FC2ブログ

いいのか悪いのか、僕のこの特徴

2018-9-18 21:30 声のことについて末尾に追記しました。

昨日アップした録音ですが、全体的な音のバランスが悪かったので、2018-9-17(月)11:45AMに再編集したverにアップし直しました。

みなさまこんばんは。
3連休いかがお過ごしですか?
今日は蒸し暑かったですね。
僕は5kgの重りまといしっかりトレーニングしましたよ。

今日の記事の要約
・ノーヒントで失礼しますm(__)m

おまけ・・・「さらば涙と言おう」多重録音
-------------------------
僕の特徴はいくつかあるのですが、その1つは人の誕生日を把握しているということです。
「把握」と申しましたのは、「覚えている」わけでは必ずしもないからです。
人の誕生日を「覚えている」ことに関しても割と自信あるのですが、覚える=記憶する、ということにこだわらず人の誕生日を書き留めておくことにより把握することについて、僕は特徴がありそうなのです。

僕は少し前までは自分のこの特徴を特別なものとは思っていませんでした。
だって、人の誕生日をもし知った場合は決して忘れてはならない、と思っていて、それが世の中の常識だと思っていたからです。

でもその”常識”は常識ではないことを最近知ったのです。
ある時、そのきっかけとなった象徴的な”事件”がありました。

時は約5年前です。
当時の職場の僕の机の前には、親会社から出向してきた、ある人が座っていました。その人をAさんとします。
ある時、ふとしたきっかけで、その人が生まれたのは、僕が生まれた日のちょうど10年前の1日後であることを知ったのです。
要するに、Aさんは僕よりもちょうど10年違いであり、誕生日はAさんが僕よりも1日遅いだけです。
僕としては、当然のことながら、こんな奇遇なことは忘れるわけはありませんでした。

そして、その翌年です。
Aさんの誕生日の日に、「Aさんお誕生日おめでとうございます!」と言いました。
すると彼はえらく驚いた様子で、「ええっ、何でご存知なんですか!?」と、飛び上がらんばかりの様子。
そこで、「昨年こんなことを話し合いました」と言うと、「あっ、そうなんですか!」と彼。

僕はがっかりしながらも、1回くらいこんなこともあるかもなぁ、と自分に言い聞かせたのです。

ところがです。
何と、その次の年も、またその次の年も、全く同じ会話が再現されたのです。
僕はショックを受けたのですが。
同時に、これを機に、ようやく、自分の常識は違うということに気付き始めたのでした。

その後、いろんな人と会話しながら、自分を確立しているところです。
誕生日を把握しやすい自分の性向は必ずしも悪くないことだとしながらも、人がそうでなくても、歓迎しよう、と。

同様なことが、人の顔を覚えやすいとか、車を転している時に知っている人の車が前後左右にいるとすぐに気付く、とかね(^^)/

こういう性格に生まれたのですから、仕方ないですね(^^)/

さて、今日のお遊びは「さらば涙と言おう」多重録音です。
あの有名な昭和46年放映の森田健作主演のテレビドラマ「おれは男だ!」の主題歌です。

自分で言うのもなんですが、僕は19~21歳頃には森田健作に似ているとよく言われました。
元々はそんなには似てはいないのですが、顔が濃いのことと、身長が森田さんとほぼ同じなのと、20前後は痩身であり、髪を真ん中分けしていたこともあって、結構似ていました。
もちろん、あんなにハンサムという意味ではなく、雰囲気がです。
よく電車なんかで、「あの人森田健作にそっくりだね」なんてヒソヒソ話が耳に入ったものです。

今は全く似ていません。
イカつい体つきになり、ゴリさんがニックネームです(^^)/

千葉県知事ということもあり森田さんには親近感がありました。
「おれは男だ!」も大好きでしたし、「さらば涙と言おう」も好きでした。
今でもあのドラマの動画を観たりこの曲を聴くと胸が熱くなります。

この曲を以前から多重録音したかったのですが、なかなか機会がありませんでした。
今日は3連休ということもあり、思い立ってやってみました。

youtubeで「おれは男だ!」の第1話の冒頭部の動画を見つけました。
「さらば涙と言おう」の簡略版が流れていました。
イントロが短く、歌も1番だけです。
多重録音には簡略版で十分と思い、このyoutubeを聴き込んで音を取ってみました。

昭和40年代の歌謡曲といったらラッパ、スライドギター、バイオリンですね。
この曲もそれらが象徴的に使われています。
特にこの曲はこれらの楽器が「青春」の雰囲気を盛り立てます。

この曲、作詞=阿久悠、作曲=鈴木邦彦です。
この曲、さわやかでシンプルなイメージがあったので、多重録音も比較的簡単かと思っていましたら、意外にも結構凝った作りをしているのでした。
使用している楽器は、判明しただけでも、トランペット、スライドギター、ベース、ドラム、ピアノ、ガットギター、バイオリン、チェロ、ハーモニカ。

ハーモニカ以外はどうにか録音してみました。
それぞれの楽器につき、ある程度音を取りましたが、もちろん十分ではありません。
ピアノは結構洒落たアレンジとなっています。ブルーノートの音を使ったような不協和音的なアレンジとなっており、この曲のイメージに貢献しています。
そのステキなピアノアレンジのごく一部だけ真似てみました。サビの部分です。

この曲のボーカルは、僕にとってはキーがとても低いので、音程を取るのが大変でした。

ほんとはもっと時間をかけてじっくり多重録音をして完成度を上げるほうがいいのかもしれません。
でも、短時間ながら森田さんへの敬意を込めて録音しましたので聴いてください。
できればイヤホンで聴いてください。その意味は、PCのスピーカーで聴くと完成度の低さが露呈してしまうことと、多チャンネルからミキシングして作ったために、左右の音の散りばめ方を聴いていただきたいからです。
「イヤホンではもったいない」とおっしゃっていただいた方がいました。その方はステレオセットにつないでいらっしゃるのでしょうか。



2018-9-18(火) 21:30追記
みなさまこんばんは。
僕の声についてコメントしてくれた方がいらっしゃいました。
実は僕は低音で歌うのが得意ではありません。音痴になってしまいますし、欠点であるガラガラ声が強調されてしまうからです。
僕は少年の頃から徹底してロッカーの高音に憧れ、特にビートルズのポールの音域に憧れて、自己流にトレーニングし続けてきました。
ある時、ビートルズのDon't Let Me Downのポールがシャウトする音である「シ」が表声で出せるようになり(50過ぎてからです)、それはそれはうれしかったのです。
5年前のことですが、Mr.へぼいさんと協演させていただいた録音を聴いてください。
Mr.へぼいさんのギターと歌はほんとに素晴らしいです。
そして僕の声も低音で歌うよりは少しは澄んでいることを聴いていただけると思います。
Mr・へぼいさんと夢の協演「Don't Let Me Down ←クリック

スポンサーサイト



テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは。
ST Rockerさんの把握力や記憶力は素晴らしいと思いますよ。
家族やごく親しい友人の誕生日は覚えていますが、ここ数年
加齢とともにそれすら危うくなっています( ;∀;)
誰でも誕生日を忘れずに覚えていてもらえるということは
嬉しいことなので、「いいのか悪いのか」じゃなく、いいことだと思います。

その記憶はカメラで撮った写真のような把握のされ方なのかな?数字の記憶は苦手ですが写真の記憶なら、この写真はどこというようにすぐ思い出すことができます。
把握のされ方もですが、きっと人間観察能力も優れているんだと思います。
ブログに書かれている記事の内容についても殆どご自分の記憶だけで書かれているということなので、記憶力もすごいんでしょうね。羨ましいです。

「さらば涙と言おう」懐かしく聴かせていただきました。
大好きな番組で当時の森田健作さんも好きでした。
今の森田さんにはあまり興味ないんですが( ;∀;)
多重録音、素晴らしいです♪

がじゅまるさん

こんにちは。
今日は暑いですね。
いつも心のこもったコメントありがとうございます!

誕生日を把握していることについてありがとうございます。
把握の仕方は、単純に記憶する場合もあれば、手帳にメモする場合もあれば、はたまた記事に書いたように1日違いのような特徴的な場合は感覚で身に付くとか、いろいろですね。
でも、たしかにがじゅまるさんおっしゃるように、何らかのイメージととともに覚えている場合が多いように思います。
能力というよりも、昔からそうすべきものだという思い込みだった気がします。

自分常識を他人に押し付けてはならないことを最近痛切に感じます。
あと、人間観察を無意識のうちに人よりもやっちゃっているんでしょうね。
果たしていいことかどうか(^^;

録音のこともありがとうございます。
うれしいです。
たしかに今の森田さんは大分変っちゃいましたよね。
自分はさらに変わりましたけど。
がじゅまるさんがコメント書かれてから直後に録音バランスを改良してアップし直しましたので、お手数ですがもう一度聴いていただくとうれしいです。
少しはマシになったかな、と。

では、残るお休み充実してお過ごしください。

No title

連休の最終日(と言ってもほぼ毎日休日ですが…)
久々にST Rockerさんの歌声を聞かせて頂いて有難うございます。
 懐かしかった ! !
やっぱりST Rockerさんの声質好きですね♪

私も人の誕生日を記憶するのがそこそこ得意かも知れませんが…それよりも身内に限らず人の命日をすぐ覚えてしまう時期が長くありました~
(最近は歳のせいか覚えるより物忘れの方が早くて)
誕生日と違い命日…にはチョット引かれますね。

MINAさん

こんばんは。
いつもありがとうございます。
拙録を聴いていただきうれしいです!
声に関しては自分自身ではガラガラ声なので劣等感です。
でも以前からそうおっしゃっていただけるので、素直にうれしく思います。
高音だともう少しだけ澄んだ声になるのですけどね。
楽器の数が多くて音を取るだけですごく大変でしたけど、こういうことって思い立った時にすごい勢いでやっちゃうのがとにかくいいみたいですね。
命日ですか。
僕はまだ命日のことに関してはまだまだヒヨっ子でして、身内の命日しか知らず、命日の取り巻く世界がどのようなものであるかを知りません。
いよいよ芸術の秋本番ですね。
それより酒の秋ですかね(^^)/
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード