FC2ブログ

改革に燃える者でも長い物に巻かれることだってあり得る

みなさまこんばんは。
もうすっかり酷暑になりましたね。
お元気でしょうか。
ビールが上手いですけどね。

今日の記事の要約
・全くタイトルの如し。
・N国党立花孝志さんのことも書かせていただいた。
---------------------------
今回の参院選で見事に当選したN国党(NHKから国民を守る党)の立花孝志さん。
僕はかなり前から立花さんを注目していて、youtubeをよく観ていた。
立花さんは奇抜過ぎて問題は多いかもしれないが、僕はとても頭のよい人と思っていて、その考えること、主張することには大きな関心を持っていた。

しかし、今回公約としていたNHKのスクランブル化というのは、僕は大きな違和感があった。
理由の一つは、立花さんがスクランブル化を言い始めたのは最近急にであり、そもそもはこんな考えはなかったこと。
何かが立花さんに起きているに違いないと思ったのだ。

僕はNHKについて考えを持っているが、今日の記事では省略する。また折を見て書いてみたい。
ごく短く言っておくと、僕はNHKはあるべきであり、国民のために主導的役割を果たすべきであり、公共放送の役割をなし、番組の内容もますます向上させるべきであり、国民が喜んで受信料を払いたくなるようにすべしであり、国民はNHK受信料くらい余裕をもって払えるくらいになるべきであることと、スクランブル放送をしてしまうとNHKは凋落し、放送界全体も凋落すると思う。

先日来、大西つねきさんを紹介し、その卓越した政治経済論を我々がぜひ参考にすべしと書いた。
大西さんの言うことは大西さんのオリジナルというより、政治経済の基本をしっかり理解すれば当然にたどり着く考え方だ。
もはや、今の与党も野党も全く本質とはかけ離れた利己的な縄張り争いを演じているとしか言いようがない。
財政赤字も消費税についても、既存の政党は全く上っ面のことを言って国民を欺いていると言って間違いない。

そうした状況で、立花さんはどのように当選したのか、そしてどのようになっていくのか、考えないわけにはいかなかった。

ネットをよくご覧になるみなさまであれば、よく”陰謀論”というのに出会うであろう。
例えば、この世界はロックフェラーとかロスチャイルドとかユダヤが陰で支配しているとか、**王朝と**国の中枢人物は実は血縁であり、表面上は争っているが実はグルである、とかのアレだ。
なかなかよくできた話が多く、しかも裏事情に通じていないと語れない部分が多いので、興味深くはある。

しかし陰謀論を頭から信じではいけない。
十分な脚色の上に成り立っているからだ。
陰謀論者の狙いは、考える力の弱い人を妄信的に信じさせて配下に置くことである。

しかし一方で、陰謀論は全てが戯言ではないと考える。
重要な事実が含まれているかもしれない。
それを見極めるには視聴者がよほどしっかりしていなければならない。

僕個人としては、陰謀論者が語るようなすさまじい陰謀はこの世にはないだろうが、もっとゆるやかな陰謀はあると思っている。
例えば、既得権者である、自民党や官僚や有力企業やマスコミといった”勝ち組”が徒党を組むこととか、アメリカとの関係とか。
こうした陰謀は当然あるだろう。

さて、話を立花さんに戻す。
立花さんはNHK在職中には頭角を現し、要職の人たちにかわいがられていた。
そして命令下、大きな汚職に手を染めるのである。
立花さんは良心の呵責に苛まれ、やがては心身を病んでしまった。
そしてついに内部告発に至る。

立花さんは本来、NHK職員であることを誇りに思っていたはずだし、NHKの要職の人も尊敬していた。
しかし、汚職をよしとするNHKの体質に耐えられず、ケツをまくった形となった。

NHKを辞めてからの立花さんは決して順風満帆にN国党に行き着いたのではない。紆余曲折があった。
そんな中、立花さんの気持ちの中に一貫してあったのは、NHKに携わる人の意識を徹底して叩き直すことにあったと思う。

そうこうするうちに、立花さんが注力していったのは、NHKを観なくて受信料も払えないほどの経済状況の若者たちが悪質集金人におびえているのを助けることだった。
NHK受信料を払うことは法で決っているけど、罰則がないので、ぜひ受信料を拒否し、裁判をし、されることをいとわない、という何とも荒技でセンセーショナルな行動パターンを確立した。

立花さんは頭がいいと思うし、こうした斬新な考え方と、力強い行動力と、トーク術で、民衆の心を掴んでいった。
そしてそのうちに、船橋市議会議員、葛飾区議会議員となり、N国党というものを拡大していく。
しかし、つい先日までは、政治家というよりもユーチューバーであった。
そして、最近になり、ユーチューバーから大きく飛躍し、スクランブル放送化の公約のもと参院選へ展開したのだった。

僕は立花さんが最近スクランブル化になったのは、思い切り違和感を感じる。
立花さんは本来そんなことを望んでいないはずだ。
NHKの人間のモラルを正すべく、徹底して戦うことが是であったはずだ。

実は、以前から「NHK民営化」という考え方があるのをご存知だろうか。
そしてその推進メンバーは、あの「郵政民営化」と共通したメンバーが何人かいるのである。
NHK民営化はスクランブル構想もあるようであった。

ということは、現在の与党やNHK自身の中にスクランブル化をしたい人間がいると考えてよいだろう。
もし、立花さんがそうした一派とある時手を組んだとしたら恐ろしいことだ。

我が国の勝ち組は、立花さんが次第に力を付け賛同者がどんどん増えていったことを、ある時点から脅威に思ったに違いない。
従来、考える力のなかった無党派層の心をわしづかみにし、N国党が勝ち組を脅かす存在になったのではたまらない。
そこで勝組は早めに立花さんにディールを持ちかけたことは十分に考えられる。

政治家が自分の活路を拓くうちに、誰かに影響されたり、考えが変わっていくことはよくある話であり、それ自体は必ずしも悪いことではない。
しかし、N国党立花さんの場合にはどうなんだろうと考えこんでしまう。

もう一つ。不正選挙について考えてみる。
不正選挙などというと、どっかの後進国の専売特許であり、わが国には無縁だろうと思うあなた。
ところが、そうでもないのである。
不正選挙についても陰謀論と同様、いろんな記事があって玉石混合だ。
でも、一部注目すべきものもある。
投票用紙の自動読み取り機は1社独占であり、しかも某首相と関りある会社だ、と。どこまで本当かはわからない。
また、不正選挙の記事は、さゆふらっとまうんどさん(今回の参院選の千葉選挙区からN国党の”アンチ枠”として平塚正幸の本名で立候補し落選)が詳しい。
ググるとすぐに出てくる。
こうした記事を頭から信じろという意味ではなく、日本では不正選挙を100%防ぐような体制になっていない、と言える。

ここから先は何が言いたいかをお察しいただけると思うので、省略する。

陰謀論を好きになれと言っているのではない。
弱小政党を買収することくらい簡単なことだと言いたい。
可能性が否定できないことは考慮しておかないといけないと考える。

では最後にみなさまへお願い。
もしコメントをいただけるのなら、この記事の本筋に沿ったものでお願いします。
スポンサーサイト



テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

NHKを観なくて受信料も払えないほどの経済状況の若者たち

>そうこうするうちに、立花さんが注力していったのは、NHKを観なくて受信料も払えないほどの経済状況の若者たちが悪質集金人におびえているのを助けることだった。

〇記事、拝見しました。
 ご指摘の「NHKを観なくて受信料も払えないほどの経済状況の若者たち」ですが、そこが問題だと思っております。
 貧乏人からも受信料を集め、高い給料の支払い。さらに見ない人からも受信料を集める。公共放送と言いながら安倍様のNHKになっている。国民の怒りは大きいと感じます。
 しかし、それを見て見ないふりをしてきたのが今までの政党でした。立花さんの当選は期を得たものと感じました。
 NHKの改革、期は熟したと思われます。しっかり議論して国民の満足するような結論が出ることを期待しています。
 草々

ささげくんさん

コメントをどうもありがとうございました。
書いていただいたことはまさにおっしゃる通りだと思います。
今回の記事は、NHKの問題と立花さんの取り組みというよりも、立花さんが自民党をはじめとする既得権にたなびいてしまった可能性も否定できないことを中心に書きました。
スクランブル放送にしてしまうと、NHK側の意識も低下するだろうし、社会全体もNHKに期待するものも減ってしまうと思います。
問題は解決するかもしれませんが、理想とは逆方向に行く気がします。
政治全体を見まわすと、本筋で動いているようにはとても思えないことから、立花さんのような純粋な活動家が本当の政治の世界に踏み入れたとたんに打算的にならないか、懸念しています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

こんばんは。
ご丁寧なコメントをどうもありがとうございます!
また、連絡させていただきますので、よろしくお願いします。
日曜日、あとわずかですけど、よい時間をお過ごしください。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード