FC2ブログ

Coffee Break Beatles No.93 「草食系」

ジョンとポール、そしてヨーコとリンダは菜食主義者として有名だ。
この件私はあまり詳しくはないが、大体次のような感じである。

ポールは1969年から菜食主義を開始したと聞いたことがある。
リンダは自然食品の会社を経営していた。
牛乳やチーズなども禁じて真の菜食なのか、許されるのかは私は知らない。

ジョンとヨーコも一緒に生活を始めてから間もなく、自然食品(菜食中心)を実践している。
ただ、軽井沢でのすき焼きやしゃぶしゃぶの料理へ行った写真もあるから、肉を全く食べなかった訳ではないだろう。

「草食系男子」とは渡辺淳一による有名な造語だ。
最近の男子は草食が増え、活動的にも性的にも淡白になっているという説である。
医学的な因果関係はあるのだろうか?

人間にとっての「必須アミノ酸」というのがある。
体内で合成できないので、食物やサプリで摂る必要がある。
調べてみたところ、必須アミノ酸は牛乳や大豆にも含まれてはいるが、やはり肉により摂取するのが一番効率がよいようだ。

とにかく、人間は肉を食わなくても一応生きて行け、健康な生活は送れるようではある。
しかし活動面や精神面に与える影響はどうであろうか?

ビートルズ解散後のポールとジョンの作風があっさりしたのは草食のせいだろうか?
特にポールは解散後はルーフトップで見せたような野太くギラギラした感じがなくなり、「さわやか好青年」のような音楽になった。
だが、ドラッグは続いていた。
動物を殺すより植物を吸う方が罪が少ないと考えたのだろうか?

ドラッグのせいかどうかはわからないが、ポールのギターのフレーズは単なる好青年だけではなく、イカしたフレーズも一杯あった。
ジョンも音楽以外のメッセージは鋭いものがあった。

ドラッグではなく肉食を続けていたら、彼らはどんな音楽を発信したのか興味がある。

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
スポンサーサイト



テーマ : ビートルズ関連
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード