FC2ブログ

年末に想う

2020-12-25 21:20に、記事の最後にOh! Darlingの多重録音載せました。

みなさまこんばんは。
今年もまもなく終わろうとしています。
まさに、光陰矢の如し、であります。

今年はジョン・レノンの生誕80年、没後40年というとで、とても節目の年でした。
毎年、この12月というのは、何かとジョンの話題が多くなります。
僕も、12月にはジョンの曲を録音したり、ジョンへの語りかけを録音したりしていたのですが、この節目の年には何もできませんでした。
その理由は、超忙しかったというのもありますが、ジョンへの思いとうのは、節目だからと言って特別なものではないからです。
多重録音をやるようになってから、詞もメロディーも編曲も、作者の目線がよくわかるようになりました。
ジョンの詞や音楽やメッセージの味わいは、まだまだ開拓中です。

さて、今、木星と土星が最接近しています。
最接近と言っても、地球からの見え方がも最も近いという意味です。
もっとも、地球→木星→土星がほぼ一直線上にあるのですから、実際の距離も最接近に近いのでしょうね。
今週の月曜(21日)が一番近くなりました。
ここまで近づくのは、何と397年ぶりとのこと。前回は1623年7月17日、すなわち江戸幕府3代目家光の代が始まる1か月前とのことです。
なんとも感慨深いですね。

月曜には、日没後1から2時間くらいが見頃というので、会社帰り、車を見通しのよい所に停めて南西の空を観てみました。
すると、一目瞭然でした。
2つの星がびったりくっついている光景は一種異様でした。
なんとなく飛行機か、何らかの飛行物体のようにも見えますが、動かないのですぐに分かります。
江戸時代の初期の頃の人達もあんな光景を見たのだな、と思うと何とも言えない気分になりました。
次回のこれほどの大接近は60年後だそうです。
若い方は人生で二度観られる可能性ありますね。
ところで、土星の輪を観察したことはありますか?
おもちゃの望遠鏡でも輪があることがわかります。
ちなみに、金星は地球の内側、火星は外側なので、大接近どころか接近しないようにも思えますが、実は大接近はあります。
太陽系の図を描いてみればすぐにわかります。
太陽系の惑星たちは地球の兄弟姉妹のようなものですので、愛着が湧きますね。
ただ、小惑星にまで広げると、またちょっと違う感情が生まれますね。

では、楽しいクリスマスと、よい年末をお過ごしください。

2020-12-25 21:20追記

みなさま、クリスマスいかがお過ごしですか?
クリスマスの曲かジョンの曲を載せようと思いましたが、いいのがないので、ビートルズのOh! Darling(オー ダーリン)の多重録音を載せます。
この曲はポールの超高音ボーカルで有名な曲です。

ええとですね、実は僕は、すごく高い声が得意なんです。ラとかシしとかの。
一時期、それ命にもなっていた時期がありました。
ここ数年アップしている多重録音は、バラードが多く、高音の絶叫系が少ないのですが、その理由は、絶叫系はアップテンポなので多重録音が難しいんです。
中音域の僕の声はガラガラ声でして、人はよく「ハスキー」と言ってくれたりしてありがたいのですが、僕的には劣等感です。
ところが、高音、しかも超高音になるとやや声質が澄んでくるので、自分は高い声のほうが好きです。
ちなみに、普段の話し声は高くなく、しかもガラガラ声です。

では、Oh! Darlingです。
2015年6月の録音なので、多重録音を始めたばかりであり、その意味ではかなり未熟です。

Oh! Darling(2015年6月録音)

ついでに、先月のPenny Laneも載せておきます。

Penny Lane(2020年11月録音)


さらに、もう1曲。

Color My World(2017年11月録音)
スポンサーサイト



テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Penny Lane

この曲も好きです。
ST Rockerさんの歌も演奏も素敵でした(*^^*)とても良かったです!!
演奏出来るって素敵ですね。楽しそうです(^_^)

猫のみーこさん

こんにちは。
いつもありがとうございます。
コメントうれしいです。
下手の横好きでやっていますけど、楽しいですよ。
これからも素敵な記事を期待しています。
今年も残るところ大分少なくなりましたが、よい年末をお過ごしください。

遅ればせに拝聴させて頂きました

いいですね。何よりこのように演奏ペースが確立されルーチン化されていることに素晴らしさを感じます。

相変わらずのマルチプレイヤーぶりを発揮されてますね。
懐かしいペニーレインの演奏を聴いて、年末ビートルズ聴いてみたくなりました。もう明日しかないですが、、、。
それから驚いたのは、Color My Worldです、以前、シカゴのライブビデオで聴いたことがあるのですが、断然こちらの方に打たれました。こちらの方が良いです。ST Rockerさんの声質~雰囲気もとてもこのチューンに合っていて持ち歌みたいに聴こえます。音にも無駄がなく正直、驚きました。
いや~いいもの聴かせて貰いました。
フルートパートにも触発され、自分も何年(いやもっとか)ぶりにフルートを取り出してみたい衝動を覚えました(笑。

NewOrderさん

おはようございます。
過分なご評価だと思いますが、素直に喜ばせていただきます。

若い頃は人前で演奏もやってはいたのですが、25歳くらいから55歳くらいまでは、音楽は自分だけで楽しみ、たまにピアノやギターで弾き語る程度でした。
その後、いろんな出会いがあり、人前での演奏やネットで録音をアップするようなことを始めました。
だんだん面の皮が厚くなってきて、下手ですがこのような状況になってきています

Color My Worldは、姉が買ってきたシングル盤のB面に収められていたのを聴いたのがきっかけです。高校生の時でした。
まだハードなサウンド主体の時期のシカゴにあって、このバラードはびっくりしました。
おもしろいコード進行だったので、すぐにピアノで真似してみようと、必死で音を取りました。大学生の頃です。
テリー・キャスの太いボーカルに憧れました。

楽しんでいただけてとてもうれしいです。
NewOrderさんのフルートも期待しています。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード