優れ、あまり間違った方向には行かないように考えることができるということについて、本当にそう思います。
生物学的に言えば、今と同じ性にまた生まれたいと思うことは自然なことかもしれませんね。
でも、男もいいもんですよ(^^)/
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード