FC2ブログ

私の考え方の基本的スタンス

こんばんは。

9月半ばだというのに蒸し暑い日が続いています。いかがお過ごしでしょうか?
鉢呂経産相の辞任には驚きました。というか、このようなことが頻繁に起ることが信じられません。
松本前復興大臣が辞任した時、私はこのブログで、松本氏の弁護を試みました。何事も弁護は必要だと思ったからです。
しかし今回の鉢呂氏に関しては、どのような経歴の人なのか、どのような考えの持ち主なのかがわからず、弁護のしようがありません。

一般的なことを言わせていただきます。
今回の発言は失言なのか、本質的な問題なのか。
もし失言であるなら、当事者からしっかり説明をし、本質的な考えを十分に訴えることが重要です。安易に辞任すべきではありません。
鉢呂氏の説明によれば、ごく自然な発言だったようですから、本質的な問題だと考えるのが妥当だと思ます。
本来彼の立場であれば、主体的な問題解決や新しい戦略を考えるべきですので、あのような通俗的な言葉が出るような目線ではいけなかったわけです。
それと、さらに一般論では、人とのコミュニケーション不足も考えられます。政治家は庶民の代表でなければなりません。市井の感覚を十分に体験した人が政治家になるのが好ましいと思います。

さて、私は今月一つ歳を重ねました。
既に相当いい歳になってしまいまして、大人も大人、として何かそれらしいことを言ったり振舞わなければなりません。
子供から大人なるプロセスはいまだによくわからず、我が身をもって研究の途上です。
基本的には子供同様の精神状態である私が敢えて一言言わせてもらえば、
人間放っておいてそのまま連続的に、自動的に大人になっていくのではありません。
いくつかの苦い体験を乗り越えて、自分に新たなシステムを構築する、という不連続かつ人為的な成長により大人になっていくようです。

子供の特徴は次の3点に集約されると思います。
1.利己心
2.Take and take
3.同一レベルでの損得勘定

1は説明不要でしょう。
2は、Give and takeならぬ、得るもだけを期待することです。
3はどういうことかと言いますと、自分と利害が関係する人間に対し、その見えている事柄のみの範囲で損得を追求することです。しかも毎回毎回で決着をつけようとする。

1と2に関しては、比較的改良は容易と思われます。
しかし、3に関しては、かなりの自己改革が必要に思います。ちょっとやそっとではなかなか変らない。かく言う私もそうでした。

ある人間との間に何がしかの得るもの、与えるものが生じた時、子供であれば、その範囲の中だけで決着をつけようとし、すぐに損得勘定を追求します。
でも大人であれば、ケースバイケースで、一時は自分がgiveを一方的に請け負っても構わない、あるいはそれが長期でも構わない。最終的にその人が幸せになるのなら、とか。
一時の誤解やちょっとした感情のもつれも、時として即刻に解消しなくてもよい場合もあります。
そして、さらに、自分のgiveやtakeは、対峙している相手との間だけではなく、あるいは対峙している時間軸にのみかかわらず、起しても(起きても)よい場合もあるでしょう。過去のtakeとの相関でgiveを考えてもよいわけです。

子供は目先の損得しか見えませんが、大人は様々なファクターを検証し、人と人との関係のあり方、そしてその実行の道筋や時間的なものを検討します。
相手の人間はもちろんのこと、ひいては世の中全般も幸せになるために、新しい考え方を創るのです。
そしてそのためには、一時のネガティヴなことには耐えるのです。そして、自分のできること、やりたいことは何のかがわかっていないといけません。
これが本当の大人だと思います。

必ずしも何か特別なことをやる必要もありません。
自分の人生全体の中でのgive and takeを総合的に考え、これから生きる上での責任範囲を明確にすれば、自ずとやるべきことは見えてくるでしょう。
スポンサーサイト



テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

鉢呂さんの件ですが、私もそう思いました。
記者とのやりとり(言葉のアヤか何か)で、その発言が出てしまったなら、誤解を解くために弁明して欲しかったです。

福島県民は、放射能の事でかなり敏感になっています。
家族が離ればなれで過ごしている人が多くいます。
なので、『辞めてもらって当然!』とは思いましたが、鉢呂さんが何故そのような発言を記者の前でしてしまったのか、経緯は分かりません。
中身は子供同様の精神でも、人生経験を重ねていけば、立場を考えたり、TPOをわきまえたりして、言葉に気をつけるようになっていくはずでよね。

野田政権になり、首相の発言も筋が通っていると思ったので、期待していたんです。
なので、怒りも倍増してしまったのです。
誰も不幸になんてなりたくないはずです。
これからの野田政権が良い方向に行くように願いたいです。

No title

ST Rockerさん
こんばんは。
すみません、先ほどのコメント投稿はm20ritsuです。
名前が無かったですね。
失礼しました。

M20ritsuさん

いつもコメントありがとうございます!
最初のコメントを拝見して十分M20ritsuさんだとわかりましたよ。
わざわざありがとうございました。

僕も全く同感です。
たかがちょっとの言葉で辞めるなんてバカげてるとか、マスコミの陰謀だという人もいます。
でも、ちゃんと考えている人なら、決して出ないはずだし、仮に言ったら福島の方々がどう感じるか、を予想できるはずです。
首相の任命責任も免れないでしょう。

野田さんはまだまだ未知数ですが、少なくともバランス感覚はある人でしょう。
バランス感覚がある人が必ずしもよい首相になるとは限りませんが、バランス感覚のない人はよい首相になれないのは確かです。
僕は正直、野田さんの参謀になりたいです。

M20ritsuさん、これからも福島からの発信是非続けてください。

ST Rocker
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード