FC2ブログ

日本語は同意/反対を確認する言語、英語は肯定/否定を確認する言語

みなさまこんにちは。
暖かくなったり寒くなったり大変ですね。
いかがお過ごしですか?

コロナは、日本よりも欧米のほうが段違いに罹患者が多いのはみなさまご存知の通りです。
生活習慣の違いとか、変異種の違いとか、いくつかの理由が取り沙汰されています。

僕はこれまでの仕事で、アメリカ人、ヨーロッパ人(特にドイツ人)と多く関わってきたので、欧米人の考え方、感覚に少し思い当たることがあります。

コロナが流行るずっと前から、日本人は冬になるとマスクをする人が多かったでした。
友人のアメリカ人などは、「あのマスクは一体何なんだ!?」と、よく言っていました。
なぜなら、マスクというのは医療関係か、防疫関係の人しか着けないから。
もし自分が思い病気に罹ったなら、まずは自宅で休むのであって、マスクを着けてまで仕事になんて行かないから。
風邪なんて罹る時は罹るんだから、と。
一方で彼は、「冬に生足の女性が多いのも何なんだ!?」と。これはもっともです。

また、ある年配のドイツ人は、「マスクなんてただの紙だろ? スカスカなんだからウイルス通るから意味ないじゃないか!?」と言っていました。
「確かにウイルスそのものは通過する場合もあるかもしれないけど、少なくとも飛沫は防げますよ」のように答えたのですが、ほとんど通じませんでした。

どうも欧米人というのは、感染症というものへの感覚が日本人とはかなり違うようです。
自分の努力で防ぐべきもの、という感覚がこれまで備わってこなかったのでしょうね。

さて今日のお題です。

1991年、34歳になる直前、僕がまだアメリカへの出張が3度目くらいで、アメリカのことや英語のことをよく知らなかった時の話です。
ミシガン州の出張先の24歳で修士課程卒業したばかりの技術者の人に、シカゴまで1泊、車で連れて行ってもらったのです。
道すがらいろんな話をしました。
ライブハウスに連れていってもらうことになったのですが、彼曰く「日本にはこんな場所はないでしょ?」。
なぜそんなことを訊くのかと思って、いろいろ話をしたら、日本では今でも明治時代のような服をきた人が闊歩しており、西洋式の文化はないと思っていたようなのです。

とにかくびっくりですが、ま、それはともかく、アメリカと日本の違い、英語と日本語の違いなどについていろんな話をしました。
その一つとして、僕は、否定疑問文に対する返答のことを話しました。
「日本語では否定疑問に同意する場合は、『はい、違います』と答えるのだよ」と話したら、「ええっ~!!」とずっこけんばかりに驚いていました。全く理解不能だったようです。

それ以来、僕の中には、なぜ英語では否定疑問に同意する場合、Noで答えるのか、あまりはっきりした結論を導かれずに今に至っています。

例えば、「あなたは、東京オリンピック・パラリンピックは今年開催されるべきとは思わないですよね?」という疑問文に対し、日本語では、「はい、そう思いません」と答えます。
ところが英語の場合は、
Don't you think that The Tokyo Olympic and Paralympic Games should be held this year, do you?
No, I don't.
です。

日本人的には、Noなんて言うと、「おまえの考えには同意できないぞ!」と突っぱねるみたいなニュアンスなので、とっても違和感があります。
しかし、英米人にしてみたら、Noの響きは、「東京オリンピックを開くなんて考えはとても賛成できない」の意味が込められている、と考えればよさそうです。

すなわち、日本語は同意/反対を確認する言語、英語は肯定/否定を確認する言語、という違いがありそうです。
スポンサーサイト



テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

確かにわたしもそう感じるところありました

日本人はそれを発する人に向かい、その事柄~事象自体にフォーカスするところは、弱い、場合によっては二義的であると感じていました。
であるため、同じ内容の意見を述べても、それを言った人によって正反対の対応が還ってくることも珍しくありません。
必然的に権力に流されがちでもあります。
そのこと自体の真・誤でなく、あなたには賛成だ、いや承認できない、という文化には危ういところを感じますが。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NewOrderさん

コメントありがとうございます。
日本語の場合、確かに二義的になってしまう場合もあるかもしれませんね。
もともとそんなに議論を好むような民族ではない下地があるのかもしれません。

ところで、別の記事でも書いたことがあるのですが、
Yes=はい、No=いいえ、という訳は最適な訳ではないと思います。(特にYesの方が)
英語におけるYes、Noは会話でのはい、いいえではなく、もっと普遍的な事象の真偽を評価する言葉のように思います。
結構重い言葉ではないでしょうか。
日本人が英語を話す時、日本語の「はい」のつもりでYesを連発すると、英米人からするとすごくおかしなことになると思います。

しかし、だからと言って、僕的には、英語が否定疑問に同意する時、Noを使うのは少し違和感も残ります。

鍵コメさん

コメントありがとうございます。
公開コメでも大丈夫のようにも思いますが、ご事情があることとお察しします。
確かに、欧州人はペストの惨禍が生きていないのが不思議ですね。
媒介がネズミだったから、ネズミ=悪魔のせいだから、人間が防ぐ努力をする必要はない、とでも思ったのでしょうか。
いずれにしても、時間が経ちすぎて苦労を忘れてしまったのかもしれません。
かく言う日本も、結核が不治の病だった頃、それほど伝染防止に必死になっていた風でもなく、「罹ったら仕方ないことだ」のように思っていた節も感じます。
マスクが大流行りしたのは平成になってからだと思いますから。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード