FC2ブログ

テレビ局=勝ち組 の偏向報道の理由(わけ)

2019-4-27(土) 23:00 末尾に今日の弾き語り録音を載せました。

みなさまこんばんは。
すっかり暖かくなりました。
GW前、いかがお過ごしですか?
みなさま方への訪問ができておらず、失礼しておりますm(__)m

会社の仕事用のスマホの機種が替りました。
2年に一回ほどの頻繁な交換です。
機能も増え、便利にはなるものの、正直、面倒です。
差し込み口は、今度はType Cです。
よって、これまでのいろんなケーブルたちが一挙に不要になり、ガラクタの山となっています。
しかも、同じケーブルでも、充電とデータ送信のどちらかしかできないものもあり、混乱を極めます。

僕がスマホを嫌いな理由は、単にジイサンのひがみだけではありません。
もはやブログの読者の7割くらいがスマホの読者と思われますが、長い日本語の文章を読解するという現象がほぼ絶滅したことが理由です。
5年前にはスマホ読者はせいぜい3割程度、10年前は1割にも満たなかったので、PCで長文を読むことが主流でした。
ネットでのコミュニケーションの質がものすごい勢いで劣化していることに気付かなくてはいけません。

87歳の男性の運転する車が母子を死亡させました。
大変痛ましい事故であり、ご家族の悲痛はどれほどでしょうか。

しかしだからと言って、男性の過去の役職が当たり前のようにテレビで報道されたことは、とても違和感を覚えました。
これまで技術をずっとやってきた僕は、その方をとても存じていました。

国の重要な研究機関のトップを勤めたことと今回の事故の間にはどんな関係があるのでしょうか?
全くありません。
そのことを国民に報道したところで、どんな意味があるのでしょうか?
質の悪い井戸端会議的な意味しか感じません。

はっきり言いますと、日本では交通事故は確実に減っています。
人々の車の運転はおとなしくなる一方です。(最近あおり運転が増加しているような偏向報道がありますが、僕は認めません。むしろ減っています。少数の例を誇張して報道していると思います)
最近、ウィンカーを点けるやいなや適正車間に割り込むことが増えていますが、それはマナーが悪くなったのではなく、寛容なドライビング感覚になったからだと思います。
ドライバーたちは、他車に迷惑をかけまいとする努力よりも、甘えの精神を許容しようという、ある意味、理想的な環境になってきています。

高齢のドライバーはよくないという、これまた困った偏向報道があります。
もちろん、人間は高齢になるに従い、身体能力が落ちる部分もあります。
でも実際には、高齢者の事故率が突出しているわけではないし、最近高齢者の事故が特に増大傾向にある訳ではありません。

また、今回の事故に限りませんが、事故や事件の被害者の悲痛について、プライベートに踏み込んでの感傷的な報道が最近とても多くなっています。
昔は、もっと淡々と報道していました。

悪質な事件が報道され、被害者のことがプライベートに踏み込んで報道されますが、実は事件も最近は減っています。

まとめますと、今の世は実に安全で、人々がマイルドになり、事故も事件も減っています。
(ただし、職場や社会でのストレスは、また別の問題として存在します)

その意味では好ましい社会になっているわけです。
後は、GDPを成長させて国力を復活させることですが、これが今、全然できていません。

望ましくは、国民が現状打破のため、新しいアイデアを創出し、業を興すことです。
そのためには、いろんなことにこだわり、物事を発展させることです。

そこに立ちはだかるのが、現在の既得権益であるところの”勝ち組”です。
勝ち組は勝ち組であり続けたい。
一般大衆である国民が新しい仕組みを生み出してしまっては困るのです。

勝ち組の一つがテレビ局です。
偏向報道をし、感傷的、情緒的な思考形態を一般対象に植え付ける。
そして、考える力を付けさせない。客観的な判断力を付けさない。
皆、テレビを観ている限り安心する。

そんなことを、勝ち組であるテレビ局は企んでいる、と僕は考えています。

(だからと言って、テレビを観ないでネットを観ればいい、と考えている人が少なくありませんが、僕はそれも反対です。
テレビや新聞という、情報をバランスよく伝えるメディアの存在は本当は大事です。
ネットだけ観ればいいと考えている人は、それはそれで独りよがりの道まっしぐらの危険性も秘めていると考えます。
本来的には、質のよい、社会の使命としてのテレビの存在、プラス、自主的なネットによる情報収集。そんなことが理想だと考えます。
そのことはまた改めて。)

2019-4-27(土) 23:00 今日の弾き語り録音を下記に載せます。

スポンサーサイト



テーマ : このままで、いいのか日本
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

アンデルセン

今晩は。
私も此の楽曲は、パーティなどの人前で度々演ってきてますけど、フレット移動がとても楽しい楽曲ですネ、ポールと違い右利きなので左手視る事が多く、余り前を向けない曲です。

ブラックバードってアンデルセン童話に良く出てくるけど、欧州的に何か深い意味があるのかなァ。

take10nさん

おはようございます。
コメントどうもありがとうございました。
take10nさんの弾き語りを一度拝聴したいですね。
この曲は人差し指の使い方がずっと謎だったんですが、最近ようやく解明しました。でも完成はまだまだです。
Blackbirdは、日本でいうところのひばりやつばめのような親しみのある鳥(あるいはその逆)なのかもしれませんね。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード