FC2ブログ

クラシック

こんばんは。
梅雨の間の束の間の雨なし日、皆さまいかがお過ごしですか?

私は病気の前までは休日というと「心・技・体」のバランスを取るために、いろんなことをやってきました。
運動に関しては、通常の20代の人の平均より多かったと思います。
読書、勉強、人との交わり、楽器演奏、音楽の解析...など相当忙しい休日でした。
でも、心技体のバランスが取れ、どんなに大きな問題や悩みを抱えていてもストレスがさっぱり取れました。
そして、日曜も夕暮れに近づく頃、心地よい疲れの中、風呂に入り、そしてビールやワインをたしなむことが無上の喜びでした。

そうした休日や平日の夜の活動はアルファー波が出るからか、とても快感を感じ、どんどん突き進んでいったのです。
でも、今から思うと頑張り過ぎたかもしれません。
友人や周囲の人たちから言われるのは、「濃すぎる」と。

今年1月に病気が見つかり、考え方が少し「薄く」なりました。
そしてその後の薬の副作用で、体が思うように動かせず、意欲もあまりわかず、最近では家に帰ってからは何もできない日が多くなりました。
休日もごろんと寝てテレビを観るだけなんて日も多くなりました。
それはそれで得るものも多いです。
ある友人曰く、「それが普通のオヤジなんだよ」。
あっそうか、53でやっと普通のオヤジになれたんだ、と感慨にふけります。
しかし、最近、薬ももうすぐ終わるんだと思うと、また濃くなり始めました。
濃いのはどうも親譲りのようです。

最近、いろんなロックの曲やアーティストを紹介されたりして、意識が高揚することが多くなりました。
きっとこれは健康にはいいんだろうな、と思います。
今、体をあまり動かせないのでストレスがたまるので、それに替る何かがほしいですからね。

根拠はないんですが、クラシックを久しぶりに聴いたり演ったりしようかな、と思い始めました。
子供の頃、母親にクラシックの英才教育を受けさせられて、それが嫌で、クラシックはすぐ挫折しました。
このあたりの詳細は拙著「技術系サラリーマンのビートルズ論」(今、出版社に掛け合い、出版を狙っています)をご参照ください。

しばらくクラシック嫌いが続いたのですが、21の時、スタンリー・キューブリックの名SF映画「2001年宇宙の旅」で使われていた、ヨハン・シュトラウス2世の「美しき青くドナウ」に感動したのが、我が人生のクラシックの再開眼の瞬間でした。
漆黒の宇宙に大きな宇宙ステーションが舞う姿は、美しく青きドナウが見事に表現していました。
それ以来、クラシックのレコードを聴いたり、全音ピアノピースを買ってピアノ弾きに挑んだりしました。

昨日、TSUTAYAでクラシックのベスト物6枚組を借りてきました。
これでまた自分の世界が広がりそうです。
しんどい通勤電車でのよい気晴らしにもなるでしょう。

ショパンのピアノ曲「子犬のワルツ」を久しぶりに聴きましたが、「こんなにいい曲だったのか」という新しい発見です。
この曲、ピアノ教室の発表会で取り上げられることが多いです。
私が小さい頃通っていたピアノ教室でも、お姉さんたちがこの曲を練習するのに、先生から「あれが悪い、これが悪い」と怒られていた記憶ばかりがあります。
昔のクラシックの教育は減点主義が多かったと思います。
その人なりの長所を褒めて伸ばすやり方なら、クラシックを楽しむ人がもっと増えるのではないでしょうか。
今はきっとそうなっているのかもしれません。

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
スポンサーサイト



テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは。
クラシックの英才教育ですか~。
すごいですね。

私は一昨年、栃木県の『那須野が原ハーモニーホール』に、クラシックを聴きに行きました。
指揮は『ユベール・スダーン』でした。
演奏は『東京交響楽団』でした。
感動しましたよ。

本が出版されたら知らせて下さい。
是非、購入したいです。v-218

No title

M20ritsuさん

いつもありがとうございます。

英才教育は、母親の意向に反して私は昆虫大好き人間であり、全然肌が合わず、成り立たなかったわけです。
私のクラシック感は全てロックから入っていったものです。

M20ritsuさんもクラシック聴いておられるのですね。
M20ritsuさんの音楽観は素晴らしいです。

ジャニス・ジョップリン、借りましたよ。
確かにハスキーな声で超個性的な歌い方に少し戸惑いますが、音楽的内容が厚いのでびっくりしました。ハードロック一本やりと思っていましたから。
またまた音楽観が広がりそうです。

出版に関しては、今いくつかの出版者の方にお世話になっていますが、実現は結構大変だと思います。でも死ぬまでには絶対に実現させたく思います。
めでたく出版できた暁には是非送らせていただきます。

ST Rocker

No title

はじめまして!
一月からFC2ブログをやり始めたあるけみ、といいます
5月に簡単な手術受けたんですが
それ以来色々体調悪くて
心まで折れそうになるときが。。。

クラシックってほとんど聴いたことないんですが
癒されそうですね・・・

No title

Alchemy様

はじめまして。(というか前に一度コメントさせていただいたかもしれません)
当ブログにおいでいただき、コメントをありがとうございました。

手術されたんですか。
また、具合があまりよろしくないのは心配ですね。
私も1月に手術を受け、その後予防の目的で薬の治療を受けその副作用で苦しんでいますので、他人事ではありません。
是非役に立てればと思います。

手術は体全体のバランスを変えますので、新たなバランスが形成されるまで一定期間のある程度の不調はやむを得ないと思います。
そのうち必ずよくなると思います。
また、プラス思考になると病気の治りも早いですので、音楽を聴いたり美しい絵を観たり、落語で笑ったりして楽しい気分になることも重要と思います。

クラシックは大抵はオーソドックスな音の構成になっているので、名曲であれば大抵ははずれなく癒されると思います。
モーツアルトは、今で言うロック魂のようなものがあり、多少冒険的な音楽が楽しめます。
まずは名曲集などのようなCDを買うか借りるのがよろしいかと思います。

早くよくなることを祈っています!

ST Rocker

No title

私もクラシック大好きで、よく聴きます。
ヨハンシュトラウス二世は結構私の興奮のスイッチを押す曲が多くていいですね~。
私の場合、ロックもジャズもクラシックもフュージョンも聴くんですが、特にミュージシャンにはこだわっていません。
いかに自分の感動のスイッチを押してくれるか…
曲を聴いて感動、興奮する…これこそが私にとって音楽の一番好きな部分ですね~。

No title

ひょい。さま

コメントどうもありがとうございました。

「感動のスイッチ」を押す。まさにキーワードですね。
おっしゃるように、別のジャンルでも感動を与えてくれる曲を見出すのは、興奮の一瞬ですね。

ひょいさまの感動のスイッチを押した曲のいくつかをブログで紹介いただけたら幸いです。

ST Rocker

No title

お久しぶりです。
薬、もうすぐ終わるのですね。良かったですね♪
私も持病で薬を飲み続けているので、副作用等の色々わかります。
ところで、クラシック。実は専門でした。
社会人となった今活かせていないのは情けないのですが・・・;
楽器もいくつか経験ありますが、ピアノが主です。

それにしてもST Rockerさんのいうロックとクラシックの繋がり、すごーく共感します。
私の場合、専門でクラシック一色で学んでる学生時代、好きなロック音楽との狭間で揺れることも常でした。
でもどちらも情熱をもって愛していました。
それは、魂の震える共通点が確かにあったからなのだと思います。
それでもクラシックはやはり奥が深く、聴けば聴くほどはまるものなのですよね。
私のなかで、三角形理論の底辺はクラシックなのです。

No title

maeさん

お久しぶりです。
来ていただいてうれしいです。

昨日、今日と副作用が強く、そして久しぶりに仕事でも不調なことがあり、昨日から寝てテレビ観てるだけでしたので、元気付けられました。

maeさん、ご専門クラシックでしたか。
ロックも両方愛されたわけですね。

三角形理論の根底はクラシックにありますか。
では、僕ももっとクラシックを勉強してみたいですね。
いろいろ教えてください。

ST Rocker





プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード