FC2ブログ

Coffee Break Beatles No.202 「男性にとって快感のベースラインを女性が奏でる」

みなさまこんばんは。
日頃のご愛顧、ありがとうございます。
実は、WiFiが調子悪く、目下のところ、ネットにつなぐのはごく特殊な方法でしかできませんため、みなさまへの訪問をはじめ、種々ご連絡は大分遅れてしまいますことをご承知ください。
できる限り早くの修復を試みます。

2020-6-3(水) 20:20 ST Rocker


みなさまこんばんは。
昨日、累積ご訪問者数が47万人に達しました。
とってもありがたく思います。これからもよろしくお願いします。

毎度のことながら、1週間を乗り切るのはほんとにしんどいですね。
月曜の朝は1週間が終わることは想像もできませんけど、毎回とにかく終わるんですね。
前回書きましたように、半年前くらいからかなりのピンチです。
でもありがたいことに、ピンチの時には必ず味方が現れますね。
そして、ネガティブ勢力に対し、敢えてプラスのプロジェクトを張ってみることを始めました。ありがたい同士とともに。
そして、ネガティブ勢力も巻き込むことになるといいな、ということで。
ネガティブにはネガティブで応酬しない、という自分のブログで書いてきたことや外部でプレゼンしたことを自らに課す、という人体実験であります。
(引き続き、カテゴリ「メンタルヘルス」の記事を読んでくださいませ(^^)/)

仕事のことはまた近いうちに書きます。
今日は極めてリラックスで書きます。シャンパンなど飲みながら読んでね(^^)/

新型コロナについては前回ガチで書いたので、今日はリラックスの話題を書くね。
僕からのちょっとしたお願いだよ。

・お店の入り口の消毒液を手にかけたら、まずは横に移動してから手をこすってね。その場でこすっちゃうと次の人が並んでるからね。
・鼻を出してマスクをしている人、かろうじて鼻の頭にはかかっている人、鼻はちゃんと覆ってはいるどワイヤーをちゃんと顔面に合わせていない人。マスクってウイルスを完全に防げるものではないので、完璧に装着しなくても関係ないという考えも成り立つ。でもこれらのマスクのかけ方ってあんまり見映えはよくないんだよなあ。特に閣僚とか医療関係者とか自治体のリーダーの人がこのようなかけ方だとドッチラケだよね。せめてインタビューに答える時くらいはちゃんと装着してほしいな。けじめだから。
・スーパーやコンビニでお釣りを受け取るのは手渡しでなくてトレイで渡すでしょ。これって非人間的だし、取りにくいんだよなあ。でもこれって仕方ないんだよ。だって、新型コロナって実は手を通じて感染するのが一番多そうなので、トレイで渡すのはスーパーやコンビニの人が一所懸命考えて取ってくれている対策だから。協力しないと。でも、こんな習慣がこれから先も絶対に定着しないように願わないと。
・在宅勤務って、性善説に立てばいいこと一杯あるけど、性悪説に立つとやばいことだらけだよ。下手するとスタンドプレイの温床になるね。メールが定着してようやく30年でどうにかそれなりのやり方のノウハウが確立し始めたのだけど、在宅勤務も、それが定着するまでは30年はかかるぞ。誰だ?働き方改革で在宅勤務を積極的に採り入れようと呑気なことを言っている我が国のリーダーは? それにしても、在宅勤務はコーヒー豆の消費が飛躍的に多くなり困ったもんだ。

では本題に入ろう。

人間は男性と女性が半々である。
男性と女性は同じこともあれば違うこともある。
僕のこれまでの人生において感じるのは、男性と女性で、楽しみ方の感覚がほぼ同じなのは、マラソン、登山、家庭菜園である。
この3つは、男性も女性もほぼ同じ感覚で楽しんでいるように思う。

では音楽はどうか。
男性と女性では大分楽しみ方が違うように思う。

女性はたいてい、ボーカルとか歌詞を重視する。
でも男性はたいてい、リズムセクションとか編曲とか俺ならどう弾こうとかを重視する。

音に関しては、概して女性は高音を、男性は低音を好むと言えよう。
男性はベースという楽器の重要性を理解しているが、女性はそれよりも歌や歌詞のよさを重視する傾向がある。

女性のベーシストというのも、昔からいないではなかった。
でも、本当に男性のベースの好みに沿うような女性のベーシストはいなかった。

しかしである。
どうもこの構図が最近崩れてきたようなのだ。
男性が好きなベースラインを弾く女性のベーシストも最近どんどん生まれ始めたように思う。
それどころか、音楽に限らず、本来男性が好むことを女性がやり始めた例は枚挙にいとまがない。
ということは、これまで男性的、女性的と思われてきたことは遺伝子に刻まれたことではなくて社会的なことなのだろうか?

それはともかく、今日は、本来男性にとって快感なベースラインを女性が奏でている動画を見つけたので、その感動をお伝えする。

ジョン・レノンは数々の超名作をこの世に与えた人である。
ジョンの隠れた名作にHey Bulldog(ヘイ・ブルドッグ)というのがある。
シングルカットされたわけでもなく、有名なアルバムにも収められているわけでもないので、一般には知名度は低い。
イエロー・サブマリンというアルバムに収録された曲である。
この曲はマニアの間ではとても好まれているロックな曲である。
ジョンのピアノがイカしているし、ギターもイカしている。

そして。
この曲のベースが、実はとってもイカしている。
男性はこのベースラインで快感を覚えるのである。
男性はこの音の運びで生きていると言っても過言ではない。

そんな超超男性的なベースラインを女性が奏でるとはびっくり。
最近、ネットで見つけたBalck Areionという方。
Hell Bulldogのベースをメチャメチャ魅力的に演奏していた。



この方、男性の喜ぶベースラインを完璧に理解されている。
というか、もはや今は男性も女性もないのかな。
とにかく、上手くて最高。
彼女、手が小さいのだけど、それをハンディとせず、安定して手首を移動している。
なにより魅力的で大感動。

コメントの1つに面白いのがあった。"i wanna be that bass"(俺はあのベースになりたい)。
これってわかるわ(^^)/
そして彼女のコメ返がいい。"You're great bass"(あなたは素敵なベースよ)。
欲を言うと、冠詞がほしかった(^^;

そしてこちらが本家本元のHey Bulldogのプロモ。
スポンサーサイト



テーマ : THE BEATLES
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんばんは

人気のブログに、本題から何気にずれているコメント、毎回の失礼お許しください笑。
低音、この魅力!
ピアノのメーカーで言えば、高音はヤマハもカワイもいいんです。
でも、低音は、やっぱりピアノ3大といわれる、スタインウェイ、ベーゼンドルファー、ベヒシュタインがいいんです。
まったく構造が違うのか?と思うくらいに違います。
あっ、もちろん手元にはなく、ホールに行ったときに弾けるのですが。。。
あの低音、ほんとうにいいんです。
目立つのはメロディですが、それを支えるベース、いい音が支えていると、曲全体が生きるのがわかります。

久々に聴き入りました☆彡

ジョンのHey Bulldogはわたしも好きで、、、。
ポールのBlackbird と並んでビートルズの影の名曲かなと思っています。
久々に聴いて何やら身体の過去の記憶が蘇った感があります。
ベース渋いですね。良い味出ています。
わたしもベースラインに痺れるガールズバンドがいて、今やファンとなっています(笑。ブログにも書いておりますが、きゃりーぱみゅぱみゅの「ファッションモンスター」のカヴァー曲など特に惹かれました。

では、失礼します。こちらにもまたお越しください。お待ちしております。

レディピアノさん

おはようございます。
今回の記事では音楽の聴き方、奏で方には女性と男性では違うのか同じなのか、について書きました。
その点からするとレディピアノさんは、今回の記事で紹介したBlack Areionさんのような低音に関心の強い女性ということとお見受けしました。(もちろん高音よりも低音が好きというわけではないと思いますけど)
実は、先日のコメントを差し上げた連弾の演奏の数々を拝聴した時に、とりわけ低音部で弾いていらっしゃる曲が魅力的に聴こえたので、あのようなコメントを書きました。
本当はもっと強調して書きたかったのですが、失礼になるかもしれないと思って控えめに書いたのです。
3大メーカーのピアノの低音の響きが全然違うのは興味深いですね。
毎年1回、ベヒシュタインは弾く機会があるので、次の機会ではよく感じてみます。

GOMA28さん

おはようございます。
コメントありがとうございました。
実は何を隠そう、今回の記事は、GOMAさんのガールズバンドの記事がきっかけとなっています。
あのバンドはGOMAさんが書いている通りですね。
これまで男性の専売特許と思われてきたようなロックの要素を完全に表現できているどころか、さらに訴えるものがありますね。
今回のこのBlack Areionさんという方は、日本人らしい女性であるか細い感じながら、男性の好みそうなベースラインをしっかり醸し出しているという、このコンビネーションにノックアウトされました。
それにしても、ジョンやジョージの曲で、凝ったベースラインが結構あり、なんとも快感です。
Blackbirdは、おそらくは本人よりも回数だけは多くこれまで弾き語っていますが、あの感じはどうも一生完成しそうにありません。
この曲も聴く(あるいは弾く)関心は男女で違うようです。

No title

こんにちは、
六月からは今までの在宅から通勤に変わられたのでしょうか ?

音楽の好みに男女差がある事など今まで考えもしませんでしたので…少々驚いています。
確かに私の一番好きな楽器チェロにもベースと同じように
チェリストはあまりいません―私が知らないだけなのかもしれませんが。

個人的には体内(特に子宮)に響いてくる低音楽器は好きです。
歌に限らずヴォイスフェチの私ですので…
以前にも書きましたが ST Rocker さんの歌声が大好きなのです。

おばさんを通り越した私には既に、男性的や女性的の違いなど分らなくなっているのかも知れないのに…場違いなコメントごめんなさい。

minaさん

こんばんは。
コメントありがとうございます。
うちの会社は、結局6月になっても在宅方針のままです。
いかにも日本的です。
今回のminaさんのコメントとてもわかりやすかったです。
そして、これまでいただいた数々のコメントが今日一気にわかった気がしました。
音楽をはじめとした感性とか好みの違いが男女の間にあるのは、多分間違いないと思います。
でもそれが、生まれつきなものなのか、後天的なものなのかが、よくわからなかったのです。
最近のベーシストで素晴らしい女性が増え始めてきたことから、後天的なものなのかもしれませんね。
ということは、本来感性にはあまり男女差はないのかもしれません。
子宮で感じるとはよく言われますが、残念ながら僕には体験できないのですが、興味深いですね。
おばさんを通り越したなんて、そんなことないですよ。
これからもよろしくお願いします。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード