FC2ブログ

GDPを上げるには

こんばんは。

基本的な経済指標をしっかり考えること、これ肝要です。
今の我が国はGDP(国内総生産)が増えないことが大きな課題の一つです。

GDPとは国内において生産された物やサービスの「付加価値」の合計と定義されています。
例えば、A(原料)→B→C→D(最終製品) のように化けていく場合、
この系の中だけで考えれば、付加価値の合計とは、ほぼ、最終製品が売れた値段から原料費Aを引いたものと同じになります。
BやCは中間材と呼ばれ、この段階でも付加価値は発生しますが、それらの合計は最終製品の価格にonされますから、中間材の販売額はGDPにはカウントしません(二重カウントを避けるためです)。
もし中間材BやCを海外から買った場合は、それ以降の付加価値がGDPとなりますし、BやCの段階で海外へ売った場合は、そこまでの付加価値の合計がGDPとなります。

前回お話ししましたように、日本の貿易収支は(他国に比べれば)まだまだよく、日本製品や通貨や資産の競争力はまだまだある、しかし一人当たりのGDPはよくないのです。
そしてかつてはGDPはとてもよかったのです。

では何が変わったのでしょうか。
広く一般に言われているのは次のようです。
* 新しい産業が育っていない。
* 労働人口が減った。
* 消費が冷え込んだ。
* 円高で輸出産業が振るわない。

では次に、付加価値という観点で考えてまいりましょう。
GDPを上げるには、理屈の上では、原料が国内で調達され(あるいは安く輸入でき)、物やサービスの価値が膨大になるほど大化けし、最終製品(あるいはサービス形態)まで国内で生産され、量も多く売れる(=市場が大きい)、となります。
(なお、最終製品の値段が高くなくても、売れる数が多ければ、掛け算ですので当然GDPは上がります。)

そんな理想な話があるのかいな、と思われる方がいるでしょうけど、それがあったのです。そう、かつての日本です。
日本の工業は、原料のほとんどを輸入に頼らないといけません。石油、鉄鋼、レアアースなどです。
なので元々GDP的には不利だったのですが、加工によって大きな付加価値を生み出し、そしてその抜群の品質により競争力をつけ、非常に大きな市場を得たことでGDPが上がりました。
石油化学製品、自動車、半導体、電化製品などです。

原料以外の部分を一気通貫で最終物まで作るのが日本は得意でした。
そしてこれらの産業は様々な関連産業を生み、GDPがどんどん膨れていったのでした。

この構図が崩れ始めたのが1980年代の終わり頃です。
起きたことは主に次の2つです。
1.日本と同じ品質の製品を外国でも作れるようになった。(そして安く)
2.電化製品、そしてその心臓部である半導体は、一般消費材になったことから最終製品の価格が安くなった。

すでにかなり前から、半導体や電化製品などは海外に生産がシフトしています。
最終製品だけ海外で作る場合もあれば、部品や中間加工までを海外で作る場合もあります。
いずれにしてもGDPは減っているわけです。

アメリカがGDPがわりといいのは、原料費の要らないIT(情報技術)で勝負し、知的財産権により外国になかなかマネできない仕組みにしているからだと思います。

では、日本は現状ものすごくだめかと言えばそうでもないと思います。
全ての製品で競争力を失ったわけではなく、まだまだ日本のものでないとダメというものも少なくありません。(今度そのテーマでまとめてみますね)。
液晶TVなどは、最終製品が韓国にやられていますが、中間材は日本でしかできないものが結構たくさんあります。

ですので、現状のまま放っておくと、ジリ貧にはなっていくでしょうが、GDP大暴落にはならないでしょう。
我々、これでよしとするか、です。
そんなわけありませんよね。

既存の産業については、まだ強い分野を整理して、知財関係を補強して、さらに攻勢をかけましょう。
そして、ポテンシャルのある分野、新しい分野を育てましょう。
キャッチフレーズは、「中間加工も最終加工も日本でしかできず、付加価値の高く、市場の大きい分野!」。
TPPもうまくやれば市場拡大につながるでしょう。

ここで要注意は新エネルギー政策。
CO2削減は日本だけがまじめにやろうとしていること、新エネルギーは実は総エネルギーを食うかもしれないこと、新エネルギー技術は日本は特別競争力ないこと、など、政治判断を誤るとGDP成長案も台無しになりますので、そこはしっかりやらないと。

では、このへんで。
スポンサーサイト



テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード