FC2ブログ

女性は席を譲らない?

こんばんは。暑いですね。

先日CBB(Coffee Break Beatles)は100回に達したと書きましたが、それ以外の記事を含めますと、今日にて202件目であることがわかりました。
このブログを開設したのが2009年9月でしたが、しばらく(2010年5月)は4件の記事しか出せませんでした。
2010年6月23日から本格的に書き始めました。それを実質的第1回とすれば、今日で379日目で198件目に当たります。
平均で1.91日に1回の記事。入院のブランクもあったので、ブログとしてはまあまあの更新頻度ですかね。

毎日、論文とまでは行かないまでも、一応新たな話題にて持論を展開することを心がけています。
不思議なことにネタは尽きません。
30代の頃に年間1,000冊近い読書をこなしていたのが、知らずのうちに知識や考え方の血になっていると思います。
それと公私にわたる様々な体験や苦労により、考えの幅も広がりました。
そして、ブログを頻繁に更新する習慣を身に付けることにより、さらに発想の訓練となり、感覚も研ぎ澄まされる気がします。
毎日いろんな方々に読んでいただき、ありがたいコメントをいただけるこそだと思います。
体力が比較的良好な時間帯を狙って書くことが、続くための秘訣だと思います。

さて、今日の話題は男女の特性の差についてです。

震災後のACのCMで、電車内で若い女性が妊婦さんに席を譲るシーンがありました。
しかし、私が冷静に客観的にこれまで観察してきた中では、あのようなシーンは稀です。
女性は電車内で他人に席を譲る例は男性より少ないです。(あくまで平均的に)

女性は、自分の前に譲るべき人が立った場合、寝てしまうことが多いです。
だからと言って、女性は人に席を譲りたくない、と結論付けてしまうのは性急です。
女性はおそらく体力がなく貧血の人も多いため、そう簡単には席を譲れないのかもしれません。

最近のテレビで、ある脳科学の専門家が、女性は利己的、男性は利他的(他人のために動く)と言っていました。
震災などの助け合いは男性がいないと成り立たない、と。
随分極端な意見ですが、私としてごくわずかうなずける点もあると思いました。

女性と話をしている(あるいはメールなどしている)と、女性はしばしば、自分にとって重要と思うことしか反応しないことがあります。そう簡単には自分の枠を広げないことが多いです。
これに対し男性は、自分にない考え方が示された場合は、興味深く聞き、場合により取り入れることがあります。

しかし、重要なことは、女性だから、男性だから、といって100%そうだとは全然限りません。
「男性的」な女性、「女性的」な男性は、確実にいるのです。
しかも、女性的な面を持っていてかつ男性的な面もある女性などもいます。

私の仮説では、DNA的には男女差は民族の違いもない気がします。
事実、人間のある部族や他の動物では雌雄間の差はほとんどありません。

先日も申しましたように、今の先進国では、女性は守られる立場の社会的位置にあるために、そして性差が女性が少ないために、女性はより自らを大切にするという傾向にあるのではないか、と私は推測します。
今のように、男女の差が比較的はっきりある方が幸せなのか、あるいはあまりない方が幸せなのか、よくわかりません。
もしかしたら、差がない方が幸せのような気もします。
今後の興味深い研究テーマだと思います。

そして、女性の方々にも是非意見を聞きたいと思っています。
よろしくお願いします。

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
スポンサーサイト



テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

今晩は。お久しぶりです。
CBB。100回記念だったのですよね!
おめでとうございます♪素晴らしいですねー。
私はのらりくらりと気の向くまま・・なので☆;

ところで、男性だから・・女性だから・・と、
一つの理想としては、あまり差はない方が幸せなのかもしれませんね。
的を射た意見になるか分かりませんが、
男性らしさ、女性らしさ、の美はあるものですが、
長い人生を「同じ人間」として考え、「らしさ」を求めると、
個人的には女性らしさや男性らしさよりも
「その人らしさ」ということがやっぱり重要だったりします。
力(筋力?)の違いはどうしてもありますけどね;

No title

mae。さん

おはようございます。
お久しぶりです。
おいでいただきありがとうございました。

100回の件、ありがとうございます。
そう言っていただけるとうれしいです。

男女の件も貴重なご意見ありがとうございました。
「自分らしさ」が最も大切。同感です。

男性も女性も、無理なくできうることはやっていきたいですね。

お互いに個性的に生きていきましょう。

ST Rocker






プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード