FC2ブログ

対談本はまず買わない

みなさまおはようございます。
前回の記事では、コメントのお返事や、本文への追記において、失礼な書き方にもなったかもしれず、お詫び申し上げます。
前回の記事の場合、そのことを強調せずには記事を書いた意味がなくなると考え、敢えて書かせていただきました。

さてここ数日、忙しくてみなさまへの訪問ができておらず、失礼しています。
また、今回の記事も超手抜きで失礼します。

仕事上の厳しい状況は続いています。
しかし、基本、自分の考えは誤っていなかったのだと確信しています。
自分をサポートしてくださる方の意見をよく聞いて、物事を進めています。
単に自分の努力だけなら何ら苦労はないのですが、人の行動や考え方を改める(職務上)必要があり、そこが大変ですね。

50代の途中まで読書の虫であった僕ですが、対談本というのを買ったのは1冊か2冊しかありません。
図書館で借りる場合でさえ、対談本はぐっと優先度が下がります。
対談本というのは、AとBという人が会話したことをそのまま本にすること。(もちろん若干の編集はあるのでしょうけど)

理由は至極シンプルです。
会話というのはアドリブですので、行き当たりばったりだから、本当によい議論ができたのか、あるいは本人らが主張をちゃんと言えたのかが不明なこと。(これにしても、若干の脚本はあるのかもしれませんが)

対談と言ってもいろんなタイプがあります。
Aという専門家の話を、Bという単なるインタビュアーが聞く場合。
AもBも専門家であり、意見をぶつけ合う場合。
AとBは専門分野が異なり、異分野であるからこそ、議論により何か新しいものが出るかもしれないのを期待する場合。
などなど。

対談だからこそ、よい本になることはあり得えます。
でも、Aという専門家の主張を正しく、効果的に理解したい場合、確率からすると、Aが単独でまとめた本の方がはるかに期待値は上です。
だから、基本は単独著者の本、そしてもし何等かのコラボが期待できそうな場合は、対談本も読まなくもない、というのが僕のスタンスです。

ユーチューブでも僕は、基本、対談は好きではありません。
誰かの主張に対し、単に相手をしているだけなどは、情報量が半分なってしまいます。話も折れますし。

そんな中、和佐大輔さんと木坂健宣さんの対談は大変価値があると思います。
それぞれが、とても考える力があるところ、対談ではそれが掛け算になるからです。
下手な対談は、単独で話すことの半分の価値にもなりかねませんが、和佐・木坂対談は掛け算になると思います。
「コロナ解体新書」あたりでググってください。
コロナの話題はすでに時期が過ぎたかもしれませんが、物事を考えるというのはこういうことか、ということを与えてくれると思います。
スポンサーサイト



テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんばんは🌙 いつもありがとうございます

私も対談本はあまり持ってないけど、
心理学者河合隼雄と村上春樹の対談本は割りと興味深く読んだ記憶があります。

年齢を重ねて村上春樹の小説は読まなくなりましたが、河合氏の持論の要点を引き出す
巧みな聞き手だったように思います。

対話する同士の信頼関係の度合いで 内容の濃さも変わってくるのかも知れないですね。



raffineさん

こんばんは。
こちらこそいつもありがとうございます。
コメントありがとうございました。

raffineさんも本を結構読まれているようですね。

河合隼雄と村上春樹は、かなり一流な学者、作家であることはよく知っていますが、実はどちらもまだあまり読んだことはありません。
本をはじめ、いろいろな物は、紹介いただいたという縁で興味が湧くきっかけになりますね。
そうしたご縁は大事にしたいと思います。
そして、河合・村上対談ですね。機会があれば読んでみたいと思います。

対話する同士の信頼関係ですか。
あまり考えたことはなかったですが、確かに大きそうですね。

貴重なコメントをありがとうございました。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード