FC2ブログ

新しいビジネスアイデア

(本題の部分は英文ブログと同内容で同時投稿です)

みなさまこんにちは。
連休はよいお天気に恵まれていますね。
いかがお過ごしでしょうか?

昨日はいろんな所で渋滞したのではないでしょうか?
僕も埼玉県の県道19号線(通称越谷野田線)で、江戸川を渡る橋の手前の1kmを通過するのに1時間以上かかりました。
橋の手前側の麓の信号では、横方向から橋に進入する車が橋の頂上の信号で堰き止められ、麓の信号まで列をなします。すると、直進の車は信号が青になっても2、3台しか通過できません。
つまり、横から来る車はほとんど渋滞せず、直進の車は恐ろしいほどの渋滞というわけですね。まさに信号の切り替えタイミングの設定ミスというわけです。
欠陥交差点という意味では、千葉県の国道16号(高速の側道)と国道126号が交差する加曾利交差点が問題大きいですね。
車がガラガラの126号の方向に著しく信号が有利に設定されており、16号側(特に上り)は信号を5回くらい待たないと通過できないことがよくあります。こんな状態が何十年も続いています。
それから、16号の千葉運動公園のあたりとか、埼玉の298号の草加市内のとんでもなくたくさんの平面交差点(おそらく政治的理由で作られたのでしょう)とか、いつか関東の最悪交差点のランク付けをやってみたいと思います。

最近のGoogle翻訳の能力はすごいですね。AIが導入されたと言われています。
前後関係を解析などして目的に応じて自然な言い回しを見出したりしているのでしょうね。
かつてタイピストとか、和文タイピスト(若い方知っていますか?)という花形の職業がありましたが、PCの登場により絶滅してしまいました。
翻訳家もそのようになるのでしょうか。
そのうちに、「翻訳家なんていう職業があったんだ!」という会話がされるかもしれません。
でも僕は今のところ、仕事でもプライベートでもGoogle翻訳は使いません。
なぜなら、言葉そのものには文化があるからです。文化の伝搬という部分を重視しています。
しかしこれとて、AIはそのうちにやってのけるかもしれません。

新型コロナウイルスを封じ込めるために、もちろん対策は必要です。
しかしながら、我々個々は大人としての尊厳を保ちたいですね。
僕の会社でも、あたかも強制収容所のような感じです。

何事も発信する場合は、自分の思いと受け手の評価が一致しないのは世の常であります。それはもう十分過ぎるほどわかっています。
しかしごくたまに本音を言いたくなる時もあります。(タブーではあるでしょうけど)
正直、前回の記事はかなりセンセーショナルである自信がありました。
自分の結論が正しいということよりも、着眼として世に広めるという意味においてです。
驚きの反響があると思っていました。あるいは炎上が起きるかもしれないとも思いました。
友人はいち早く「興味深い」と言ってくれました。
しかしそれ以外は全く関心が得られないようでした。
これまで書いた記事の中でも最も価値の低い記事と取られても仕方ない。そんなことを自らに言い聞かせつつ失意の中、次の記事を挙げる準備をしていました。
するとお一方からコメントをいただきました。ほんとにありがたかったです。

さて本題です。

この度、新しいビジネスプランをまとめました。
僕が長年、材料開発の業務として、大手メーカーに紹介し評価を仰ぎ採用されるに至るまでのプロセスにおいて、非常に多くの失敗経験とわずかな成功経験を元に、何をすれば成功に近づくのかを指南するものです。
多くの材料開発の現場では、基本的に大事なことを考えずに開発作業を始めてしまい深入りしてしまいます。
それなりによい材料を開発できて、客の担当者が喜んだとしても、土壇場で不採用になるケースが非常に多いです。開発のための貴重な時間、費用(人、モノ、その他)が一瞬にして無に帰してしまいます。
大手メーカーにとって新しい材料を採用するということは一体何なのか、その決定に至るプロセスとは何なのか。それを解明せずして材料の開発は難しいです。
いや、それどころか、そのことが最大のキーであると言っても過言ではありません。しかも、そのことの重要性も方法論もほとんどの場合、認識されていません。

それを体系付けてまとめていきます。
イベントの中の「ビジネス部会」で扱っていきたいと思います。
必要な方にコンサルしていきたいと思います。
ご興味のある方はぜひお知らせください。

では引き続きよい連休をお過ごしください。
スポンサーサイト



テーマ : 経営コンサルタント
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード