FC2ブログ

不快指数

暑さはなかなかやみませんね。
その昔は「不快指数」という指標があり、テレビや新聞では「今日の東京の不快指数は80であり、全員が不快を感じるでしょう」などと必ず報道していた。
しかしある時、不快指数はパッタリと消え、気温のみが予報されるようになった。
でも実際は気温のみでは不快度は規定できず、湿度のファクターが大きいことは今も変らない。

節電をしなくてはいけないし、一方では副作用もあり、あまり寝苦しいと症状が悪化してしまう。
そこでここ数日、寝入るまでの数時間「ドライ」にしてみた。
ドライがどの程度省エネなのかは知らないが。
人間は寝ると自然に体温が下がるらしいので、敢えて冷房にしなくてもいいかな、と思った。
25℃以上は熱帯夜とは言っても、25℃で湿度が適度なら本来人間にとって好ましい条件であるはずだ、とも思った。

ドライをつけてみたら、何とも言えぬ快感が押し寄せてきた。しかもどこかで体験した感覚が蘇ってくる。
そうだ、この快感は欧米のホテルでバタンと横になった時のあの快感だ。
欧米は湿度が低いから、多少暑くても不快ではないのだろう。

Wikipediaによれば不快指数の定義は下記の通りである。
---------------------------
不快指数の求め方には何通りかあり、乾球温度をTd(℃)湿度をH(%)として、

0.81Td+0.01H(0.99Td-14.3)+46.3
あるいは
1.8Td-0.55(1-H/100)(1.8Td-26)+32

不快指数が75を越えると人口の一割が不快になり、80を越えると全員が不快になると言われている。 また、日本人の場合、不快指数が77になると不快に感じる人が出はじめ、85になると93%の人が暑さによる不快を感じると言われている。
---------------------------

上の式を用いて、代表的な例について計算してみた。

温度(℃) 湿度(%) 不快指数 不快感覚(筆者評)
--25----------40-----------70.7-----------○
--------------80-----------74.9-----------△
--30----------40-----------76.8-----------△
--------------80-----------82.9-----------×
--35----------40-----------82.8-----------×
--------------80-----------90.9----------××

大雑把に評しますと、35℃なら冷房にしないとだめですが、30℃ならドライでもある程度有効、25℃なら迷わずドライ、ってところであろう。

今日もドライ(オフタイマーON)で寝転がりながら古賀茂明さんの本を読み、そのまま寝入ることにしよう。

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
スポンサーサイト



テーマ : 一般気象学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

世界一

ST Rocker 様

こちらでは初めましてです。

以前に私のブログで興味深いコメントをいただきまして、それ以来楽しませていただいております。

いつかコメントをしたいと思いながらも、毎回のレベルの高い話題と緻密な分析に、若輩者がコメントして良いものだろうか・・・と尻込みをしているうちに日が過ぎ去ってしまいました。


言われてみれば不快指数という言葉、最近あまり聞かなくなりました。
一説によると日本の夏は不快指数が世界トップレベルらしいという話を聞いたことがあります。なかでも、大阪の不快指数は群を抜いているとか・・・。

私はその「不快都市」大阪に済んでおりますが、確かに経験的には不快の要因は、温度よりも湿度によるところが大きい気がします。


でも、ドライって実際どの程度「エコ」なのでしょうね。
何となく勝手なイメージで「ドライ」の方が節電な気はしているのですが、うっかり逆だった日には「冷房でええやん」ってなっちゃいますよね(笑)

ありがとうございました

ぷぃぷぃ虫さん

いつもブログに来ていただきありがとうございます。
また、コメントをいただきありがとうございました。

過分なお言葉をいただき、大変恐縮です。
私は、50までは吸収で、50過ぎは発信の時期だと勝手に思っておりまして、今や思い立ったことを言いまくっております。
こんなですから、是非お気軽にコメントをどんどんいただければ幸いです。

大阪は不快度が大きいですか。
おっしゃるように湿度が高いのでしょうね。

ドライは本当にエコなのか?
大変鋭いご指摘です。
これに関しては少し調べましたので、記事の方で書かせていただきます。

これからもよろしくお願いします。

ST Rocker
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード