FC2ブログ

震災に際して(その2)

こんばんは。

震災の状況は日増しに悪化していくことが心に痛みます。
そんな中、福島原発2号機の水位が少し上ってきたのは、本当にホッとしました。(まだ予断は許せませんが。)

私の震災に対する目下の対策の基本的考えは前回記事から変りません。
電力のシェアという意味で、実際に東電でも「計画停電」を開始しました。
運用の仕方については批判はあろうかと思いますが、コンセプトは間違っていないと思います。
まずは批判は後回しにして、率先して協力をしようではありませんか。
ただし、通勤電車の問題は難しいです。電車は何とか止めない検討をしてもらいたいです。

今日追加的に敢えて申し上げたいことは、「誠実な説明」です。
私が以前から言っておりますように、日本人はもともと誠実で慈愛に満ちた人種であるはずです。
事実この震災が起きてからの行動は概ね各国からも評価されています。

枝野官房長官の会見などは気の毒になるくらい「非のないように」ということに過剰に神経を使っているように見えます。
本来彼は、野党の時のように切れ味鋭い論調を展開できる人間だと思います。
東電の会見にしてもイマイチ何を言いたいかわからない時があります。

この際、事実を隠さずちゃんと説明し、できないことはできないとはっきり言い、その中で「こういう可能性がある」から「こうしたい」というような説明が必要だと思います。
我々日本人はそのようなことをちゃんと許容できる資質があると思います。
例えば、原発の水位がなぜ上らないのかなどの説明があまりなく、わけもわからず一喜一憂するのみです。
そうではなく、全てのケース(ベストからワーストまで)を説明し、このような確率でこうしたい、と言えば国民も納得し必要以上の混乱は避けられるし、必要な対策も打ちやすいと思います。
東電はじめ関係各庁の努力も理解されやすいと思います。

私が1月に入院した時も医者からベストからワーストまでの可能性を説明され、一時はビビりましたが、結局その方が対処しやすいのです。
気象庁が「3日以内にマグニチュード7以上の地震が起きる確率は70%」と説明したのはよいことだと思います。
数値の信頼性の程度はともかく、この短いメッセージの中に全てが凝縮されており、冷静な心構えができたからです。

是非是非、必要な情報を公開した上での誠実な説明をお願いしたいと思います。

我々も頑張りましょう。

ST Rocker
スポンサーサイト



テーマ : 地震・災害対策
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード