FC2ブログ

三浦雄一郎さんの気質

みなさまこんばんは。
ほんとに寒いですね。
いかがお過ごしですか?

今日の記事の要約
・三浦雄一郎さんの最近のニュースの紹介と、三浦さんの考え方、魅力について僕の言葉で語ってみた。
・僕の考え方や行動について、三浦さんから影響を受けたことを書いてみた。
-------------------------
冒険家の三浦雄一郎さんが、86歳のアコンカグア登頂を断念された。
とても残念だ。
しかし、下山するやいなや、それはそれは頼もしい発言をされた。
90歳でエベレスト登頂を狙う、と。

すごいではないですか!
これを聞いて、僕は本当にうれしかった。

かなりの高齢になってもなお、ものすごい目標を掲げることは、素晴らしいの一言に尽きる。
はっきり言って、クレイジーとも言えよう。
でも僕は、その”年甲斐のない”ところが大好きだ。

そして実は、僕は三浦さんの影響をすごく受けている。
三浦さんのような輝かしい実績や実力は全くないので、掲げる目標は何桁も小さいが、その精神だけはいただいている。
酷暑時の房総半島を走って横断、また最も太い部分を東京湾海岸→外房海岸完全徒歩横断、田子の浦海岸→富士山頂2泊で徒歩制覇、などをやったりした。

三浦さんのトレーニングの一つが手足と背中に錘をまとって歩くこと。
僕はこのことを聞いたらすぐにマネをさせていただいた。ただし手足だけだけど。
本社に通っている時は、一時期、通勤と仕事時にも手足にまとっていた。

三浦さんは、定期的に息子さんと、1.何kgのブロック状の赤身ステーキを焼き、たしか700gくらい食べるそうだ。
これに対しネガティヴなことを言う人もいるが、僕はこんな三浦さんも好きだ。

年齢の壁を打ち破りたいとのことである。
本当に見習いたい。

年甲斐もなく特別な目標を掲げる。とってもいいじゃないですか。

「年甲斐もない」ことをやりたいのようなポーズ的なことではなく、「年甲斐」という足かせによって、自分のやりたいことに制限を加えるのが好きではない。
実は、年を取るほどに、やりたいことは広がっていくのが本当の姿だと思う。

なお、今日書いたことは冒険だけではなく、仕事、生活、趣味、勉強、資格を取る、などなど、あらゆることに対しても当てはまる。

たまに、僕よりも少し先輩と思われる方とかから、年甲斐のないことをやっていてはだめだ、的なアドヴァイスをいただくことがある。
それはそれで大変ありがたいし、おっしゃっていただいたことはいつも胸に留めている。
しかし、「年甲斐」という概念が先に立ちたくはない。

もちろん、単なる無謀とは全然違うことを一言付け加えさせていただく。
スポンサーサイト



テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード