FC2ブログ

Coffee Break Beatles No.199 「For No One(フォー・ノー・ワン)を多重録音してみた」

みなさまこんばんは。
しばらくシリアスな記事が続いたので今日はリラックスした記事を書きます。
タイトルにもあるように、コーヒーブレークしてください。
このシリーズCoffee Break Beatlesもついにあと1回で200回目を迎えます。
何か特集記事やらないと。

ただでさえ土日は心技体のバランスを図ることを心がけていますが、このコロナ禍ですもの、さらに意識的にバランス図らないと。
僕に限って言えば、先週会社でかなりいやなことがあり、こだわり過ぎるとかなりヤバい状況でしたので、意識的に発想の転換を図る必要がありました。

僕は若い頃からギターやピアノの弾き語りを趣味としています。
それだけでも十分よい趣味だと思いますが、さらに広く、深く極めようと思って、多重録音をやっています。
自分一人で何から何まで録音することもありますし、誰かとコラボする場合もあります。そのやり様は様々です。

質の高い作品を発表できればいいですが、なかなかそうもいかないので、作製過程を楽しむことにしています。
左脳も右脳も使うようです。
喩えれば、子供が何かのいたずらをするようなワクワク感ですね。
終わった後は必ず爽快な気分になります。

今、この記事は、「コロナビール」を飲みながら書いています。
「コロナをやっつけろ!」ってね(笑)
1987年に僕が初めて仕事で海外に行ったのがハワイでした。学会があったんです。
その時、アメリカ人からコロナビールを紹介してもらいました。メキシコのビールです。
燦燦と輝く太陽の下、コロナビールの飲み口にレモンを差して、岩塩もちょろっとつけて、ぐいっとやるんです。
あれ以来僕は病み付きになりました。
あの頃は日本ではほとんど売っていませんでしたが、今は酒屋ならどこでも売ってるでしょう。



今日の多重録音は、ビートルズのFor No One(フォー・ノー・ワン)を一人で全パート録音しました。
1966年の名アルバムRevolver(リヴォルヴァー)の中の1曲です。

ビートルズというのは、アイドル曲やロックな曲を書く一方、時々とんでもない名曲を初期のうちから出していました。
例えば、This Boy、If I Fell、Yesterday、I've Just Seen a Face、Here There and Everywhere、そしてこのFor No Oneです。
これらの曲は、あたかも過去に専門の作曲家が作ったスタンダード曲のような感じです。
でも、100%完璧なスタンダートではなく、どこか素人っぽい部分が見られ、そこがまた魅力でもあります。

実はこのFor No Oneは、結構若い時に、大体は耳コピしていました。
でも、ピアノやギターでは弾き語りしにくかったので、ほとんどやっていませんでした。
キーがB(ロ長調)なんです。
ピアノでもギターでも弾きにくいです。
それにあの独特なリズム。
そして、この曲の見せ場は、サビの部分で、駆け上るようなベースと、アルプスの牧場にこだまするかのような美しいホルンです。
たとえ、ピアノやギターで弾けたとしても、この曲の魅力を表現するのは難しかったのです。

キーがBの曲というのはとても珍しいです。
ビートルズでは、この曲以外だと、One After 909ぐらいでしょうか。
ローリング・ストーンズではJumping Jank FlashがBです。
山根康広のの愛を贈りたいから~Get Along TogetherもBです。
あと、いすゞのトラックのCM(♪ど~こ~までも・・・)もBです(笑)
とにかく少ないですよ。
Bの曲をピアノで弾くと#だらけになってしまい、なぜかあまり好きでないです。
黒鍵が多いなら♭だらけのほうがいいですね。例えばThe Long and Winding Road(キーE♭)なんか弾くの好きです。

For No Oneの詞は結構大人です。
ポールの甘いボーカルと、あののどかなホルンの響きからして、のほほんとしたストーリーと思いきや、そんなことは全然ありません。
結構複雑なシチュエーションを描いた詞です。
サビは暗い雰囲気を醸し出していますし、"Cried for no one"と歌詞からして虚しいloveを歌っているのです。

主にポールが作った詞なのでしょうけど、ジョンもきっと「おいポール、なかなかの詞を作ったな」と言ったに違いありません。
大人な詞ですけど、意外にヒヤリングしやすいです。
だから、若い頃からドライブ中に歌っていました。

そして、今日ようやく多重録音の運びとなったのです。
コードとメロディを耳コピすること自体は結構簡単でしたが、それぞれの楽器とボーカルにおいて、あの雰囲気を出すのはとても難しかったです。
ただやるだけだと、すごく変になってしまいます。
(っていうか、結局変なものしかできなかったけど)

では、拙録ですが、お楽しみください。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

懐かし~☆彡

ホントに、うん十年振りに聴きました。
確かにこの曲は、ビートルズの(隠れた)名曲ですね。
ST Rockerさんのとても味のあるカヴァーを聴いてつくづくそう思いました。
何度も聴いてしまいそうです(これまでの曲も含め)。
ホルンの部分は、シンセではなくて本物ホルンが使えるということなしですが、充分堪能しました。
しかし、多重録音がご趣味というのもかなり贅沢ですね。憩いの時を過ごすには最高です。データーも財産として残って行きますし。

鍵コメさん

おはようございます。
大拍手ありがとうございます!
演奏と趣味の件、ありがとうございます。
確かに音楽は癒されますね。脳も心身も活性化させるようです。
鍵コメさんもその楽器ぜひ再開ください。

GOMA28さん

おはようございます。
拙録を聴いていただき、ありがとうございました!
質の低いものしかできませんでしたが、何か雰囲気を感じとっていただけたようなので、とてもうれしいです。
他の曲も含めて何度も聴いていただけるというのはうれしい限りですが、それに耐える質にはなっていないような・・(笑)
もっと頑張りたいと思います。
最近のシンセは原音を録音して電子化しているので、単音そのものは原楽器そのものの音ですが、メロディーを運ぶと全然違うようになってしまうものもあります。ホルンの場合は、メロディー運んでもあまり変になりませんでした。でも管楽器を鍵盤で弾くのはやはり無理はありますね。実はホルンのパートは何十回も録り直ししました。
趣味と財産の件、ありがとうございます。

No title

聴かせて頂きました。音楽は聴くのも楽しいですが、自分で演奏するというのはもっと楽しいですね。

キーがBの曲は確かに少ないかもですね。ギターでは5弦ルートのBの押さえ方だと、普通は薬指を反らして押さえるのでしょうが、僕はなぜか全く反らず、ネックを握り込んで適当に押さえてやっています。

JK4HNN/とっとりLC575さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。
録音を聴いていただき、ありがとうございました。
音楽をやるほうがさらに世界が広がるのは事実ですね。
「薬指を反る」ということについて。
僕などの世代ですと、ギターの教則本の呪縛があるので、そのフォームに固執しがちです。
しかし、ロックの演奏においてはあまり意味はないと感じることもしばしばです。
Bのキーは、確かにギターではキーボードほどのやりにくさはないですね。

No title

”キー”がよくわからないのですがBでしたか。
私が持ってる楽譜(シンプルなピアノ譜です)だとC(だと思う)だったのでコードだけは押さえられそうで少しチャレンジしたことがありました。

やはりギターも鍵盤もできるST Rockerがうらやましい!(耳コピも!)

面白半分さん

おはようございます。
コメントありがとうございました。
たしかに、そもそもこの曲のキーは何なのか?という問題があると思います。
出だしを含めてのBの部分はあまり”落ち着いた”印象ではありません。
むしろ最後のF#(Bから見たら5度)が一番落ち着いています。
こんな曲の作り方自体が素晴らしいと思います。
Bのような変わったキーは、楽譜では半音くらい変えて出す場合もよくありますね。
Cでギター演奏しても全然問題ないと思います。
耳コピも含めて下手の横好きでいろいろやっています。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード