FC2ブログ

久しぶりのカラオケ

一昨日の金曜に久しぶりに飲む機会があり、そしてその後カラオケにも行きました。
なにしろアルコールは1月9日に飲んで以来でした。
こんなに長い間断酒したのは18歳の前半以来と思われます。

ここまでの我がお酒人生は実に波乱に富み、悲喜、喜怒哀楽、入り乱れて参りました。
よくも悪くも今の自分を形成する重要な要素であったことは間違いありませんので、全て後悔はしていません。

しかし一方では、健康面から言えば断酒は絶対に必要なことです。
今回の病気のようなことがなければ断酒の機会を失っていたことでしょう。

実際に1ヶ月半も断酒しましたら、体によいことをすごく実感できました。
同時に食べ物の量や質も改善したので、そちらの効果もあることでしょう。

一応理科系出身ですので、体の中で何が起こっているのかある程度想像できます。
アルコールというのは(ある一定量を超えれば)体にとって異物であるために、人間の体はまずは異物を解毒、排出することを優先させます。
アルコールが体内にある以上、そちら対策のためにエネルギーや機能が注ぎ込まれるわけです。
肝心な栄養の摂取や基礎代謝などの作用が後回しになってしまうんですね。
アルコール以外にも過剰な脂分ですとか、人工的な飲食物や薬物などの物質も、異物として人体はその解毒、排出を優先させるのだと思います。
その結果、肥満や病気が起こり易くなるのだと思います。

私はこの1ヶ月半、適正体重に戻り、太りにくい体となりました。感触として、食べた物が順調にエネルギーや栄養になっている感じがします。
気のせいか髪の毛も再び生えてきました。髪の毛への養分の供給は人体の中でも一番後回しだと言われています。よって人体が十分に健康でないと髪の毛まで栄養が回らないということでしょう。
私はこの数年、髪の毛を短くしないと見映えが悪かったのですが、もしまた濃くなれば、少し長く伸ばしてみたいですね。ロッカーですからね。

一昨日は実に久しぶりにちょっとアルコールを飲みました。特に最初のビールが飛び上がるほどうまかったですね。
「酒は百薬の長」と言いますから、これからは飲むしても適量。インターバルも十分に開け、惰性で飲むようなことは絶対に避けます。
カラオケではやはり高音に興味が集中しました。
こちらもかなり久しぶりだったので声の安定感がなかなか出なかったのは仕方ありません。
でもそんな中ではまあまあでした。

Don't Let Me Down、Let It Be、I've Got a Feeling、Oh! Darking、Rock'n'Roll(ツェッペリンの曲)などの定番をざっと歌いました。
Don't Let Me DownとLet It Beは裏声でなくバッチリ出ました。お陰でこの2曲は卒業です。
I've Gotのサビの絶叫はややごまかし気味ながらまあまあOK。あの高音と超低音のEのオープンポジションでライブ演ってみたいなあ。
Rock'n'Rollもごまかしだが、まあまあOK。とにかく「できるんだ」という気持ちで臨むと高音は本当に出ます。
唯一ダメだったのが、Oh! Darlingの最後の「レ」。こいつは全然出ませんでした。
でもまあいいか。なぜなら、ポール自身もこの音を後で一度も再現していないので(多分)。
69年から70年にかけ、ポールは超高音に挑戦し、レコード上ではその成果を得たものの、ライブでは再現不可能でした。
あそこまで無理しなかったら、その後のライブでもっと魅力あるボーカルを披露できたかもしれないことを考えると、複雑なものがあります。
スポンサーサイト



テーマ : ビートルズ関連
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード