FC2ブログ

ゴーストライター業(マジなお話)

みなさまこんばんは。
今日のおごそかな儀式、冷雨の中でしたけど、無事執り行われました。

今日は、内容が内容だけに要約なしで失礼します。
-----------------------------
ラグビーというスポーツ。
今回のワールドカップで初めてその醍醐味を知りました。
一応高校の体育の授業では習ったので、ルールくらいは知っていましたが、どういう作戦があるのか、そのチームのカラーは何なのか、といったことはこれまで思いが及びませんでした。
今回の日本チームをはじめ、各チームの選手の皆様に本当に感謝です。
一昨年に、車のナンバープレートをラグビーワルドカップ記念仕様にしてよかったです。
ラグビーの陰にすっかり隠れてしまった感の日本シリーズですが、今日は巨人を応援します。

では本題に。

ゴーストライター。
これが会社にいると思いますか?
いるんですね。
なんと!このワタクシがそうなんです。

ゴーストライターとは言っても会社で作詞作曲をやったり、小説を書くのではありません。
れっきとしたビジネスの文章です。しかも英語の。

うちの会社は、欧州の親会社に対して、いろんな英語の文章を書く必要があります。
メール、報告書、プレゼン、契約書...いろいろあります。

たいていの社員はそれなりに英語ができるので、頑張って自分で書いてはいます。
でも、ここぞという場面で、英語でインパクトのある文章を書いて、状況を有利に導こうとすると、なかなか書けない社員が多いです。
こんな場面ではすっかり頭を抱えてしまい、出すべきものが何日も停滞してしまうことも珍しくありません。

先日、40代半ばの、僕とは上下関係はないが、一緒に仕事している社員が、大変重要なメールを親会社に英語で出すべきだったのが、数週間も停滞してしまっていました。
その人は、優秀な面がたくさんあり、日本語ではなかなかの議論をする人です。
しかし、英語で大事なメールや文書を書く時は、メッセンジャーボーイのような文章になってしまい、いつも上司から怒られています。
だからいつも余計に委縮してしまうのでしょうね。
実は、僕はその人のゴーストライターになったことが何度かあります。

先日の件で、その人は「このようにメールを打とうと思いますが、内容確認してください」という英文メールの案を僕に事前確認要請をしてきました。
僕のやっている仕事ともかかわるからという意味と、個人的にもメール案を見てほしいという意味の両方がありました。
ところが、今回も正直メッセンジャーボーイの英語でした。英文のミスもたくさんありました。
英文がよろしくないことよりも、話す内容が全くなっていませんでした。
これじゃ相手から見くびられますし、また上司にもこっぴどく怒られると思いました。

そこで僕は、まずは日本語でコメントを返信しました。
ビジネスなんだから、まずは基本的な自分の考えの紹介と、相手の考え方の確認から入り、両社にとってどんな意味がある話なのか....といったディスカッションを進めること。
次に詳細について簡潔に質問すること。
そして最後に書きました。「もし望むなら、ゴーストライターも辞さない」と。

すると、二つ返事でゴーストライターを依頼されました。
結果、相手にはうまく伝わりました。

もちろん、安易にゴーストライターを請け負うわけではありません。
平素は時間をかけていろんなことをアドバイスしています。
窮地に陥り、どうにもこうにもならない時の苦肉の策です。

そんなに何人に対してもやっていませんし、ここぞという時に相手が望めばやっている程度です。

ゴーストライターと言えば、記憶に新しいのが佐村河内守さんと新垣隆さん。
しかしゴーストライターというもの、する方もされる方も死ぬまで口外すべきではないと思います。
それくらいの心意気でやってほしいですね。

ゴーストライターは、ふつうは芸術や文学においてです。
ビジネス上のゴーストライターは珍しいのではないでしょうか。

実はですね、僕はこの「ゴーストライター業」を退社後の仕事の一つにしたいのです。(自分の勉強にもなるので、これまで会社の中で請け負ってきたわけです)
日本の企業で、欧米に対し大事な場面で英語でメールや文書を出したいのだけど、何をどう書いてよいか全くわからない、という潜在的なお客様は多いのではないでしょうか。
技術に関する内容ならなおよいです。

翻訳ではなく、書く内容の創作も含めての英文です。
ビジネス上のものなので、著作権の問題は発生しません(笑)

ご用命があれば、ぜひよろしくお願いします!
スポンサーサイト



テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ひとたびST Rockerさんの文章でメールしたら
その後のやりとりでボロが出ないように担当者は気を付けないとならなそうですね。

私はせいぜい”添付資料を見てください”、程度の英文メールしか出したことはなく恥ずかしい限りです。

面白半分さん

コメントありがとうございます。
私の創作した英文は必ずしもよいものとは限りませんが、たしかに、”クライアント”がその後同様の英文を書かないと怪しまれる、というリスクは伴いますね。
逆に言えば、それだけリピートが増えるというありがたい面もあったりします。

これは素晴らしい仕事ですね

誰にも出来るものではないですし、需要はかなりあると思います。
頑張ってください。
(簡単ですが)。

GOMA28さん

いつもありがとうございます。
力強い励ましのお言葉をありがとうございました。
なんか、やれる気になってきますた。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

こちらこそご無沙汰しておりました。
お元気でしょうか。
コメントをいただきまして、ありがとうございます。
記事の内容につき、そのようにおっしゃっていただき、うれしいです。
また、英文ブログトップ記事に案内もありますので、よろしければぜひ。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード