FC2ブログ

世の中ヤバいと言わざるを得ません

みなさまこんにちは。
今年も残すところ3日になってしまいました。
慌ただしいですねぇ。
お元気でしょうか?

僕の体のサイズは、LとLLの中間よりややLLの側です。
Lでも着られないことはありませんが、やや窮屈です。僕は肩幅が広く手もやや長めなので、Lだと手とか肩が締め付けられるような感じになってしまいます。
よって、着るもの穿くものを買う時はLLを探すのですが、LLの展示、在庫は少ないです。
特にバーゲンではLLは希少です。
先日、パジャマ兼部屋着を買うため、Sむらへ行ったのですが、MやLは山のようにあるのですが、LLは上下、1つずつしかなかったため、仕方なくそれを買いました。
LLを買うためにはデザインや柄を犠牲にせざるを得ない羽目に陥ります。
逆に、大きい物サイズ売り場では3Lとかばかりで。
最近の日本人の体格の向上から、LLの需要は多いはずなので、要はすぐに売れてしまうのでしょうね。まさかメーカーはLLをあまり作っていないということではないでしょうね。

1週間ほど前に都内で全社忘年会がありました。
全ての人が一同に会して忘年会を開く意義はあるでしょうけど、どんな人とどのように話をするかって、結構面倒ですし気を遣いますね。
そして実際に参加して、楽しかったし、いろんな人と有意義な話ができたのですが、その一方で、「この人は何でこんな立ち振る舞いをするんだろう?」とか「この人はなんでこんな甘えたこと(あるいは失礼なこと)を僕に言うのだろう?」とか「この人は何て計算高い(あるいは画策をする)のだろう?」と思うような場面も一杯ありました。
おしなべて言うと、その忘年会は、よかったこと=51、よくなかったこと=49のようなバランスでした。

かつての忘年会と言えば、皆、普通に礼儀を尽くし、正直に気持ちを表現し合い、相手を労い、自分にとって関わり合いのある人に自然に礼を言い会話を交わしたものでした。
よくないことも少しはあったけど、大半はよいことでした。
そして、そのよいことも予測可能だったのです。

こうしたことは忘年会に限らず、ふだんの職場でも大体こんな感じです。

職場の人々のこうした最近の「変化」とは、僕が歳を取ったから感じ方が変わったものによると思っていました。
ところが、「どうも違うのではないか」と思い始めたのです。

ユーチューブに目を転じてみましょう。
最近の話題の一つはN国党関係者の間のバトル。そしてそれを評論する人。そしてさらにそれを評論する人。
いろんな人の考え方のせめぎ合いが複雑にあるので、確かに興味深いと言えます。
N国党の存在自体が旧来の政治や社会を逸脱するので、そこに関わる人はユニーク過ぎて昔の常識では測られない人たちです。
さらにそういう人たちが、画策を凝らし、都合の悪い情報は隠し、自分に都合のよい情報を、知恵を絞って発信しています。
炎上したり提訴したり・・・と、それはそれは複雑怪奇です。
もちろん、頭のいい人たちが中心になっているので、斬新で有用な考え方も多いのですが、とにかく進むべく方向が明確でないのと、個人の考えがバラバラであり、しかも分かりにくいとあっては、まさに混迷を極めているわけです。

そんな中、二次評論者、三次評論者がごまんといるのです。
そうした評論者の中には鋭い人もいれば、単に井戸端会議程度のおしゃべりの人もいます。

重要な視点の一つは、これら一連の全ての人がwin-winの関係ではないということです。
全ての人が正直に溌溂として自分の意見を言っているのではないのです。
中にはそういう人もいますが、そういう人の考え方もバラバラです。
そして、せめぎ合い、けん制し合いで、相手を貶める人が結構多いのです。

まあ、こうした話題で多くのユーチューバーが広告収入を上げ、さらに新たな広まりを見せているのですから、一種の新しい業界と言えなくもないです。
そして、こうした話題の”火種”を与える人(N国党関係話題で言えば、TさんとかHさん、そして最近有名になった評論のH-Tさんとか)は、新たなビジネスを創出する人と言えるかもしれません。
ただですね、こうしたネットの”炎上ビジネス”は、かつての健全な日本の産業のような、新たな需要や雇用を産むような付加価値の連鎖ではないことと、進むべき方向が一定ではないことと、たとえ一定だったとしても人の解釈がバラバラなので、人々は意識や目的を共有できないと思います。
よって、関わる人たちは精神的な負担が大きいのです。

これはまさに現代の社会の縮図ではないでしょうか。
社会全体がこういう状況になってしまっているのだ、だから職場でもこうなのだな、と思うようになったのです。
分かり易く書くために、単純化しましたが、実はもっといろんな場面で同様なことを観察していまして、このような考えに至った次第です。

結局、みんなそうしないと生きていけないのだと思いました。
正直に素直に礼節を尽くし、感じよく振る舞っていては負けてしまう世の中なんだと思ったのです。
それが正しいとすると、すごく問題ではある一方、みんな苦しいのだからお互い様だから、急に同胞的に見えてきたのです。
これでまず少し気が楽になりました。

問題の根は深いけど、みんな一緒なんだねと言う安心感。
だからまず、皆、このことを共有して一緒に考えましょうよ、ということです。

今の社会の問題の解析と解決法。
今日はそれを論じません。
答えは難しい。大西つねきさんの主張するような根本解もあるけれど。
利益出すばかりの旧態依然たることやめて、人間らしい生活、子供を育てる人に普通にお金を出す世の中にしたいですね。   
しばらく黒字を食いつぶすでもいいではないか。

そして最後は歳のこと。
自分は若いつもりで皆と接してきて同等のような感じで言動してきたのだけど、実は、全ての煩悩を脱した淡い人間のようにどうしても思われてしまうのでしょう。
だから人は自分のわがままを平気でぶつけてくるのかもしれません。
こう考えると、いろんな人の失礼な言動はそれほど気にならなくなってきます。
そうした邪念を振り払い、本来自分のやりたいことに特化し、そして世の中を変えるんだ、さらには自分の後輩たちも救うんだ、と考えられるようになり始めた気がしたんです。

最近、なぜこんなに苦しいのだろう? と思ってきたことに対し、社会のことに関し、そして自分自身のことに関し、少しは何かよい方向に向かう感触が得られましたので、書いてみました。

ではみなさま、よいお年を!
スポンサーサイト



テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

2020年からは

”利益出すばかりの旧態依然たることやめて、人間らしい生活、子供を育てる人に普通にお金を出す世の中”

に変革していければいいですね。

社会ももちろん自分の行動にも

面白半分さん

おはようございます。
コメントありがとうございました。
そのためには、単なる意識改革とかではなく、問題の原因の解析と抜本策につき、来年は真剣に論じないといけないと思っています。
来年もよろしくお願いします。
よいお年をお迎えください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

あけましておめでとうございます。
とてもご丁寧なコメントをありがとうございました。
昨年は大変お世話になりました。
今年もよろしくお願いします。
先ほどお邪魔してコメントさせていただきました。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード