FC2ブログ

Coffee Break Beatles No.12 「愛用」

ビートルズの連中は楽器を愛用した。
リンゴのラディックのドラムを除けば二流ブランドの楽器を彼らは愛用したのだ。
正式デビュー前の貧乏な時代に買った安い楽器を愛用し、超有名になってからもレコードへの録音に使用したり、コンサートで使用したのだから驚きである。
もちろんリンゴも一流品のドラムを愛用した。

とりわけポールのカールヘフナーのベースは超二流品だ。
今でこそ同等モデルが復刻版として出ていて、それなりのお値段(数十万)をしているが、ポールが買ったころは何とか許せる中の最低限の値段だったはずだ。
バイオリン型をしており個性的だが、それは左利き用を特注しやすいという大きな理由があった。
そして、セミアコでありショートスケール。弾き易い反面、うまく弾かないと「ポコポコ」という安っぽい音になってしまう。

でもそれを大変うまく弾きこなして、ベースらしい重厚な音も出したし、温かみのある音も出した。
中期まで正式に使用し、終期のLet It Beの映画でも使用した。
そう、大変な愛用なのである。
そして、1965年にリッケンバッカーからプレゼントされたソリッドベースも大変愛用した。解散後もずっと。

ジョンのリッケンバッカーも特徴あるギターだし、ジョージのグレッチのセミアコ「カントリージェントルマン」も超個性的ギターだ。
彼らも大変愛用した。

道具は多いに愛用すべきである。
「匠」は道具を愛用する。


src="http://pics.dmm.com/af/c_top/468_60.jpg" width="468" height="60" alt="DMM.com DVD通販、レンタルなどの

総合サイト" border="0">


スポンサーサイト



テーマ : ビートルズ関連
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード