FC2ブログ

ご当地ナンバー続々誕生す

2020-5-14(木) 20:00に末尾に追記しました。

みなさまこんばんは。
前回記事(多重録音)ではたくさんのコメント、拍手、ありがとう!!
とっても励みになりました。

新型コロナウイルスの陽性者数が大分減ってきました。
間もなく、それなりの”第一次終息宣言”と相成ることでありましょう。

ここで言いたいのは、ここまで優秀に陽性者数の収束を迎えたのは、首相や都道府県知事(ごく一部の例外は除く)のリーダーシップではなく、日本人の魂と知恵によるものに他ならないと考えます。
単に”三密を防ぐ”などということではなく、物を介しての接触感染を含めてのあらゆる感染の可能性を検討した、いろんな業者さんや一般市民の真摯な態度と、具体的な方策を徹底して考案し実践した賜物であると考えます。
首相とか知事なんてのは、”神輿に乗ったリーダー”ですよ。僕らが支えているんですから。

高校の同期が、一流の感染症の研究者であることを思い出しました。
彼は既に、インフル等の感染症においては優れた業績を上げています。新型コロナについてもググってみたら、彼は既に、製薬会社と連携して検査キットを開発していました。
同期がこのような活躍をしているのは本当にうれしいですし、そして自分も、コロナそのものには貢献できないけど、考え方とかにおいては少しは役に立てるのではないかと思った次第です。

もう少しです。ぜひ頑張りましょう。

今日も在宅勤務でした。
今日は飲み曜日なので、フレックスで4時に上がって、まだお日様が照っているうちにから飲んでいます。無常の幸せ(^^♪

さて、今週月曜(2020年5月11日)から新たなご当地ナンバーが交付始まりました。
北から、知床、苫小牧、弘前、白河、上越、板橋、葛飾、江東、市川、船橋、松戸、市原、伊勢志摩、四日市、飛鳥、出雲、高松です。

ご当地ナンバーてのは、風情があるものですし、その土地の民意が反映されたものです(一応)ので、喜ばしくはありますね。
でも僕は、基本的にご当地ナンバーは反対です。というか、日本の車のナンバーの制度には抜本的な改革が必要です。理由を下記のようにまとめます。

1.車のナンバーというものは、一見してその車がどこのものであるかを視認し理解しなくてはいけない。その意味からは、ナンバーは都道府県の名を冠したものであるべきである。
2.もしナンバーを県の単位より小さい単位で分けようとするならば、誰もが納得して公平性を感じてもらうような分け方などはあり得ない。
3.同じナンバーを再利用することを制度化しない限り、ナンバーはどんどん使い切り、ナンバーを細かい地域に分割せざるを得なくなる。
4.以上より、日本の車の名ナンバーは市の単位にならざるを得ない。事実そうなってきている。そしてそれは本来的な目標である1とは逆行する。

僕は、車のナンバーに関しては関心があり、これまで次のような記事を上げてきています。

2017-9-20「またまた、ご当地ナンバー再燃」
2016-6-11「車のナンバーを替えました」
2015-6-23「ご当地ナンバーを考える」
2013-8-17「またまたご当地ナンバーの奇妙」
2013-6-19「また車のナンバーの話を少し」
2013-6-16「嗚呼、袖ヶ浦ナンバー」
2012-3-12「車のナンバーあれこれ」

では、このあたりぶっちゃけ話を交えて書かせていただきます。
なお、若干ミーハー的な話を含みますが、車のナンバーはミーハー的な話抜きには論じられない点、ご了承ください。

まず、千葉県についてです。
千葉県は、かつての「千ナンバー」が2つに分かれた時、千葉市以南を「千葉」、その北側を「習志野」ナンバーとなりました。
みなさま、習志野ナンバーの習志野とは習志野市のことではない、とご存知でしたか?
千葉陸運局習志野陸運事務所は、船橋市習志野台にあります。自衛隊の近くですね。
本拠は船橋市なんです。

ならば船橋ナンバーでもよかったのでしょうけど、市川や松戸や柏から猛反対が起きると見たのでしょうね。
ごく最近ネットで知ったのですが、習志野というのは、昭和天皇が命名された、船橋から習志野市一帯の広域の地域名称だったとのことです。
なるほど、だから習志野ナンバーが採用されたのかもしれませんね。
でも、「北総ナンバー」とかでもよかったかもしれませんね。

習志野という地名は、天皇がお付けになってこともあって、確かに風情のある地名ですね。
ですので、市川、船橋、松戸、柏といった北総地域の車のユーザーにとって習志野ナンバーは、多少の違和感こそあっても、それほど嫌ではなかったに違いありません。
しかし、習志野ナンバーが次第に満杯になってしまったことを受け、旧習志野ナンバー地域内に野田ナンバー(野田市、松戸市、柏市、我孫子市、流山市)(ご当地ナンバーでない)ができたことが一石を投じました。
野田市の方には申し訳ないですけど、やはり柏市、松戸市の人にとって野田ナンバーは耐えがたいものでありますm(__)m
だから、ご当地ナンバーとして柏ナンバーができ、そして今週、松戸ナンバーができました。

千葉県を2つに分ける時、北部を北総、南部を房総などと分ければよかったものを、習志野、野田、成田、袖ケ浦という、ややマイナーな地名のナンバーを付けたものですから、ユーザーとしては納得せず、柏、市川、船橋、松戸、市原ということになったのでしょう。ある意味、当然です。そのうち、木更津、君津、館山、銚子が名乗りを挙げてくるでしょうね。

神奈川県の場合は、ご当地ナンバーではありませんが、湘南ナンバーの誕生の際に醜い自治体の主張がありました。
湘南というのは、本来、鎌倉から二宮あたりの沿岸地域のみを指すものですが、結局、「オレも入れてくれ」と、湘南とは言えない地域の市町村の数々の利己的な主張により、湘南ナンバーは随分広いものになってしまいました。

茨城県の場合は、従来、水戸ナンバーと土浦ナンバーの2つでした。
土浦というのは実はよい場所なのですけど、とにかく「土」という字がダサイんですね。
つくば市は、ダサい茨城の中でも唯一ブランドがある市です。研究、国際という意味で、特別な場所です。
ですので、つくばナンバーは人気があります。
湘南ナンバーほどではありませんが、茨城県の各市も、我も我もと、つくばナンバーを望みました。
すると、西は古河に至るまでの恐ろしいほどに広域の地域がつくばナンバーになってしまいました。
本家土浦ナンバーの残党はごくわずかの地域になってしまいました。

埼玉県は、映画「翔んで埼玉」でも描かれていたように、浦和と大宮はとっても仲が悪いです。
なのになぜ大宮ナンバーというのがあったのかというと、交通の要は大宮であることは浦和も認めていたからでしょうね。
埼玉の東部地域が春日部ナンバーというのは不自然でしたね。だから越谷ナンバーができたのでしょうど。
それにしても、越谷ナンバーなんて。
こんな一介の市の名前が車のナンバーになるなんて!
だって、越谷という地名を知らない日本人はごまんといるでしょ。

以上、書いてきたように、ある県を地域に分けて車のナンバーにしようとすると、必ず何らかの不合理さ、不公平感を生むのです。
だから、一番いいのは、車のナンバーは県の名前であることです。
これなら、不公平感もないし、視認性もいいし、「どこの車だ」ってすぐにわかるし。
関西の県は、1県1ナンバーを貫いている所が多いのは、理解できます。

今年2月亡くなった愛知の叔父は、名古屋陸運局に勤めていました。
僕が若い時に、名古屋方面に出張があると、よく飲みに連れて行ってくれました。
叔父は陸運の仕事に誇りを持っていましたし、また苦労も大きかったようでした。
特に、尾張小牧ナンバーが誕生する時のバトルを調整するのはすごく大変だったことを話してくれました。
僕は、叔父に対して「なぜ一度使ったナンバーを再利用しないのか?」という質問をぶつけたことがありました。
すると叔父は、「それは確かに論点だ」と、僕の質問を尊重してくれ、長々と説明してくれて、「やはり日本では車のナンバーというものは財産と捉えているので、再利用は難しいのだ」と結論付けました。
ああ、もっときちんと記憶しておけばよかった。
叔父の貴重な話の中味をほとんど忘れてしまいました。
このことは今でも謎です。なぜ、日本は車のナンバーを再利用しないのだ!?
分類番号として7を使ったり、アルファベットも使い始めたけど、焼石に水ですね。

そうです、日本の車は、ナンバーを再利用しないから、すぐに満杯になる。だから細かい地域名に分ける必要になってくる。いずれ市だって満杯になるでしょう。
その点、アメリカは、州の名前のプレートであり続けています。そして、ナンバーを再利用しています。
登録年を付したり色を替えたりもしています。

やはり、車のナンバーに関してはアメリカを見習うべきでしょうね。
1県1ナンバーで、再利用あり。
ぜひ陸運局に検討してほしいです。

2020-5-14(木) 20:00 以下補足します。

我が国では希望ナンバー制度というのがあり、人気であり、よく利用されています。
4桁の数字部分のみ、自由に選べるというものです。
4桁の数字なので、1から9999までの9999通りの中から1つを選べるわけです。
誕生日を選ぶ人が多いです。あるいは何かの記念日。
当然ながら、「何月何日」というのは365通りあります。
誕生日以外で人気の番号は、何かの語呂になっているもの、例えば1122(いい夫婦)、2525(ニコニコ)なんかですね。

そうなんです。希望ナンバーって、実際問題、ごくごく限られているんです。
9999通りがまんべんなく使われればいいですが、ごく特定のものに集中しちゃっているわけです。
ここが問題なんです。

1とか3とか7とかのごく限られたナンバーは抽選なのですが、誕生日とか1122とかの希望ナンバーは手数料さえ払えば全員もらえます。
すると、1122とかは恐ろしい勢いで埋まってしまうのです。
例えば、「530さ」で始まるとして、まず530の平仮名を使い果たし、次は「531さ」となり、これも使い果たし、結局599まで行って使い果たし。

この希望ナンバー制度が、ナンバーの満杯に拍車をかけているのです。
もし希望ナンバーがなければ、そうそうはすぐには一杯になりません。

599までいったら次は7百台を使うのです。
しかしこれも、1122などの人気ナンバーによって瞬く間に使い果たされるわけです。
で、苦肉の策が、分類番号にアルファベットを使うことです。
しかしこれも抜本策でなく、焼石に水でしかないのです。

要するに、希望ナンバーを野放図に与えまくっていてはいけないのです。
それと、同じナンバー(分類番号と平仮名含めての)が再利用できないことですね。

アメリカではナンバーは再利用できます。ただし、一定の期間を経てから使えるようです。
ある車のユーザーがナンバーを取得しようとする場合、その人は陸運事務所のサイトにアクセスすれば、自分の希望するナンバーが今使えるかどうか、一瞬に判別できます。
もうかなり前からアメリカではやられてますよ。

僕はアメリカかぶれというわけではありませんが、車のナンバーに関してはアメリカに倣うべきだと思いますね。
今回のコロナでは、アメリカよりも日本のほうがはるかに優秀だったわけで、日本人のほうが優れることは確実にあります。
車のナンバーについては日本は遅れていると言わざるを得ないでしょう。
スポンサーサイト



テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

先日、いつものスーパーで
都会から来た車のナンバーにアルファベット表記を見つけました、田舎では見たこともないので大変驚きました

ぷにゅ2さん

その車の4桁のナンバーは1122だったと想像します。
こうした人気の希望ナンバーを与えすぎて、分類番号を使い切ってしまっための苦肉の策のアルファベットです。
焼石に水でしかありませんので、抜本的なナンバー制度の改革が必要ですね。

No title

希望ナンバーなんていっても”1122”は一つしかないから幸運な人でないと取れないとばかり思ってました。
「530さ」を変えていくとは知りませんでした。

無駄な番地ばかり増える感じですね

面白半分さん

そうなんですよ、1122などのおかげで分類番号(「530さ」の部分)があっという間に食いつぶされてしまうんですよ。
分類番号にアルファベットを使い始めていますが、焼石に水です。
まだ大量の未使用の4桁の数字が使えるにもかかわらず、1122などのごく一部の番号により、その地域のナンバーに寿命が来ます。
それを解決するには、ご当地ナンバーをどんどん増やして地域名を細かく区切って、新たな受け皿を作っていくしか方法がない、というのが日本のナンバー制度の実情です。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード