FC2ブログ

実は韓国式飲み方のほうがベター

みなさまこんばんは。
先週金曜は外人やゲストも含めての全社的規模の発表会と懇親会、土曜は大学時代の飲み会が昼の12時から四次会まで、そして昨日が親戚の法事でした。
どれも大事なことだし、収穫がいっぱいありましたが、3連チャンだと疲れますね。

電車で出かける時に、ぎゅうぎゅうの状態で座るとかなり疲れますね。
これが疲れるかどうかで、お出かけの疲れに結構影響するようです。
電車の座席の幅は大昔の日本人の身長と体重に合わせてできた幅なので、今や身長が増え、かつ肥満も増えた日本人にとって、もっとずっと広い幅の座席が必要と考えます。

では本題です。

実は何を隠そう、僕は筋金入りの酒呑みなのだ。
基本的にあらゆる種類の酒が好きである。
そして強い。
若い時は武勇伝だらけだが、今はそんな飲み方はしない。
今でも飲もうと思えばかなり飲めるが、そんなに量は飲まない。飲む曜日も週に2回だけだ。
おいしい酒はおいしいと感じるが、そんなに質は求めない。
TPOの追求はする。

これまでの人生の酸いも甘いも、ほとんどが酒の舞台で繰り広げられてきた。
そんな”酒人生”には全く悔いていない。
ファッションよりも、食べ物よりも、その他の様々な物よりも、酒に金をかけてきた。
(あっ、本はどうだろうか? これまでの人生でとんでもない数の本を読んできたけど、図書館から借りた方がずっと多かったから、多分酒の方に金をかけただろう。)

もしあと数回くらい人生を繰り返せるなら、一度くらいは全く酒が飲めない人生を楽しむのもいいかもしれない。そうしたら、今の人生では見えていないよい物が見えるのかもしれない。

僕は酒の飲み方にもこだわってきた。
酒の飲み方と言っても、様々な切り口があるので、とても短い記事では書くことはできない。
敢えて一つ挙げるとすると、酒は空腹から飲み始めるべきだ、というのがある。

よく、塩だけで(あるいは何も食さないで)酒を飲み続ける人がいるが、僕はそれはできない。
そうではなく、何も食べていない空腹の状態で飲み始めるという意味だ。

例えば、飲み始めはビールで、少量の枝豆や豆腐やサラダなどの淡い味の料理をつまみに飲んでいく。
そしてほろ酔い状態になった時に、強めの酒(日本酒、ワイン、ウイスキー、焼酎など)に替え、肉や魚料理など濃い味の料理を食べる。
食べ物は少しずつ食べ、酒はぐいぐい飲んで行く。
そして、〆はご飯もの。

よく宴会などで、飲み始めの時期におにぎりやごはん物を食べる人がいるが、昔から「何て野暮な人なんだ」と思っていた。
そんな人は酒飲みの風上にも置けないと思っていた。
そんな飲み方などしたら人生の喜び台無しじゃないか、と思っていた。

ところでみなさまは、韓国の人が飲む時は、まず食べ物を腹いっぱい食べるということをご存知だろうか?
胃袋がパンパンになるまで食べて、「さあ酒を飲むエネルギーが溜まったぞ」ということで、その後、30度以上の強い酒を生(き)で飲みまくり、5軒も6軒もハシゴするのだ。
これを最初に聞いた時は、それはそれは驚いた。
趣味の問題とかではなく、そんな飲み方をして果たして快感なのか、という純粋な疑問だった。
だって、食べ物を消化するのに体はエネルギーを使ってしまって、アルコールで酔っぱらうことが蔑ろにされてしまう、と思ったからだ。

しかし、そんな僕が、これまでの人生で何度かは、まず飯をたくさん食べてから酒を飲まざるを得なかったことがあり、その時感じたのは「おやっ、これって悪くないじゃん」という気もしたのだった。
だけど、しょせん気のせいだろうと思い、この「韓国人式飲み方」について、60を過ぎるまでついに一度として真剣に考察を加えることはなしで来てしまっていた。

そして僕は、50を過ぎるような頃になると、僕がよしとしてきた飲み方だとだんだんしんどくなってきたのだ。
空腹から飲み始めるので、初期に酔い過ぎてしまう。
そして、酔っているので、食べ物の消化も悪くなる。食べ物の味も悪くなる。その結果、酒もおいしくなくなる。
胃の中が食べ物とアルコールでごっちゃのような感触になり、体も疲れてしまう。
若い頃は、鉄の胃袋だったし体力もあったので、この飲み方でも快感だったのだろう。

そしてようやく、60も過ぎた頃から、韓国式飲み方に軍配を上げてもよい気になってきたのだ。
食べ物は、そんなにたくさん食べなくてよく、普通の夕食を6時か7時に摂る。
そして、8時か9時頃に、軽いつまみ(例えばじゃがポックルなど)で、ビールでも缶チューハイでも飲む。
これが一番よい。
胃袋への負担が少ないし、酒がおいしく、アルコールが徐々に吸収され、ほろよい状態(=快感)が長く続く。体も疲れない。
なんか豊かな気分にもなれるし。

さあ、「韓国式飲み方」やってみませんか!?
スポンサーサイト



テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

おはようございます。
コメントありがとうございました。
はい、わさビーフ、もちろん覚えていますよ。
あのコメントを機にどんどん発展していったと思います。
じゃがポックルは、今回書いた飲み方に合います。
空腹で飲むアルコールよりも落ち着いて豊かな時を過ごせます。
そして、楽しんでいただけてよかったです。
もうすぐ12月ですので、ご自愛ください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

おはようございます!
ご丁寧なコメントありがとうございました。
そのようにおっしゃっていただけるのはうれしいですが、そこまでではないと思います。
来年はぜひおいでください。
鍵コメさんこそ、新しい門出おめでとうございます。
お酒の件もさらにいろいろお聞かせください。
かなり寒くなりましたので、ご自愛ください。

酒飲み

 初めまして。 楽しくいろいろな頁を拝読しております。
 実は我が亭主、やはり酒が大好きで、しかも何も食べず、ひたすら飲む。
 飲み終わったら食べる。それも散々飲んだ挙げ句の食事なので、少量になります。毎晩そんな生活が25年位続き、胃がんと食道癌になり、お酒を断ちました。
 当時はタバコも吸っており、家飲みであるにも係わらず、タバコ&お酒代が、月に¥8万~¥10万円。病を得なければ破産しておりました。
 何卒、お身体、ご自愛下さい。

夢見るセブンさん

こんばんは。
こちらこそはじめまして。
拙ブログをいろいろ見ていただいているとのこと、とてもうれしいです。
また、この記事にコメントをありがとうございました。
まずは、旦那様はもうすっかり完治されたのでしょうか。
いずれにしましても、健康でありますことをお祈りします。
随分飲まれていたのですね。
僕の場合は、食べながらでないと飲めませんし、量はそれほどは多くないですし、週に2日だけ飲んでいます。タバコは吸いません。
体に気を付け適量ずつ飲んでいきたいと思っています。
これからもよろしくお願いします。

お酒

 ご心配をお掛けするようなコメントで 失礼しました。
今は元気になり、カツ丼まで食べられるようになりました。
 『酒飲みはその毒なるを知らず、下戸はその薬なるを知らず』と
先輩より聞きました。
 楽しいお酒が一番ですね。
 

夢見るセブンさん

こんばんは。
ご丁寧にどうもありがとうございました。
そのように元気になられてよかったです。
これからもずっとお元気で過ごされますよう、祈っております。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード