FC2ブログ

Coffee Break Beatles No.102 「Every Little Thing」

お暑うございます。(この挨拶って死語でしょうか?)

ビートルズ来日45周年を記念してこの度、シングルレコード(A面=Rock and Roll Music、B面=Every Little Thing)が発売されました。
1965年2月に発売された同内容のシングルの復刻版だそうです。
昔と同じく45回転だそうなので、大きな穴に合わせるアジャスターを使うんでしょうね。
なつかしいなあ!

会社の人でビートルズの熱狂的なファンの人がいるのですが、先週、発売日にしっかり買ったそうです。

Rock and Roll Musicは有名なチャック・ベリーの作で、ジョンの忙しいボーカルです。
この曲は東京公演の1発目に演奏しました。
しかしレコードとは随分違うように聴こえ、そしてあまり上手くは聴こえませんでした。
その理由はまず、ギターの機種が前と変ったのとジョンとジョージが同じ機種なためサウンドが平たくなったこと、ギターとベースのチューニングを半音下げたこと、そして武道館のPAとトラックダウンの問題によるものです。
この当たりの話は拙書「技術系サラリーマンのビートルズ論」第1章をご覧ください。このブログの月間アーカイブの2009/11をクリックください。
最近になってAnthoogyの企画にて、最新技術による音質の改善により、随分きれいに聴けるようになりました。彼らは結構上手く演奏していました。

Every Little ThingはRock and Roll Music同様、アルバムBeatles for Saleに収められています。
今や日本の同名のグループの方がすっかり有名になってしまいました。
いかにもマイナーソングの感じがします(失礼!)が、実はポールはシングルカットを是非望んでいたようです。
ポールが結構一所懸命作ったようです。
ポール中心に作ったのに、リードボーカルがジョンなのは珍しいです。
しかし、盛り上がるハモる部分はしっかりポールがリードを取り、ブルージーな雰囲気を醸し出しています。
この曲の録音にジョージが遅れたので、ギターはジョンが録音したとのことです。
4人が揃わず録音した初めての曲だそうです。
隠れた名曲と言えましょう。

会社の近くの喫茶店でこのレコードをかけてもらえることになったので、来週聴きに行きます。

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
スポンサーサイト



テーマ : ビートルズ関連
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード