FC2ブログ

立花氏と平塚氏、圧巻の政見放送(!?)

みなさまおはようございます。
冷夏続きますね。
でもやや暑くなる気配がしてきたような、してこないような・・・
お元気でしょうか?

今回の記事の要約
・立花孝志氏と平塚正幸氏の政見放送があり、2件ともセンセーショナルだった。
・2人のこと、ユーチューバーのこと、についてSTが鋭く斬り込みます。
-----------------------------
はやぶさ2は快挙ですね。おめでとう!
初代はやぶさだって、なんだかんだ言いながら結構な成果だったと思いますが、よく「失敗」と評されます。
その理由の一つは、一人の研究員が自分の独断で秘密裏に組んでおいたプログラムによって助けられたということでしょう。
確かにこれでは、現リーダーの津田氏がはやぶさ2の今回のコメントとして言う「全員による成果」とは違いますね。

さて、N国党の代表の立花孝志氏と、N国党の”アンチ枠”から立候補した、さゆふらっとまうんどこと平塚正幸氏の政見放送が放映されました。

立花氏政見放送

平塚氏政見放送

この2人、ネットでは浅薄な評価の言葉で埋め尽くされていますが、大変頭のよい方であり、考える枠を持っている方です。
気鋭のユーチューバーです。

彼らの政見放送をご覧になればわかるように、2人の主張は鋭い一方、”一般常識”を逸脱した物言いのオンパレードです。眉をしかめる人も多いでしょう。
言わば、ユーチューブの動画がそのままテレビに飛び出した感じです。

ユーチューブというのはとても自由な発言ができるという優れた面があります。
しかし一方、事実関係とか、物事の推論とかに関して、十分な検証なく導いた結論を断定的に言うことが許容されている部分もあります。
事実、2人の日常のユーチューブ動画にもそのような部分が散見されますし、この政見放送の中でも見られます。

よって、ユーチューバーの発言を観る(聞く)側としては、確固たる自分の考えのもとで、言っていることの一つ一つを判断し、自分の血と肉に取り込むようなことをしないといけません。
決して安易に流されてはいけないのです。

ところがネットではこの心配がすでに現実になっていて、2人のようなユーチューバーに対するコメントとしては、妄信するか、誹謗中傷するか、の2分された形となっています。しかも多くは感覚的なコメントです。
また、ユーチューバーの側も、敢えて妄信の信者を増やそうという魂胆もあるかもしれません。

また、最初は純粋な活動家であったとしても、だんだん有名になるにつれ、勝組の人間らに同調していき、結局最後には自分が非難してきた側の人間になってしまう、というのも往々にして起こる可能性があります。

とにかく、自分で考える。
これに尽きますね。

立花氏と平塚氏はもうすでに水面下では手を握っているかもしれません。
手を握ること自体は悪くないですが、勝組に走ることはやめてもらいたいです。
ほんとの意味の政治を画策してほしいです。

よい意味での2人の動向を見守りたいですね。
スポンサーサイト



テーマ : 選挙
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

こんばんは。
とてもご丁寧なお言葉をありがとうございます。
どういたしまして。
コメントなど、ぜひ気楽にお願いします。
これからもよろしくお願いします。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード