FC2ブログ

気になる日本語表現5件を考えてみます

みなさまこんばんは。
3連休後の仕事のスタートは憂鬱でしたけど、スタートしてみるとまあまあですね。
「案ずるより産むが易し」。よい格言ですね。
今週金曜(12日)朝早くから日曜(14日)夕方まで外出し、ブログにはアクセスできませんので、失礼しますm(__)m

今日の記事はタイトルの通りですので、要約は省略させていただきます。
-------------------------------
開くと画面が真っ黒になってしまう方は、前回僕が記事で書いた夜の翌朝には正常に見られるようになりました。
とてもきれいな画像を拝見することができました。
僕以外の方でも同じように見えていた方が結構いらしたようです。
直ってよかったです。
しかしIで始まるタイトルの方は、今日もご訪問いただきましたが、まだ開くことができません。
何とかならないしょうか。

では、本題です。「だ、である」調で失礼します。

1.「お疲れ様です」
仕事が終わって職場を去る時、「お先に失礼します」と言う人に対し、昔は「お疲れ様でした」と言っていた。
最近の若い人は「お疲れ様です」と現在形で言う。
僕はこれについて最初はかなり違和感があったが、今は完全に「お疲れ様です」にした。
なぜなら、「お疲れ様でした」→「お疲れ様です」の変化は国語的な劣化を感じ取れず、単に時代的な要請からそうなっていると思うに至った。
ならば、今流行っている「お疲れ様です」を使う方がよい。
なお、概ね50歳以上の人は、トレンドが「お疲れ様でした」→「お疲れ様です」にシフトしていること自体を認識していない。

2.「やたらな『お』や『ご』の濫用」
最近は物事を丁寧に言うことが流行っている。
そうでなければキレる、のような両極端になってきているようだ。
テレビでも何でも取材に対しやたらに「させていただく」のようなオーバーな謙譲の表現を使う人が多い。
そんな中、斬新だったのは、今回ノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑さんだ。
テレビのインタビューでは毅然とした言葉使いをしていた。決して大衆に媚びることなく、むしろ、最初にコンタクトした製薬会社には「腹が立った」と発言していた。
ま、それはともかく最近はバカ丁寧な表現が多い。
本来、丁寧言葉であるはずの「亡くなる」に対し、「お亡くなりになりました」のような二重敬語。
あるいは、顧客に対し「お返事をいたします」のような、自分のことなのに「お」を使ったり。
これらに関しての僕の意見は、昔ながらの使い方を守った方がいいと思う。そうでないと、焦点がボケがちだ。

3.「誤った『が』の使い方」
本来、接続詞としての「が」の使い方は、言うまでもなく逆説だ。
例えば、次のような文章である。「私は精一杯選挙活動を頑張ったのですが、落選しました」。
でも最近は、順接とか、単なる万能的な接続詞としての「が」が幅を利かせている。
例えば次のような感じ。
「本日、自民党の総裁選が行われましたが、安倍氏が再選されました。」
NHKあたりも平気でこんな言い方をしている。
正しくは、「本日、自民党の総裁選が行われました。その結果、安倍氏が再選されました。」などであろう。
「が」に関しては、本来の逆説を外れた使い方をしていると日本語が劣化すると思う。
「しかし」、「だからこそ」、「にもかかわらず」などのような接続詞をもっと本来的に使う方が身のある会話ができると思う。

4.「とか」
「とか」は最近の物腰を和らげる表現である「させていただく」や「『お』や『ご』の多用」や「お世話になります」のような言葉の仲間と見ることもできる。
以前、野口悠紀夫さんが「『とか』とは2つ以上の例を並べる時に初めて有効な表現なので、一つの例を挙げるのに『とか』を使うのはけしからん」と言っていた。
野口さんの指摘は確かにその通りなのだが、僕は少し違う意見だ。
1つの例においても、その例を絶対視することなく相手のことを慮る発想で言っている感じだ。
だから、使い方によっては素晴らしい効果を生むと思う。絵文字が時に有効のように。
ただし、のべつまくなし(これって死語(^^)/?)使うのは避けよう。

5.「感心する」
わりと最近、やや年配の複数の方から「STさんは**をしているので感心します」というお言葉をいただいた。
「感心」なのでよい評価という意味だから、ありがたく思った。
しかし、僕のこれまでの理解では、「感心」という言葉を使う場面は限られていた。
例えば、親が子に、上司が部下に、年配者がとても若い人に対して、「君はこんなことやって感心だね」のような感じ。
少なくとも対等の人間付き合いではなく、上位者が下位者に対して「よしよし、よい評価をしてあげるぞ」のような感じ。
「他者に比べておまえは大したもんだ、その調子でやれ」みたいな。
大人同士の対等な付き合いにおいて、もし自分が薫陶を受けた場合には「感心」はいかがなものか、というのが僕の意見である。
もちろん、僕に「感心する」という言葉をかけていただいた方々が、僕の理解通りの「感心する」の意味でその言葉をかけてくれたなら、僕はそれはそれでありがたくいただく。
スポンサーサイト



テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは。

気になる日本語表現、ST Rockerさんのご指摘のとおりだと思います。
自分でも無意識のうちに誤った使い方をしているのではと反省しきりです。
「感心します」も言いがちですね。誉めるときに使う言葉なので確かに目上の人に対しては失礼にあたりますね。
気をつけないと(汗)

明日からお出かけですか?
お気をつけて行ってらっしゃいませ。

がじゅまるさん

こんばんは。
いつもありがとうございます。
勝手に思ったことを書きまくってしまいましたけれども、そのようにおっしゃっていただくとうれしいです。
こちらこそいろいろ教えてください。
はい、出かけますよ。
正直、超ユーウツなのです。
今、ようやく支度を終えましたよ。
残された時間、少しでも息抜きしますね。
では行って来ます。
がじゅまるさんもよい週末をお迎えくださいませ。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード