FC2ブログ

音楽を演(や)る側から聴く音楽とは

みなさまこんばんは。
いやあ、寒い雨ですね。今日は強い風も吹いています。
お元気でしょうか?

今日の記事の要約
・今日に限っては、要約を書いてしまうと興ざめなので、敢えて略させていただきます。
------------------------
それにしても涼しい日が続きます。
ここまで涼しいと、あの1993年の冷夏を思い出します。
米は超不作となり、急遽タイ米を輸入しました。
と言っても、もう26年も経つので、多くの若い人たちは知らないと思います。

僕は1993年というと2つのことを思い出します。
1つは、あの「冬彦さん」で有名になったTVドラマ「誰にも言えない」です。
そしてその主題歌であるユーミンの「真夏の夜の夢」。
多くの人はあのドラマでは、佐野史郎さん、賀来千香子さん、野際陽子さんが印象的だったと思いますが、僕は脇役の羽場裕一さんが最も印象的でした。

もう1つはNHK教育TVの宇宙に関する講座。
当時阪大教授だった池内了先生の話でした。毎週1回で半年くらい続いたように思います。
小さい頃から宇宙には大きな興味がありましたが、この講座を見たことで、俄然、宇宙を深く知ろうと思うきっかけとなりました。

2つとも極端な冷夏とセットだから、1993年だったとすぐにわかるのです。

ズバリ訊きますが、英語をテーマにした記事は興味ないですか?
ブログを始めてかれこれ10年になりますが、英語をテーマにした記事の内容についてコメントをもらったことがほとんどありません。
英語は苦手だとか、もっとやらないといけないとか、そういうコメントはいただいたことはあるのですが、記事の内容そのものについてコメントをもらったことがほとんどありません。
英語でブログを書かれる方とか、日本語英語の併記で書かれる方はいらっしゃいますが、そういう方は英語を使いこなすことに意義を見出していらっしゃるようで、英語そのものへの興味というのとは違って見えます。

では本題。

巷で時々言われるのは、「あなたは音楽をやらないので音楽を語る資格がない」、「あなたは絵を描かないので美術を語る資格がない」。
もちろん、いずれも間違いである。
人は等しく音楽、美術を鑑賞する自由があり、評する自由がある。
そしてその言論の自由を制してはならない。

その前提で思うところを言わせていただく。
音楽を演(や)る者と演らない者では音楽の聴き方は違うと思う。
一応、これでも音楽を演る者のはしくれとして、そう思うのだ。

僕は、何かの楽曲を聴く時、それぞれの楽器の人がどう演奏しているのかにまず思いが行く。
このギターはこんな指使いで弾いているんだな、このベースはどんな構えで弾いているのかな、このドラムは何を叩いているのかな、このボーカルはよくここまで出るな、とか。
そして、このようなフレーズや編曲はどうやって生み出されたのかな、について思いが行く。

そして、ああ、この演奏の仕方はすごいなとか、オレにもこれは何とか思い付くかな、とか。
あれこれ思いつつも、たいていは感動することが多い。

数年前僕は、あるクラシック音楽家の方とちょっとしたディスカションを行ったことがある。
その方はクラシック畑であり、声楽の基礎を学んできた。
その方が言うには、ポール・マッカートニーは歌が下手だと言うのである。
でも僕は敢えて「ポールは歌が上手い」と言い張った。
その方がなぜポールは歌が下手だと思うかは実は理解はできていたが、それだけで世界ができてしまっていると感じたので敢えて挑んだ。
ポールは、ノンエリート上がりだが、その自らの創意工夫により、レディ・マドンナやレット・イット・ビーに見られるようなエルヴィス・プレスリー張りの太い声とか、超高音とか、楽器を弾きながらの歌の上手さとか。
そりゃ、オペラ歌手に比べれば下手であるが、上手いボーカルだとは確実に言えるのである。

小学生の奏でる楽器であっても、素晴らしい音楽性を感じることがある。

音楽を自分で演らない人が、ある楽曲を聴く場合は、自分の感性のみによる。
それに対し、自分で音楽を演る場合、その感じ方は、より奥深くなる方向ではあるように思う。
ところで、音楽を演らない人はおそらく音楽を右脳で聴くのだろうが、音楽を演る人は左脳で聴く比率が高いだろう。
このことがどう効いてくるのかはわからない。
だから、結局、そう簡単には比較をするのは難しそうだ。
少なくとも言えることは、音楽を演る者は、左脳は働かせずに、全く右脳のみで感性で音楽を聴こうと思ってもできないということだ。

僕は絵は全く描かないしわからない。
だから絵を観る時は、自分の感性だけで観る。
一度、音楽もこんな風に聴いてみたいと思う。
でもその方法がわからない。
イヤホンを左耳のみにはめて、右脳のみに音を聴かせてみようか。
スポンサーサイト



テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんばんは☆彡

お話とても良く分かります。
確かにわたしは絵を描かないので何か喋る資格がない、などと真顔で言う人がいます。
完全に間違っています!
専門家の分かり切った解説より面白い感想が聞けることだってあるのです。進んで喋るべきです。
ST Rockerさんは絵は普段描かないとのことですが、是非今度絵の感想を載せて頂きたいものです。とても期待出来ます。
わたしはかつて職場のちょとした会で、英語の歌を英語の専門家と同じ席でよく唄っていました(笑。単に気持ち良かったです。音楽の話しもしょっちゅうしてましたし。

今回かこさとしについて書きましたが、彼は根っからの科学畑の研究者ですが、日本最高の絵本作家です。ST Rockerさんと絡む部分も少なくないと想われます。わたしが宇宙に興味を持ったのも彼の影響が少なくないです。

長くなったのでこの辺で失礼します。では、また。

おもしろそうですね^^

私は、「理系で英語をよく読まれる方」がどういう目で英文を眺めていらっしゃるのかが興味あります☆ 周りは文系の子がほとんどなので、たとえば「構造」として見ているウエイトが文系の人より高いのかどうかなど。
芸術関係の議論は、本当に人それぞれですよね、今まで私もよく経験してきました^^;。人によって一番差が出るなあと思ったのは…「映画」です!
感性で好き嫌いを意見しあうのは単純に楽しいのですが、理論というか薀蓄が入ってくるとお互いに嫌な思いしがちだなあと…

GOMA28さん

おはようございます。
コメントありがとうございました。
美術を深くやっておられるGOMA28さんのお話はとても貴重です。
そうですか。
では、ぜひ今度絵について感想を書かせていただきます。
英語の歌の専門家と一緒に歌を歌うというお話もいいですね。
かこさとしですね。
記事を拝見しましたが、興味を惹かれます。
今回は、テーマ提起したものの、とりとめもない感じで記事を締めくくっていますので、これからもこのテーマで考え続けていきたいと思います。

畑かぶらさん

おはようございます。
コメントありがとうございました。
僕はこのブログで文系vs理系のことを一貫したテーマとして書いております。
そして僕は英語が「趣味」の一つです。(英語がとてもできるという意味ではありません)
これらのことを語れば平気で一晩語り続けることになります(^^)/
短いコメント欄で敢えて一言で言うのは難しいですが、日本語は情緒を重んじるのに対し、英語は論理矛盾がないことを大事にする言語のように思います。
それとか、高校の英語で習ったことと実際英語の乖離、そして日本以外のアジア人の話す英語の逞しさとか。
もしよろしければ、過去記事のカテゴリ「英語」にある記事を読んでいただけたら、とってもうれしいです。
映画となると、音楽、絵よりもぐっと複雑になりますので、自分でやる人とやらない人の捉え方の差の話から飛び出してしまうような気がします。
ちなみに、僕も蘊蓄という概念は好きではありません。
今回の記事はもっと純粋に、それこそ理系的に芸術を自らやる人とやらない人ではどのような捉え方の違いがあるかに着目しました。

No title

こんばんわ。(^^)/

>英語をテーマにした記事は興味ないですか?

興味はありますが、難しいのでコメントしずらいのですv-356おとなしく拝読しております…。

>あなたは音楽をやらないので音楽を語る資格がない
>あなたは絵を描かないので美術を語る資格がない

経験者にしか解らないものというのはあると思います。しかし、世の中にあるすべての事柄を経験することは出来ません。そこに、それぞれ経験のある表現者の作品を鑑賞する意義(の一部)があるのではないでしょうか。

享受してくれる側の人がいないと、表現者も甲斐が無いですし。(^^)

英語に関する記事拝読しました^^

まだ全部ではないですが(汗)、特に印象深かったのは「and」の概念!なるほど、数学でいう「集合」で考えれば分かりやすい♪♪まさに今、娘がそのジャンル学習しているところなので☆その説明方法が、理系ならではという面白さも感じました^^
(あの記事の内容が理解できた私って、少しは理系のセンスあり??あはは自画自賛)

やぢまさん

おはようございます。
コメントありがとうございました。
英語の記事は難しいですか。
もう少し記事の書き方を工夫しないといけないかもしれないですね。
音楽や美術に関しては、やぢまさんはどちらかと言うと、やる人の方が理解しやすいという立場ですね。
究極の理想としては、全てのことを経験した人が完全な理解をできるところ、それは全く現実的ではないので、経験したことのない人、あるいは経験した人でも経験していない部分、に対しても訴えかけられるような表現を作者側でしているのだ、というのがやぢまさんのご意見と察しました。

畑かぶらさん

おはようございます。
英語の過去記事をご覧いただいたのですね。それはとんでもないくらいうれしいです。
ブログを10年近くやってますけど、「過去記事にこんなのがありますよ」と書いても実際に読んでいただいた方は5人もいらっしゃらないでしょう。
それとともに、お忙しい中わざわざ読んでいただいて恐縮でありました。
おっしゃるように、英語は集合論のようなロジカルな発想が多いですね。
そして、畑かぶらさんは理系のセンスがおありです(^^)/
娘さんも頑張ってくださいね。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード