FC2ブログ

法律家たる前に人間たれ!

みなさまこんばんは。

ブラックホールの直接的観測というビッグなニュースが飛び込んできた。
えっ、ブラックホールってまだ直接的に見たことはなかったの!?という純粋な疑問を抱いた方も多かったのではないか。
もうすっかり常識化したに見えたブラックホールも、これまでは間接的証拠に過ぎなかったのだ。
直接視るにはとんでもない解像度の望遠鏡が必要だった。

今回観測されたブラックホールは、太陽系をすっぽり包むような大きさとは言え、全宇宙の中ではささいな1点に過ぎない。
地球サイズの仮想望遠鏡という発想は、とんでもなくワクワクした。
次は、地球と月と火星の3点望遠鏡なんてことにもなるかもしれない。一体何が発見されるのだろうか。

よく言われることとして、「医者たる前に人間たれ」というのがある。
いくら高度な医療技術を駆使できる医者がいたとしても、その礎(いしずえ)であるとのころの「人間性」が未熟であれば、砂上の楼閣の如く、脆弱なものになる。
だから、人間教育を徹底している、という医学教育機関(大学の医学部をはじめとして)は多いのである。

このことは、医者に限らず、基本的に、「職業人たる前に人間たれ」と言われていると思う。

確かに、どんな職業でもこのことは言えるのだが、殊に、専ら法律を職業としている人間に対し顕著に言えることだと思う。
例えば、弁護士、裁判官、検察官、弁理士、などである。

こうした人たちは、法律を盾に人のある行いの良し悪しを裁いている。
人の「ある」行いであり、人全体ではないにせよ、人を裁くのである。
医者の場合以上に砂上の楼閣では困るではないか。

このことはまだあまり言われていない。
でも実はめちゃめちゃ大事なことであろう。
スポンサーサイト



テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

おはようございます。
とてもご丁寧なお言葉をありがとうございます!
そして、いただいたお言葉をかみしめさせていただきます。

鍵コメさんのアカデミックバックグラウンドの件、承知しました。
僕は理系出身で、これまでずっと主に技術関係の仕事をしてきましたが、ここ7年ほど法律が関与する仕事をしています。
自分に対する戒めの記事でもあります。

この1週間も頑張りましょう。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード