FC2ブログ

あの気象庁は今・・・・?

こんばんは。

病気の方は順調に回復していますが、7月まで薬の投与を受けなければならず、日によっては気分が悪いことがあります。
いい気候になったので、たまに昼間のオフィスから抜け出し付近を散歩したりします。
お堀端も近いので足を延ばしたりして、気象庁の前を通ったりします。
そして、気象庁といえば若かりし日の苦い思い出がよみがえります。

時は1973年、高校1年の夏休み。
夏休みの宿題として、「テーマは何でもいいから自分の体を使って研究をし、まとめなさい」というのが出ました。
私は昔から気象大好き人間でして、小学校の低学年から親に気象の専門書をねだったりしていた超マセガキでした。
特に好きなテーマは台風と降雪。

宿題のテーマとしてある台風の記録をまとめようと考え、自分の体を使う=自分でデータを気象庁に調べに行く、と考えました。
当時、お天気相談所ができたばかりで、広く国民にサービスすることを宣伝していました。
そこで該所に電話して目的を話したところ、「いろいろな資料を持ち帰ることもできますよ」という内容の返事でした。
電話の相手は男性か女性かは忘れたが、若い人でした。

そこで夏休みのある日、カンカン照りの中、神田から結構長い道のりを歩きました。
「お天気相談所」といっても特別な部屋とか担当者がいたわけではありませんでした。。
むさ苦しそうな黒い腕抜きをしたような「いかにもお役人」という感じの4、50代の男性がいました。

その人に目的を話すと、返ってきた返事に愕然としてしまいました。
それはそれは傲慢で不遜で汚い言葉でした。
要は次のようなやりとりでした。。
「おまえ、そんなものが用意されているわけはないだろ? 見たい資料があるなら、見せられるものについてはここで見ていい。」「コピーかなにかさせていただけるのですか?」「そんなわけないだろう。自分でノートに写すんだよ。」「ノートは持ってきませんでした。どうしたらいいですか?」「そこの購買に売っているから買ってこい。」

そこで購買に行ったところ、薄くてさえなく、しかもバカ高いノートと鉛筆を買って、資料を写し始めました。
「これしかない」と渡された資料はほとんど役に立つものではありませんでした。

純粋無垢な少年として本当にショックでした。
言われた言葉自体もショックでしたが、それ以上にテレビでのあの感じよい「お天気相談所」の説明と、実際にやっている人間の傲慢さのギャップがショックでした。
なぜ罪もない人間に罵声を浴びせなければいけないのか、全く理解できませんでした。
「ああこれが役所というものか」と少年ながら思ったものでした。
あの電話の若い人はきっとまだ入ったばかりで毒されていなかったのでしょう。

この体験は、将来役所とか気象の仕事には就きたくないという衝動を与えたものでした。
ああいう態度は全部の人にあるとは限らないけど、あれ以来気象庁の仕事には?を感じずに「いられませんでした。

私は出張でアメリカへ何度も行きましたが、気象に関することの充実ぶりには目を見張りました。
ある地域の1週間先の天気が細かく予報されており、それがかなりの確率で当たるのです。
それにひきかえ日本の気象の予報は確率が随分低いという印象です。

私はアウトドアの活動が好きなので、土日の天気は大変大事です。
しかし日本の気象庁の週間予報により週末の行動計画を立てることはほとんど不可能でした。
日本が海に囲まれている難しさかもしれませんが、それにしても疑問でした。

ただ、気象庁の名誉のために言っておきますが、去年くらいから週間予報もかなり改善された気はします。
民間の予報会社ができたことによる競争からでしょうか。

今のお役所であのような言葉使いをする人が一人もいないことを祈ります。
今回の保安院においても、全く謝罪を表さないこととか、出席者のいない外国人記者向けの会見を開くなど、ヒューマニズムの基本的なところで疑問を感じます。
公務員はもともと非常に優秀な方々ですので、なんとかよい人間性を表してほしいと思います。

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
スポンサーサイト



テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

子どもに向かってそんな言い方はひどいですね!
ST Rockerさんは今でも覚えていらっしゃるのですから、かなり傷ついたのでしょう。
テレビではにこやかにしていますが、改善されていれば良いですね。

No title

イルカ様

当ブログにおいでいただきありがとうございました。
コメントもいただきありがとうございました。

はい、そうなんです。
あの件がなかったら私は気象庁を志望していたと思います。

気象庁に限らず、サービスの業務の方々は純粋な気持ちで、その才能を発揮してほしいですね。

ST Rocker
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード