FC2ブログ

生き甲斐はお金ではない

2018-11-23(金) 7:40AM、末尾に青字で追記しました。

みなさまこんばんは。
なんか、週4日って久しぶりに感じますね。
あと1日ですよー。

今日の記事の要約
・タイトル通りなので、要約を省略させていただきますm(__)m
(最近、要約を省略しすぎ? はい、大変申し訳ございません)
------------------------------
いつも訪問させていただいているビートルズの情報の素晴らしいブログを拝読してわかったのですが、
あの名曲Let It Beの完成途上のバージョンの録音がこの度発表されたとのことで、聴いてみました。
詞は完成版とほぼ同じ、サビは同じだけど、メインの部分のメロディーは全然違います。
Let It Beって、あのメロディーでいきなりできた印象だったけど、こんな変遷があったなんて。
ビートルズ。お宝の秘蔵情報が次々に出てきます。さすがです。
でも、未完成バージョンながらすっかりビートルズサウンドなんですよ。

テレビの健康番組なんかで、「この食物を食べれば***の病気にならない」とか「この食物によりダイエットになる」とか、よく言われますけど、僕は信じません。
たった一つの食物で人間の健康が大きく左右されるほど人間の体の仕組みは単純ではないのです。
それよりも、生活態度とか食生活の考え方のほうが重要と考えます。

「なんとか健康法」とか「なんとかダイエット法」というのは、自分を律しられない人に対して商魂たくましく付け込んでいるのだと思います。

あの日産のカルロス・ゴーン会長が、役員報酬の不正申告をやらかしました。
億の単位の報酬なんて庶民から見ればとんでもない世界です。
既に十分過ぎるくらいのスタータスと収入を手に入れていたのだから、不正なんて働かなくてもよかったのに、と思います。

でも、人間の欲望というのは留まることを知らないのです。
1千万儲ければ1億、1億儲ければ10億、10億儲ければ100億・・・というのが人間の性(さが)なのです。

1週間に一度お酒が飲めて、1月に一度美味しいものを食べられて、1年に一度贅沢でもできれば、人間、幸せですよ。
それより、自分の力が生かせる仕事を思い切りできて、人様の役に立てることのほうがよっぽど幸せであります。
さらには、わが国の行く末に展望を拓く起業を完成させたい。

あとは、仕事上のストレスフルな輩とどう伍するかだけです(^^; 

2018-11-23(金) 7:40 AM追記

みなさまおはようございます。
今週もようやく終わりましたね。
この1週間もおつかれさまでした。
久しぶりの3連休ですね。

ゴーン会長の問題はいろんな背景がありそうで、単純な図式ではないかもしれません。
しかしいずれにせよ、トップ経営者に何十億も与えるという欧米式の考えは好ましくないと思います。

昔から「技術の日産」と言われ、法外な報酬などとは無縁の純粋な技術者魂が日産を築き上げてきました。
また、日産の営業は本当に素晴らしくて、よい車を庶民に売りたいという気概に満ちていました。

僕の今の車は日産です。OEMなので、製造元は他のメーカーですが。
実は今の車を僕に売ったディーラーは様々な問題がありました。
その最たる件は、最初の購入時、店頭で車を引き取り自宅まで行く途中にガス欠になってしまったのです。わずか1.5kmくらいの間にです。
もちろん大文句を言いましたが、担当営業マンは謝罪せず、その言い分が振るっていました。「だって、一番近くのガソリンスタンドでガソリン入れてくださいって言いましたよね」と。
たしかに一番近いスタンドはディーラーのすぐ裏にありました。
そしてその後、数々の問題をそのディーラーに感じたので、ある時、切りました。
同じ日産系のディーラーへ替えたのではなく、日産からは縁を切りました。その結果、とてもうまく行っています。
昨年、リコールがあったので、再び日産のディラーに一度だけ行かざるを得ませんでした。買った所とは別の営業所でしたけど。すると、営業所全体の感じ悪さを感じました。

日産全体が今こんな感じかどうかはわかりません。
でも、本来、技術や営業の地道な努力で支えるべきところ、トップがドラスティックな経営を行い、数十億の金にまみれている状況では、ディーラーから魂が抜けていくのは当然とも思えるのです。

わずか1種の食物が人間の健康やダイエットに飛び切り効果を与えるなどと言う医者はインチキだ、とう件で少し補足をします。

よくテレビでこの手の話をするのは、たいてい個人で医院を‏やっているお医者さん(いわゆる”町医者”)です。
そもそも、町医者というのは「研究」をすることなんてできません。
食物と健康の関係などの大規模な研究は、かなり大掛かりな手法、設備、組織などを必要とします。
また、かなりの統計的な手段も必要とします。
つまり、物、金、人を総動員してかからないと、そんな結論は導き出せないのです。
町医者が本業の片手間にそん大がかりな研究を行うことなど全く不可能です。
よって、町医者が言う「この食物を摂るべき」というのは、他の情報源の聞きかじり、もしくは自分の数少ない実施例に基づく思い込みに過ぎないと思います。

もう一つの点は、医者というのは病気を治すことを訓練された専門職です。(特に西洋医学の場合)
健康な人間をさらに健康にしたり、減量することの専門家ではありません。
薬に関して言うと、ある病気を治すためにどの薬が効果的であるかの情報を医者は持っていますが、薬の作用について医者が知っているわけではありません。
従って、食物や薬の作用をしたり顔で言う町医者は要注意です。
営業マンが自分の顧客との対話のみから市場の動向について結論してはいけないことともやや似ています。(市場の動向が顧客と営業マンの間に集約されている訳ではありませんから)

テレビ番組で、ある町医者が主張する食物の効果を、視聴者を10人くらい集めて一定期間摂取させ、何らかの検査結果によりその効果のほどを示す、というやり口が横行しています。
そんな乱暴な手法は子供だましでしかありません。

テレビという一般大衆への影響力が大きい媒体の責務としては、町医者や10人の統計ではなく、研究の手法と統計の手法を正しく用いているちゃんとした研究者の成果を放送すべきです。

なお、健康によい方向ではなく、悪影響を与える食物とか物質に関しても同様のことが言えます。
やはり、研究の方法、統計の方法を正しく用いる人にしか耳を傾けるべきではありません。

なお、劇薬とか毒物のような物質は、それを一つ摂取しただけで、健康に著しい悪影響を与える場合があります。このような事柄は今回の記事の対象外であることは言うまでもありません。
スポンサーサイト



テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード