FC2ブログ

台風19号総括

みなさまこんばんは。
台風19号は大変大きい水害をもたらしました。
被害を遭われた方に対し、心よりお見舞いを申し上げます。

前回の記事で僕が予想した台風19号に関してのことと、結果とのギャップについて考察してみます。
要点だけを下記します。

・正直、雨については考えが及ばなかった。勢力と風のことばかり予想していた。
・南海上遠くにある時から、中心気圧に比して最大風速が弱いことに注目しており、それほど風の被害はないであろう予想は的中した。
・上陸時には970hPa程度まで弱まる予想だったが、結果は955hPaだった。僕の予想より弱まらなかった何らかの理由が存在する。もっと勉強せねば。
・元々目のはっきりしない台風であったうえに、上陸前に目が消えた(実際には目はあっただろうが、気象庁の衛星写真では目は消えたの意味)ことから、15号のような「小さくて切れ込んだ」構造ではなく、「大きくてなだらかな」構造だったと思われる。この意味でも予想はあたり。だから、中心付近で特別風が強いこともなかった。
・南海上で915hPaまで気圧が下がっただけで、「歴史上例を見ない台風」とか「狩野川台風並みの被害を予想」とかのマスコミの予想や、「命を守る行動を取ってください」などのマスコミの呼びかけが目立った。大きな水害が起こったのだから、これらのマスコミの発言が正当化されるのではいけない。これらの発言は、今回の雨のパターンを予測しての発言ではなかったからだ。これらのマスコミの発言で、実際に被害を受けた人が効果的に行動ができたわけでもなく、そして、全然被害を受けなかった人が余計な心労と動きをしたことにもなった。そんな訳のわからぬ誘導ではなく、台風の特徴をいち早く正確に伝え、視聴者とともに考える体制を作らないといけない。
・僕は南海上にいる時に「雨台風」だと気付いた。でもテレビではあまりこのことを強調していなかった。「風は大したことはない。雨台風なので雨に集中して備えろ」と言えばよかったのだ。

千葉に関していえば、今回は風はあまり大したことはなかったのと、東京湾よりは西のコースを通ったので、ほとんど問題はなかった。

話は変り、先日の弾き語り録音のThe Fool on the Hillの音の処理とバランスを再調整しました。
1967年のポールの”早すぎるピアノ弾き語りの完成”にどれだけ迫れるかにトライしたものです。
(今回も声への注目はかんべんしてね(^^)/)



それと、2番目の位置にアップした記事というのは、いかにしてもなかなか読まれませんね
なんかいい方法はないのかな。
スポンサーサイト



テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

分析にとても共感します

「これらのマスコミの発言で、実際に被害を受けた人が効果的に行動ができたわけでもなく、そして、全然被害を受けなかった人が余計な心労と動きをしたことにもなった。そんな訳のわからぬ誘導ではなく、台風の特徴をいち早く正確に伝え、視聴者とともに考える体制を作らないといけない。」
全くの同感。
「風は大したことはない。雨台風なので雨に集中して備えろ」
これもその通りです。
わたしの家族などTVで煽られたせいで、とんでもない防災体制を敷いていました。でも前の台風より緩やかで、実際来たのかどうか実感さえ薄いものでした。片付けたものを戻すのに二日かけました。
「命を守る行動を取ってください」のわざとらしい執拗な呼びかけは、日本の駅構内のしつこいアナウンスと同様にこう言っておけば後で問題ないみたいな責任回避意識を思いきり感じます。

GOMA28さん

いつもありがとうございます。
今回の台風の件で、ご同感いただきうれしいです。
GOMAさんのお宅だけでなく、今回特に過剰な対策をされたご家庭が多かったと思います。
その撤収も大変でしたね。
今回は大雨という特殊なことはありましたけど、それ以外は大したことありませんでした。
大雨の方は、テレビでは相模川などごく一部の警戒は呼び掛けていましたが、これほどの広域で同時多発的なことは言っていませんでした。
結局、全てを予想することなどできないのですから、今の予報力なベストノレッジにおいて、最もありそうなことを言うのが一番よいと思います。
「命を守る行動」の連呼・・・確かに責任逃れだと思います。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード