FC2ブログ

Coffee Break Beatles No.108 「野武士ポール」

ポール・マッカートニーは「甘い」というイメージが強い。
ビートルズ初期のロックンロールにおいても、ロック魂全開だが、荒々しいより、甘い感じが漂う。
バラードを歌った時の甘い感じは、その曲調のよさも相まって、最高潮に達する。

私はそういう甘いポールも好きだが、1969年前後の「野武士」のようなポールも好きだ。
映画"Let It Be"に出てくるあの風貌だ。
髭を蓄え、黒い衣装に身を包み、攻撃的な言動や歌を好む。
バイキングのようでもある。

ルーフトップの演奏は一つの野武士の象徴だ。
怒ったようなボーカルと野武士らしい太い声がいい。
I've Got a Feeling、Oh! Darlingをはじめルーフトップは全て野武士らしい。

プレスリーを模したような太い声も出せるのもポールの魅力だ。 
Two of Usのエレキバージョン、Lady Madonna(時期は少しずれるが)など。
なかなかあれは真似できない。

解散後は、声をつぶしたこともあって野武士的なことはなくなり、ほとんど甘い感じになった。
ただ、Hi Hi HiやRock Showに見られる若々しいロック的ボーカルはむしろビートルズ時代にはなかったことだ。

I've Got a Feelingなどをカバーしている方を時々見かけるが、まだ野武士的なボーカルで歌っている人を見たことがない。
やってみようかな。
スポンサーサイト



テーマ : ビートルズ関連
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

野武士!

こんばんは。
ポール・マッカートニーの甘い曲、私も好きです。
ポップで、メロディーがキレイで。

是非、野武士的に『I've Got a Feeling』を歌って下さい。
アップ楽しみにしています。v-411

Re: 野武士!

M20ritsuさん。

ありがとうございます。
今日は涼しいですけど、福島でも快適ですか?

先ほど、野武士的にI've Got a Feelingを歌ってみました。
まあまあ野太い声で歌えましたが、まだ本物じゃない。

普段の生活の一部も野武士のような性格にならないとダメだと思いました。

はい、ブログにアップできるように、やり方も覚えないとね。

ST Rocker
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード