FC2ブログ

定時後にリフレッシュ

みなさまこんばんは。
いつもご来訪ありがとうございます!
先ほど、ブログ開設以来の累積訪問者数が33万人に達しました。
深く御礼申し上げます。

今日は水曜なので定時退社の日でした。
筑波山麓でリフレッシュしてきました。
----------------------------------
実は、(僕の場合だけかもしれないが)訪問者数カウンターは正確ではない。
訪問者履歴の数と全然合わないからだ。
だから、数字そのものの具体的なことがどうのというよりも、こんなに多くの方に訪問いただいていることに感謝しなければならない。
もう少しすると、333,333人をカウントすることになる。3が6つである。なかなかない瞬間だ。
どなたか、このラッキーナンバーを踏んでいただきたい(^^)/

僕は毎日、筑波山の近くを通って車で通勤している。
職場からも筑波山の雄大な姿を間近に眺められる。
日本百名山の一つでもあるので素晴らしい山だし、その周辺も含めて自然、植生、環境、食べ物、人情が豊かな所である。

僕の職場は毎水曜は定時(5時)で帰るルールになっている。業務を効率化しオフを充実させるためにマネジャーが率先して実行し部下を指導しないといけない。
しかし、多くのマネジャーがこれを守ったのは最初の数回だけだった。
多くのマネジャーたちは発想の転換ができない。

僕は毎週水曜には何がなんでも5時きっかりに帰る。
チャイムが鳴るやいなや、猛然とダッシュして帰るのである。マネジャーらにハッパをかけるように。
ある時、若者が言った。「僕も本当はSTさんのように水曜は早く帰りたいんですよ。でもできないんですよ。」
僕は残業とかがむしゃらにやることを否定しているのではない。多いにやればいい。
でも、週に1回くらいは何が何でもオフを優先することを断行しなければならない。そこまで切羽詰まらないと物事の良し悪しを判断できる感覚が研ぎ澄まされないからだ。

僕の場合は、水曜はこうしていつも記事を書くか、将来の仕事の準備をするか、シンセサイザーを弾いたり、多重録音したりなどする。
今日は、大分日が伸びたこともあって、久しぶりに平日に運動をしようと思い立った。

僕は週末には必ず、手足に重りをまとって長時間歩くトレーニングをやっている。
今日はそれを自然豊かな筑波山麓でやってみたくなった。

その名も「りんりんロード」。
31年前に廃線となった筑波鉄道筑波線の線路跡地を利用して作られた自転車と歩行者の専用道路である。土浦と岩瀬をつなぐ約40kmの道路だ。
筑波山の西側に位置し、南北方向の道路だ。
道が結構まっすぐだし、並木となっており、道端にはきれいな草花が多いし、筑波山をはじめとする素晴らしい景色を眺められるので、サイクリング、ウォーキングにはベストである。

これが通勤路。こんな感じで筑波山が見える。



通勤経路を少しだけ外れれば、りんりんロードに行ける。

車を置くのに便利なのは、旧筑波駅。りんりんロードのほぼ中間地点、すなわち筑波鉄道筑波線の中間地点にある。
当時のプラットフォームが残されている。ベンチ、トイレ、駐車場がある。





休日ともなると、多くのサイクラーがここで休憩したり、お弁当を食べたりしている。
こんな石碑も立っている。



かつては、筑波山に行く人は、この筑波駅を起点とした。
今でも「筑波山口」というバスターミナルが旧筑波駅の前にあるが、利用者は多分多くないだろう。
今は、筑波山に行く人の多くはつくばエクスプレスつくば駅からバスか、マイカーである。

今日はここに車を置き、重りを装着して歩行開始した。
これが地図。



これが重り。



大き目のが足用で1つ1.5kg。小さめのが手用で1つ1kg。計5kg。
中には錆びた鉄粉が入っている。
最近の重りはデザインも機能も大分よくなっている。マジックテープで脱着できるインナーの布があり、洗濯できる。だから衛生面でもバッチリだ。

今日はいい天気だし、気温もほどよく、車から降りるなり、筑波山麓の素晴らしい英気もいっぱい感じられた。
りんりんロードはこんな感じ。



この写真にはあまり写っていないが、道の両脇には桜の木は植わっているところも多い。
ソメイヨシノだけでなくいろんな種類の桜が植わっているので、長期間何らかの桜を楽しめる。

りんりんロード建設の決意を記した石碑がある。



ここにも書かれているように、りんりんロードは桜川とほぼ平行している。
岩瀬のあたりの桜が散って川に花びらが浮いていたことから桜川と名付けられたという話を聞いたことがある。

きれいな紫陽花も咲いていた。



少し歩くと、こんな綺麗な筑波山を望める地点に来た。



そしてさらに行くと、筑波山の連山をよく望める地点に来た。



筑波山というと独立峰だと思っている人が多いが、ご覧のように結構な連山なのである。最近人気の出てきた宝筐山なども見える。
もうすっかり青々と伸びた稲の葉もきれいだ。

りんりんロードは1kmごとにこのような標識が整備されている。



以前フルマラソンをやっていた時にここで練習していたら最高だっただろうな。走りやすいし、気持ちいいし、ラップをチェックするにもよい。

20分ほど気持ちよく歩いてから折り返し、ちょっとして撮ったのがこの写真。



そしてさらに少し行って、コースを少し外れて撮ったのがこの写真。りんりんロードの両脇の桜の木の数々である。



そして、全行程40分ほどを歩いたところでゴールが見えてきた。



無事ゴール。



とてもよいリフレッシュができたし、よいトレーニングをできた。
スポンサーサイト



テーマ : ウォーキング
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

>もう少しすると、333,333人をカウントすることになる。3が5つである。なかなかない瞬間だ。
⇨3が5つ?6つでは?
いずれにせよ すごい数字ですよね!
正確でないとしても、すごい数字であることはまぎれもない真実です!

りんりんロード制覇おめでとうございます。
重り装着で、っていうのがすごいです!本格的なアスリートですね!
天気がよく、暑すぎも寒すぎもしない日に、自転車で走ってみたいですね。

凄いですね

330108
今回の僕の訪問ナンバーです。
カウンターがどこなのか探してしまいました(笑)

333333 もし、踏んでも気がつかないかもです。
ちょっと気にしながら訪問してみようと思います。

私はタワシさん

おはようございます。
ご指摘ありがとうございました。訂正しておきました。
おかげさまでここまで来ることができました。
初心を忘れずに頑張ろうと思います。

りんりんロードの件もありがとうございます。
今回の40分というのは軽いエクササイズみたいなもんで、いつもの日曜は街中を2時間近く行軍します。
昨日は気持ちがリフレッシュできたことがよかったでした。
タワシさんも自転車でぜひお出かけください。

アキローさん

おはようございます。
いつもありがとうございます。
そのようにおっしゃっていただいて光栄です。
カウンターは確かに見つけにくいですね。
3のゾロ目、ぜひ踏んでください。
これからもよろしくお願いします。

No title

ST Rockerさん、こんにちは!
週に1日でも、それが無理なら2週に1日でも定時に帰る日を
作るのはとっても大事なことだと思います。
期限が迫っていたり、突発的な仕事やクレームでも入らない
限り、やろうと思えばできますからね。
残業は美徳でもなんでもない。

ところで、今回はたくさんの写真でつくば山麓を紹介して
いただきありがとうございます。
本当に自然に恵まれた素晴らしい環境でお仕事や日常を
過ごされているんだなと羨ましく思います。

そういえば昨夜NHKの歴史秘話ヒストリアで戦国時代の武将
小田氏治を紹介していました。
常陸の不死鳥と呼ばれ負け戦ばかりの武将だったようですが
領民や家臣に愛され、とっても長生きされたそうです。
りんりんロード近くに小田城址もあるんですね。
行ってみたくなりました(*^-^*)

ポテ子さん

こんばんは!
いつもありがとうございます。

残業に対する考え方、まさにおっしゃる通りですね。
そして、そう言えば昨日書くのを忘れましたが、クレームや緊急時はもちろん例外ですね。
きっとポテ子さんもしっかり実行されていることでしょう。

今回の記事を気に入っていただき、うれしいです。
よいところですので、ぜひいらしてみてください。
思い切って土浦から自転車を借りてりんりんロードを走ってくるのもいいかもですよ。

昨夜の番組、実は僕も観ていました。
でも他のことをやりながらだったので、ほとんど内容は分からなかったです。
ちゃんと見ればよかったです。
でも小田城の様子をやっているところだけは割とよく観てました。
常陸の不死鳥ですか。なんともいえませんね。人間味も溢れてますね。
なるほど歴史的にも由緒ある場所ですね。
でひいらしてください。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード