FC2ブログ

男と女、どっちが賢いか

こんばんは。
今日の科学の誤解のテーマは「男と女、どっちが賢いか」です。
テーマが重過ぎますかね?
私も専門家ではないので、結論めいたものは出さないで、提言に留めます。

最初はテーマを「どっちが偉いか」にしようと思いました。
でも、「偉い」の定義がいろいろありすぎて議論に収集がつかなくなりそうです。
それで「賢い」に変えました。

この議論を始める大前提として、男女の先天的な能力(すなわちDNAの違い)と後天的な能力をしっかり分ける必要があると思います。
よく言われるのが、男は社会を作り、リーダーシップを発揮していて、女性は家庭を守る、のような議論。
こうした議論は往々にして先天的なものと後天的なものをごっちゃに論じていることが多いと思います。

提言をする前にちょっと脱線します。
私は、中学と高校が男子校、大学院まで理工系。さらに企業で研究、製品開発。
そして体育系であり、硬派であり、マラソンとか冒険(注;ごく最近では女性も多い)とか、いわゆる男性中心の世界にどっぷり浸かってきました。
ところが、45歳になったあたりから、地域のコミュニティーに参加したり、町内会の会長や役員になったり、地元の飲み友達を増やしたり、会社や大学時代の旧友と飲み会や企画を積極的にしたり、などなど、どちらかというと女性との会話が多くなりました。
女性のもつすごさをここへ来てどんどん知り、吸収するようになりました。
男性は長期的な計画をシステム的に組み、実行するのが得意ですが、女性は短期的によしあしをしっかり判断するのが得意な人が多い、というように漠然と感じています。
そしてさらに重要なことは、女性であっても"男性的"な能力を持った人が少なからずいる、ということです。同様に男性も女性的能力を持った人がいます。
では提言を始めます。

DNAに刻まれた能力の差は基本的に男女差はないと考えます。
事実、女性が男性的な役割をする部族もありますし、ライオンなどの動物ではメスが狩をします。
もちろん、IQ等の能力差はありません。
では、なぜ女性は体格と筋力が小さく、家庭に入る人が多いのでしょうか?

私の考えでは、ヒトのDNAがそうさせているのではないと思います。
生まれてくる男女の比(性比)が男の方が多い(日本では今約104:100)からだと思います。
人間の中に人種ができたように、長い歴史の中で、後天的に男女の特徴が形成されたのだと思います。

男が過剰の状態で生まれると、男が選ばれる対象になります。
そこで男は能力を示す社会的行動を起すわけです。

このことは遺伝的に決められているわけではないので、当然、分布を持ちます。
よって、男性的な女性や女性的な男性も存在するわけです。

もし男女比が1:1になれば、様子が変ることでしょう。
体格もほぼ同じになり、役割分担も変ることでしょう。
事実、男の比率が低いアフリカ諸国では、男女の見た目が似ており、役割分担もかなり多用化しています。

日本においても、最近男女のあり方が大きく変ってきています(私が言うまでもなく)。
そして性比も男が減少傾向です。
性比と社会のあり方は、ニワトリと卵の関係に似ています。

日本も含め先進国では性比は男が多いです。そして男性社会の傾向が強い。
先進国では高度なものが発明されるけど、今回の原発のように予測しきれない問題を起してしまったり、政治が混迷したり、と基本的な問題を抱えているようにも思えます。
世界のいろんな国や部族を勉強して、最もよい社会を生みそうな男女のあり方を検討する必要があると思います。
もっと言うと、男女の別を分けなくてもよい部分、役割を分担した方がよい部分を考えるべきだと思います。

DNAでは基本的に男女の能力差はない、とは言っても、何らかの差(生殖機能以外で)はあるかもしれません。
それは何なのか解明したいですね。
そして、「女性は(あるいは男性は)**だから++あるべきだ」などの画一的な考えはこれからの世の中、排除しなければいけないと思います。

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
スポンサーサイト



テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード