FC2ブログ

今回の地震に際して

今回の地震。あまりの被害甚大さに言葉もありません。
金曜夜に勤務先でブログをアップした時点では、まさかこんなに大きな災害だとは思いませんでした。
まずは被災した方々の救助および仮の生活環境の確保、そして原発の適切な処置が最優先の課題だと思います。

私自身に何ができるか。そして我々として何に気をつければよいのか。

私も病み上がりでなければ、ボランティアとして被災地に行ったかもしれません。
ただし、むやみに行動して自己満足に陥ってもいけません。
ここは日本全体の課題として自分のできることを客観的に考える必要があるでしょう。

まずは電力や食糧といった基幹的なものを少しでも無駄のないよう、国全体でshareするようにするべきです。
当然、贅沢は排し、無駄を省き、必要なら寄付も惜しみなく行い、国全体として当面は8割運転くらいに心がけるべきでしょう。
しかしだからと言って、極端な活動自粛も控えるべきです。
企業や個人の適正な活動がないとお金も物品も流れません。

次に重要なのは、情報をしっかり吟味し、むやみな情報に振り回されないことだと思います。
今、テレビの100%が地震関係の番組であり、専門家も出演しコメントを言っています。
しかし情報の質には番組毎、出演者毎に違いがあるようです。

正直私は、日本のテレビを頂点とするマスコミのあり方は好きではありません。
視聴率優先であり、国の未来とか提言とかにおいて本気で考えている番組は稀だと思うからです。
そういう日本のテレビが、このような事態で急に本質を語れるかどうかです。
私の意見では、ニュース番組として命を賭けている番組では多少情報の質がよいと思います。
適当な情報によるうかつな行動、例えば極端な買占めとか、極端な行動自粛など控えるべきです。

原発の件や地震、津波の件などで学者がよく解説者として出演しています。
以下、あくまで私見として捉えてください。

大学や官公庁に属する学者の方々は、大抵の場合専門に特化しており、自分の学派があったりします。何らかの利害関係を持っている場合もあります。
学者が悪いという意味ではなく、全体をフレキシブルに臨機応変に意見を言える立場の学者はそんなに多くはない、という意味です。

学者の中でも横断的に物が言えたりする人もいますし、気鋭なジャーナリストには専門的なことも含めて、より適切なことを言える人もいると思います。
もちろん私なりには、それらが誰であるかを言えますが、ここでは名前を挙げるのは控えておきます。
インターネットはこういう時のためにあるのだと思います。

ネットは適当に使うと適当な情報しか得られませんが、悪戦苦闘して使用するうちに筋のある情報が見えてくるものです。
こういう緊急事態の時こそ、テレビのような受身的情報だけでなく、能動的な情報探索を心がけたいものです。
スポンサーサイト



テーマ : 地震・災害対策
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード