FC2ブログ

球質が軽い

今日の科学の誤解シリーズのテーマは「球質」です。
今日は私も自信がないので、疑問の投げかけとさせてください。

子供の頃毎週食い入るように見た「巨人の星」。
さんざん長い前置きの後、星一徹が息子の飛雄馬に言う。
「おまえの致命的欠点とは『(速いけど)球質が軽い』ことだ。」と。
そしてその理由は飛雄馬の体重が少ないからだ、と。
そして「ガーン」というシーンが10分も続く。

一徹の理論である「体重の重い人が球を放ると球に体重が乗る、つまり球質が重くなる」は、しばらくは素直に信じていました。
しかし、本当にそうなのか、という疑問が次第に湧いてきたのです。

物理学の立場から言えば、球がバットに与えるエネルギーとは、まずは球の速度、そして回転のエネルギーくらいしか思いつきません。
もし球が加速度を持つなら(たとえばだんだん速くなるとか、速さが衰えにくいとか)、それは確実にエネルギーとしてバットに「球質の重さ」を与えるでしょう。

しかし、球は自ら推進力を持たないので、加速度を持つことは不可能です。
投手の手を離れた瞬間の球の速度と回転の仕方のみで、バッターに届く時点での球の運動が決まるはずです。
つまり、同じ速度なのに体重の重い投手の方が、バッターに威力を与えることは考えにくいです。
体重の重い人の方が回転をかけやすいのでしょうか?

そもそも体重の小さい飛雄馬が豪速球を投げられるのでしょうか?
150km以上の速球を投げられるのは、伊良部さんとかダルビッシュさんのような大きい人ばかりのような気がします。

フォークボールのように回転が少なく、空気抵抗が大きい球種は球質が軽いと言ってもいいかもしれませんね。

どうもアニメの世界に留めておいた方がよい理屈かもしれませんね。

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
スポンサーサイト



テーマ : 宇宙・科学・技術
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

空想科学読本

柳田氏の著作に出てきそうなネタですが、
ST Rockerさんの解析の方が、はるかに、
現実味のある内容だと思います。

最近、ブログ内容が多岐にわたっていて、
ビートルズ以外も、楽しく読んでいますが、
この手の話も、期待しています。

Re: 空想科学読本

ギターマジシャンさん

いつもコメントありがとうございます。
拙文に対して興味いただきありがとうございました。

アニメの夢はばらしたくない一方、科学への興味もありますね。
何か新しい理論により一徹の理論が証明される、なんていうのもおもしろいかな、と。

おだてられるとますますいろんなこと書いてしまいそうです。
頑張ります。

ST Rocker
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード